白髪改善のためにやった3つのこと!40代(女)の白髪は治る?予防と対策のゆくえ

白髪対策前後の変化画像

 

このサイトは、白髪だらけのアラフォー女子が、実際にやった白髪対策と、予防のために調べたこと、実際の変化などをまとめたものです。

 

白髪の改善と言っても、人によって目指すところは違います。
私みたいに白髪だらけだったら、ギラギラ感が減っただけでも大喜びだし、
白髪がポツポツ目立つくらいなら、これ以上増えないうちに黒くしたいだろうし…

 

 

白髪対策でできることは色々ありますが、全てのことを同時にやる必要はありませんし、自分のペースで進めることも可能です。

 

具体的な対策を見つけるのは難しいと思うかもしれません。
ただ、それは短期間で劇的な改善を期待しているからなのかも…。

 

「白髪って遺伝でしょ?」
「改善できるわけないじゃん」

 

こんな風に考えるのが普通なのかもしれません。
白髪を改善する確実な方法は見つかってませんし…。
でも、変わるためにできることもあるんです!!


 

項目

優先度

詳細

栄養対策
栄養対策

評価5
栄養における白髪改善の画像
どの道、日常生活で摂取するわけで…
実は一番やりやすい白髪対策

詳しく見る

頭皮改善
頭皮対策

評価4
頭皮ケアにおける白髪改善の画像
効果は実感しにくいけど…
取り組んでおきたい白髪対策

詳しく見る

白髪染め
白髪染め

評価3
白髪染めにおける白髪改善の画像
白髪を染める場合は要チェック
黒髪を減らす白髪染めだけは避けたい!!

詳しく見る

 

諦めるのは簡単ですが、簡単にできることもあるので、やってみて損はないと思います。
少しずつ進めていけば、それほど苦労することではありませんし、白髪の仕組みを考えても、そっちの方が理にかなっています。

 

 

この優先順位に理由はあるんスか?


 

人によって環境が違うから絶対的なものじゃないわね。
どれからやってもOK!
全部を一気にやるのは難しいから簡単なコトからやった方がいいと思うっていう…それだけの理由。


 

で…栄養が最優先だと?


 

う〜ん…やっぱり人の体は摂取した栄養で構成されてるからね。
それに、白髪を抜きにしても、30代を過ぎると代謝が悪くなって食生活の見直しは必要だって言われてるし…。

 

栄養で少しでも感覚をつかんで、それが勢いになって、そこから少しずつ追加していく…みたいな流れが理想だと思うわ。うん。


 

>>開始前のヒドい状況と始めるキッカケについてはコチラ

 

 

 

 

白髪の原因をチェック|そもそも…減らすことはできる?

 

そもそも白髪を治すことはできるのか…
ココが一番気になるポイントだと思います。

 

一般的に「白髪は治らない」というイメージが先行しているのは明らかです。
そして冒頭でも述べましたが、実際に「白髪はこうすれば改善します」という完璧な正解は用意されていません。

 

白髪って治らないっスよね?
もう…死んじゃった髪の毛ですもんね?


 

こんな風に思うのは当然のこと。
白髪を治すなんて、非科学的なイメージしかありませんし、白髪予防に取り組んだとしても、上手く実践できているのか把握する方法がありません(°_°)

 

ダイエット中に「51kg ⇒ 49kg \(^o^)/」と体重計で確認するように、白髪の治り具合を数字で見ることなんてできないのです。

 

しかし、「白髪ができてしまうメカニズム」と「白髪を改善するメカニズム」は徐々に解明されつつあります。
白髪が治った(改善した・減った)という人もいますし、白髪を改善するための研究を続けている大手企業や研究機関もあり、迷信レベルの話ではなくなってきているのは確かです。

 

白髪の根本的な原因は、毛根にあるメラノサイトという色素細胞が作りだす「メラニン色素」が不足してしまうこと。
メラニン色素というと、シミの原因として有名なので、悪いイメージがありますが、髪の毛について言うならば、黒髪を保つために欠かせない存在なんですね。

 

髪の毛が生えてくるとき、メラニン色素があれば黒髪に、なければ白髪になる…という感じです。

 

「メラニン色素を確実に増やす薬」でもあれば良いのですが、実際にそんなものはなく、日々の生活でこの問題を解決すべく、実践していくしかないのが現状です。

 

 

メラニン色素を作り出すメラノサイトが鍵!!

上記のことから考えると「白髪はメラニン色素を含まない髪の毛」と言うことができます。

 

白髪が増えてくる年齢は、30代だったり40代だったりと人によって異なりますが、若い頃は黒髪だった人がほとんどなわけで、何らかの変化が白髪を生み出していると考えることができます。

 

では、メラニン色素を含む髪の毛は、どうやってできるのか…。
それに大きく関係しているのが「メラノサイト」という色素細胞です。

 

髪の毛の仕組み

 

メラノサイトは毛乳頭の周囲に存在し、髪の成長に合わせて増殖。
メラニン色素を作り出し、髪に色をつけることが可能になります。

 

反対に、メラニン色素が不足している場合、色付けの作業ができずに、髪の毛だけグングン成長してしまうので白髪になってしまうというわけです。

 

このメラノサイトの働きが停止したり、活動が衰えてくると、メラニン色素の量も減り、白髪が増えてきます。

 

髪が生え変わる段階でメラノサイトがなくなるケースもあれば、髪の成長段階で徐々に衰えてメラニン色素が減ることもあるのだとか…。

 

 

■白髪改善の理想の流れ
★栄養の受け渡しがスムーズ
→メラノサイトが元気いっぱい_\(^o^)/
→メラニン色素をたくさん作れる
→白髪が改善する

 

 

この流れがスムーズに行けば、白髪で悩むこともなくなるわけですが、年齢を重ねると上手くいかなくなると言われているんです。
考えられる理由をあげてみます。

 

@栄養そのものが不足している
不規則な食生活、栄養バランスの偏りで、本当に必要な栄養を摂取できていない。
年齢を重ねることで、代謝が落ちたり、ホルモンバランスを整えるためだったりで、今まで以上に栄養が必要になり、若いころと同じ食事では栄養不足になりがち。

 

 

A頭皮に問題があり、栄養を受け取れない(上手く吸収できない)
白髪染めや頭皮環境の悪化(乾燥・頭皮が硬くなっているなど)で、栄養を上手く受け取れていない。
刺激強い白髪染めをずっと続けているような場合も要注意。

 

髪の毛というのは、頭に勝手にくっついているわけではなく、毛細血管と繋がっていて、そこから栄養を受け取る仕組みになっています。
美容院でカットしても痛みを感じないので、死んだものだと思われがちですが、フェイスケアと同じように「ケアする」という意識が大切だったりするんですな_φ(・ω・ )メモメモ

 

 

白髪改善のための食べ物|メラノサイト活性化の食材も判明

では、白髪を改善したいと思ったとき、具体的に何を食べれば良いのでしょうか…。

 

一昔前までは「おばあちゃんがワカメが髪にいいって言ってた」という噂レベルの話を信用するしかなかったわけですが、最近は詳しい成分やメラニン色素の原料も明らかになってきています。

 

海藻類=メラノサイトを活性化

海藻類

海藻類が髪に良いと言われているのはヨードが含まれているからです。ヨードには代謝を促進させる作用があり、メラノサイトを活性化させる働きがあると言われています。

 

 

 

豆類=メラニン色素の原料

豆類

豆類が白髪の改善に役立つ理由は、メラニン色素の原料となるチロシンが含まれているためです。

また白髪だけではなく、血液をサラサラにしたり、話題の大豆イソフラボンが豊富に含まれているので、女性ホルモンのバランスを保つためにもオススメの食材です。

 

 

【補足】上記の他にも、メラノサイトがメラニン色素を生成するときに必要な「チロシナーゼ」という酵素があります。同時に摂取しておきたい栄養をまとめると以下のような感じです。

 

  • 銅…チロシナーゼを活発にする(カキ、レバーなど)
  • ビオチン…タンパク質の代謝を高め髪を健やかに保つ(アーモンド、大豆など)
  • 鉄…髪に栄養を運ぶ(ほうれん草、ひじきなど)
  • 亜鉛…摂取したタンパク質を髪の毛にするのを助ける(カキ、すっぽんなど)
  • タンパク質(アミノ酸)…髪の毛の元になる(肉、魚)

 

もちろん、これらの栄養素だけで完璧というわけではないのですが、髪に色を付ける仕組みを考慮すると、優先して摂取したい食材と言えます。

 

外側からの白髪改善|メラノサイト関連の研究

白髪の改善については、カラダの外側からメラノサイトへ与える影響についても、色々な機関で研究が進められています。いくつか見つけることができたのでご紹介を…。大手企業が参入しているのも頼もしい材料です_φ(・_・”)メモメモ

 

 

加水分解黒米エキスを開発 〜ポーラ・オルビスグループ〜

【引用】

毛母細胞周辺にメラノサイトの移動を誘導する因子に着目し、同因子の産生促進効果を持つ「加水分解黒米エキス」を開発しました。加齢に伴い増加する大部分の白髪においては、毛母細胞周辺にメラノサイトが存在しない(移動していない)ことが確認されており、「加水分解黒米エキス」の働きにより、人間が本来持つ機能である「メラノサイトの毛母細胞周辺への移動」を効率的に実現し、黒髪へと改善することが期待されている。

POLAORBIS News Releaseより

 

黒米エキス

ポーラ・オルビスグループでは、メラノサイトの移動を誘導する因子に着目し、それを促進する効果をもつ、加水分解黒米エキスを開発。メラノサイトを毛母細胞周辺に動かし、白髪対策に活かすというモノ。

POLAから販売されているシャンプーに使われていたりします。

 

 

ホップエキスにメラノサイトの増殖活性促進効果〜資生堂〜

【引用】

資生堂は、遺伝子レベルの研究手法を用いて、ビールの原料である「ホップ」から抽出した「ホップエキス」に、メラノサイト(色素細胞)の運動能力や増殖活性を高める効果、及び白髪化に関与する遺伝子を制御する効果を発見しました。(中略)
白髪を予防するためには、毛髪中のメラノサイトを毛乳頭のまわりへ再配置するための運動能力や増殖活性を促進することが必要です。そこで資生堂では、細胞培養実験を用いて効果成分の探索を行いました。200種類を超える生薬について評価・検討した結果、ビールの原料となるホップから抽出した「ホップエキス」にメラノサイトの運動能力・増殖活性を促進させる効果があることを発見しました。

SHISEIDO News Releaseより

 

 

ホップ

こちらは、資生堂がキリンとの共同開発で発見した内容です。ビールの原料でお馴染みのホップから抽出したエキスにメラノサイトを活性化させる働き&白髪に関係する遺伝子を抑制する効果を発見したというモノ。この成分は、資生堂から販売されているプリオールのカラーコンディショナーやカラーシャンプーなどに使われています。

 

 

17型コラーゲンが白髪と脱毛を抑える 〜東京医科歯科大学〜

【以下引用】

東京医科歯科大学・難治疾患研究所・幹細胞医学分野の西村栄美教授らの研究グループは、北海道大学の清水宏教授ら、および前任地の金沢大学田所優子助教らとの共同研究で、17型コラーゲンが白髪と脱毛を抑えており、欠損すると毛包内の2種類の異なる幹細胞間での相互作用による幹細胞維持機構が破綻するため、白髪や脱毛を発症することを明らかにしました。毛包幹細胞と色素幹細胞は毛包のなかほどバルジ領域付近に存在していますが、色素幹細胞は、黒髪のもとになる色素細胞の供給源となり、毛包幹細胞は毛髪のもとになる角化細胞の供給源となることで、毛が生え変わるごとに色素を持つ毛を生やしています。【中略】

 

【ポイント】
・毛包幹細胞が発現する17型コラーゲンは、毛包幹細胞の維持に必須であることが判明。
・毛包幹細胞はTGF?βシグナルを介して色素幹細胞を維持しており、ニッチ細胞として働くことが判明。
・17型コラーゲンが幹細胞の維持を介して白髪と脱毛を抑制することから、その予防や治療への応用が期待される。

東京医科歯科大学プレスリリースより

 

毛根幹細胞

こちらは東京医科歯科大学の研究成果。この「17型コラーゲン」というものを増やすことができれば…という期待があるのですが、まだまだ未知の部分は多いようです。17型コーラゲンをそのまま含む食材はないようで、なおかつ人工的につくる方法も現時点では確立されていない模様。コラーゲンという身近な栄養の一種ではありますが、今すぐどうこうできるものではないようです。ただ、将来的なことを考えると、白髪へ良い影響を与える方法が確立されるのでは…という期待はあります。

 

こんな感じで、白髪を確実に治すまでには至っていませんが、日々研究は進められていて、開発された成分が使われている商品もあるわけです(あまり注目を浴びていないけど…)。そういう商品を使ってみるのも良いですし、使わないにしても「メラノサイト」や「メラニン色素」が白髪を改善するための重要なポイントであるという裏付けにはなるわけですな_φ(・_・”)メモメモ

 

 

何だか難しい話になってますな〜


 

あんまり難しく考える必要はないと思うのよね。
多くの人は、昔は白髪がなかったわけでしょ?
要は、その頃の「髪の黒くする機能」を取り戻したいわけよ。
そのために重要なのがメラニン色素。
そのメラニン色素を生成するのに重要なのがメラノサイトっていう感じ。


 

 

それでも白髪の改善に苦労する理由

白髪を治すのは迷路と同じ

 

白髪を改善するには、メラノサイトを元気にして、メラニン色素をつくることが大切。
そして、それに関する研究も進められていたりする…。

 

白髪の原因を調べてみると「あれ…白髪の改善って…できるんじゃね?」なんて思ってしまいます。
ただ、そう簡単にいかないのが世の中ってものです_( ̄ロ ̄|||)

 

メラニン色素をつくれなくなる主な原因が「@栄養不足」と「A頭皮の問題」。
これはハッキリしているんです。

 

ただ、この2つを引き起こすさらなる原因がたくさんあって、しかも人によって異なります。
なので、具体的な対策が取りにくいんですね。

 

表にまとめてみると…。

 

■白髪が増える因果関係

白髪の原因まとめ

 

ストレス、タバコ、貧血、夜更かし、フケ症、白髪染めのダメージなどなど、髪の毛に限らず、日々の生活の色々なことが該当します。
こうして2次的な原因も挙げていくと、白髪の原因と言われていることは本当に色々あって、自分がどれに該当するのか分からないケースがほとんど_(・o・;) ナヌ

 

「私の場合はどうなのかしら?」なんて感じで原因を探ろうとすると、混乱すること間違いなしです。

 

そして、この『わけのわからない状況』こそが、白髪改善に取り組む意欲すら粉砕してしまうんだと思います。

 

しかも、対策をしたからと言って、白髪が改善すると保証されているわけではありません。
同じことを実践しても、人によって白髪の改善度合いが異なるという状況。
風邪薬みたいに、飲めば熱が下る…みたいにはいかないのです_(°_°)

 

白髪が改善した…という人の話は聞いたことがあります。
ただ、一方で「白髪が少し減っただけ」みたいな人もいますし、全然改善しないよ?という人もいます。
白髪が増える原因は人によって違うので、何が正解なのか把握するのが難しいわけですな__φ(・ω・ )メモメモ

 

 

白髪改善…挑戦してみようかしら。
でも、面倒よね…確実に治るってわけじゃないみたいだし…
そもそも…何からやればいいの?


 

 

こんな気持ちを抱えつつ続けなければならない。
これって結構辛いことで、白髪改善が大変な理由でもあります。
皮肉にも「ダメ元でやってみよ♪」くらいの軽い気持ちで始めた方が上手くいったりするのです。

 

 

白髪を治すために必要なこと|一覧にしてみると

●食生活の改善

  • 添加物の使われた食べ物、加工品を避けて、自然の食材を活用する。
  • 食事の時間を規則正しくする(消化・吸収・排泄の働きをスムーズにするため)
  • 白髪に良い食べ物の摂取(黒ゴマ、黒豆、くるみ、アーモンド、海藻類など)
  • 野菜を十分に摂取する

 

●睡眠時間への配慮

  • 十分な睡眠時間を確保すること
  • 睡眠の質に配慮すること(疲れの取れる睡眠を行う必要あり)
  • 成長ホルモンが分泌される23時〜2時は眠るようにすること

 

●白髪の原因を排除

  • お酒、タバコはダメ
  • ストレスはダメ
  • 髪を染める・パーマはダメ
  • 夜更かしダメ!!

 

●頭皮環境の改善

  • 血行を促進し、栄養が毛根部に届くようにする
  • 毛乳頭から栄養を吸収しやすくする

 

ざっと一部の項目を挙げただけでも、こんな感じです。
食材だけでもかなりの量がありますし、毎日食べるなんて無理。

 

また「ストレスはダメ」なんて言われても、現代社会では無理な話です。
仮に、これらを全て行なったとしても、白髪が絶対に改善するわけではないという過酷な状況。

 

 

ふざけんじゃねー
そんなこと、毎日できるかー


 

こんな風になるのは当然のことです。
むしろ、このことがストレスになって、さらに白髪が増える可能性もありそう…(*_*;)

 

なので、最初から全てをやろうとせずに、できることから始める
これが成功への鍵になると思っています。
そうした方が自然と続くので、結果的には最短ルートになったりするんです。

 

 

 

何から始めるべき?|最初にやるべき白髪対策

 

白髪を減らす対策として、色々な候補がある中で何から始めるべきなのか…。
白髪の原因は人によって違うので一概には言えませんが、個人的にはダントツで「栄養管理」だと思っています。

 

白髪を治す鍵は…栄養にあり!!

 

実際に白髪治しに挑戦してみて 「コレは絶対にやるべき!!」と思う理由があるんです(白髪のこと以外にも…)

 

  • 髪・頭皮への栄養不足を解消するため
  • 白髪を増やす原因を排除するのに役立つ
  • 栄養が健康全体に影響して、体調が良くなる可能性アリ!!

 

単純に、栄養不足が白髪を増やす原因になっているので、それに対処するという目的が1つ。
それに加え、栄養を整えることで、白髪を増やす他の原因の抑制にも役立つという所も見逃せないポイントです。

 

また、白髪とは直接的な関係はありませんが、栄養管理は健康面での改善にも役立つので、『あっ、何か今日は調子がイイ!!』と感じるなど、何かしらの収穫が期待できるわけです。ハズレを引く可能性が限りなく低い…( ̄ー ̄)ニヤリッ

 

現代人の食生活が乱れているという指摘は、今に始まったことではありません。添加物がたくさん使われた加工品や、お惣菜を食べる機会が増えて野菜は少し。

 

代謝が悪くなるので、太りやすく疲れやすい体になってしまいます。さらに、女性の場合は、ホルモンバランスの乱れにも繋がり、体調に大きく影響するので、これにも気を遣わなければいけません…(T_T)

 

 

■日本人女性の「貧血」は深刻

貧血というと、「めまい」や「立ちくらみ」をイメージしてしまいがちですが、それは血液検査などではっきりと判断できる「鉄欠乏性貧血」と呼ばれるもの。貧血には血液検査ではハッキリ分からない「隠れ貧血」も呼ばれるものもあります。

 

血液検査では正常だけど貧血(貧血予備軍)
それにより様々な症状に悩むケースが増えているのだとか…。

 

  • 何となく体がダルい
  • 体のむくみ
  • 手足が冷える
  • 肩が凝る

 

1000万人以上の日本人女性が該当。統計によっては成人した日本人女性の4人に1人という数字も出ているほどです。
貧血は栄養を運ぶ血が足りないということ。体調の問題もありますが、白髪を改善する上でも大きな壁となるわけです。

 

また、女性ホルモンについても気を遣いたいところ。
エストロゲンとプロゲステロンという2つの女性ホルモン。これらは男性の体内にも存在します。ただ、女性がこの2つから受ける影響は男性の比ではありません。

 

「女性の美・健康を左右する」と言っても過言ではなく、つややかな髪、潤いのある肌など、女性が望むものすべてに関与しているんです。この女性ホルモンをつくりだすのも、私たちが普段摂取している栄養です。

 

髪のコシがなくなり、肌の潤いが失われ、ほてりやのぼせ、自律神経の乱れなど更年期の症状も、女性ホルモンが年齢を重ねることで減ってくることが原因と言われています。

 

栄養面の改善に取り組むと、これらの問題も一緒に改善へ向かう可能性があるわけです。白髪という1つの問題だけではなく、色々なところに良い影響を与えることができるので、順番としては最初にやった方が良いと思うのです。

 

栄養は白髪の原因排除にも役に立つ

栄養が与える影響について、白髪だけに絞ってみます。髪の原料になったり、メラニン色素生成に役立つプラスの作用はもちろんですが、白髪を増やすマイナス要因を防ぐという見方もできるんです。

 

▼ 白髪を増やすと言われている要因(一例)

  • ストレス
  • ホルモンバランスの乱れ
  • 加齢
  • 飲酒・タバコ
  • 夜更かしなどの不規則な生活

 

あくまで一例ですが、普段の生活で避けられないと感じた項目もあるのではないでしょうか。現代社会で、ストレスを減らすことはできても、ゼロにするのは無理です。加齢なんて、それこそどうしようもありません。
となると、『白髪を改善するのは無理』という結論になってしまいます。

 

 

結局さぁ…栄養に気をつけてもさぁ〜
ストレスとかあったら、白髪治らないんでしょ?
意味ないじゃーん


 

しかし、ココはもう少しだけ頑張りたいところ…。
というのは、上記のような白髪を増やす原因に対しても、栄養は大きな影響を与えるからです。

 

例えば、ストレスを受けると、体はコルチゾールという抗ストレスホルモンを分泌し、対処するようになっています。血圧や血糖、免疫機能が正常に働くように調整してくれるわけです。栄養不足だと、このホルモンの分泌が鈍り、ストレスを溜めたままの状態に…Σ( ̄ロ ̄lll)

 

また、ホルモンバランスは良質なタンパク質やイソフラボン、鉄やビタミンB郡をバランス良く摂取することで、正常な状態を保つことができると言われています。加齢にしても、アンチエイジング系の商品(プラセンタなど)が注目されていていますよね。

 

体は摂取した栄養でできています。寝る前に毎日ポテチを食べれば太りますし、野菜中心の食生活を心がければ、肌に潤いが出てきます。同じ理屈で、白髪の改善を邪魔する原因を退治する栄養を摂取すれば、白髪が減る可能性は高くなると思うわけです。特に、食生活が乱れている場合は、チェックしておきたいポイントです!!

 

 

「ちょっと」じゃダメです|栄養を余らせるほど補給!!

 

髪に良いと言われる食材を食べても白髪が減らない理由って!?

 

『白髪が治るかも!!』と言われている食材を食べても、全く効果を感じないケースがあります。

 

 

しばらく食べ続けたけど…全く変化なし
白髪が改善する食べ物なんて…私には効果ないんだわ


 

食べても変化がないのなら、こんな風に思ってしまうのは当然…。ただ、効果がないと決めつけるのはちょっと早いかもしれません。理由は、この手の食材は「食べればそれでOK」というわけではなく、体に摂り入れる量も関係してくるからです。

 

これは、『髪は血の余りによってつくられる』という東洋医学的な考え方ですが、素人の私が聞いても非常に説得力があり、白髪の改善に役立つと思っています。

 

■髪は血の余りでつくられる|髪に栄養を送る秘訣は?
人間は、食べ物から得た栄養を、血液に乗せて体の各部位に運びます。
その栄養によって生命維持を行っているわけです。

 

心臓を動かしたり、消化をしたり、細菌を駆除したり…。
私たちが意識しなくても勝手に維持してくれます。
髪の毛も同じで、血液から栄養を受け取ることで、白髪にならずに黒い髪を維持するわけです。
ただ、栄養が送られる先には優先順位があると言われています。ココがポイント!!

 

当たり前のことですが、黒髪を維持するのと、心臓を動かすのとでは、心臓を動かす方が優先されます。じゃないと死んでしまいますから…_φ(・ω・ )メモメモ

 

他にも、血液は、生命・健康を維持するために、体の色々な部位に栄養・成分を届けるわけですが、髪の毛を黒く保つことなんて後回し。白髪を放っておいても病気になったり死ぬわけじゃないですから、栄養が送られる優先順位は最後の方なんですね。なので、髪の毛に栄養を送りたい場合は、栄養を余らせるほど摂取する必要があるわけです。

 

問題は、効果的な栄養を摂り続けるのが難しいということ。
白髪に効果的と言われている食材は、1つではなくたくさんあります。
それらを、バランス良く毎日食べるなんて至難の業。

 

大切なのは「食べる量」ではなく「栄養の量」

さらに、食べたからと言って栄養を摂取できているとは限らないことも知っておくべきかと…。
今の時代、技術の進歩によって食べ物を手に入れることが簡単になっていますよね。

 

スーパーのお惣菜・冷凍食品などの加工した食材は代表的な例。また「きのこ類なら秋」「ほうれん草なら冬」という感じで、食材には「旬」というものがありますが、今では1年中手に入れることができます(旬の時期を忘れるくらい)

 

スーパーで1年中売られている野菜

 

知っておきたいのは、食材に含まれる栄養価は季節によって変わるということです。

 

例えば、前述した冬を旬とするほうれん草。含まれるビタミンCの量は(旬ではない)夏になると冬の3分の1になってしまうのだとか…。また、最近話題になっているDHAやEPAを含むサンマやイワシなども旬かどうかで栄養の含有量に2-3倍の違いがあると言われています。

 

ほうれん草を一定量食べ続けたとしても、冬に補給できる栄養量と夏に補給できる栄養量は違ってくるということですな_...ψ(。。)メモメモ...

 

もちろん、旬じゃなくても食べないよりは全然いいです。ただ、継続することに加えて「栄養の量」にも気を遣う必要があるということで…。

 

体の内側から栄養を届けるのって、思っているより難しいということです。
食べる=栄養の摂取とは限らない時代…( ̄ロ ̄|||)なんと!?

 

たくさん「食べればいい」のではなく、たくさんの「栄養を摂取」することが必要なわけですから。

 

そう考えると、現代社会には「私は栄養バランス満点♪」と錯覚してしまう罠がたくさんあるとも言えます。

 

ただ、技術の進歩が悪いわけではありません。白髪の研究によって、色々な活用法が出てきているのも事実。それによって、内側からの白髪対策が簡単にできるようになっています。

 

 

ワタシの白髪対策【栄養編】|最も簡単にできる栄養対策って?

 

白髪の栄養対策実践前後の写真画像

 

「白髪の改善にイイ!!」と言われるたくさんの食材…とてもじゃないけど、毎日食べられる品数ではありません。
自分1人の食事だけ作るのであれば可能かもしれませんが、家族の分も作るとなると結構大変。
食卓に黒豆なんて出した日には「え?おばあちゃんのご飯?」なんて言われてしまうことになってしまうかも…(°_°)

 

 

 

これから我が家は、野菜・黒豆・ひじき系の食事で行きま〜す♪


 

 

えぇ〜…!?


 

 

悲惨っスね


 

悲惨だな


 

※白髪改善に必要な条件

  • 手間をかけずに実践できて、続けるのが簡単であるコト
  • 他の人に文句を言われないコト

 

人によって生活環境は違うわけですが、上記の条件は気楽に続けるためにも必要なことだと思います。
そして、この条件を容易に満たすのが白髪サプリ。
実際に飲んでいますが、密かに1人で実践できて、なおかつ頑張らなくていいので私にピッタリ…( ̄∇ ̄*)ゞエヘ

 

サプリなら何でも良いというわけではなく、白髪サプリにこだわるのがポイント
白髪に良いと言われる食べ物が持つ栄養素…それらを結集させたサプリメントですね。
何も知らない人からすると、普通の栄養の詰まったサプリに見えるけど実は…という感じでこっそり白髪対策を強化できます♪

 

もちろん、これだけで「白髪対策は万全!!」というわけではないんですけどね。
日々の食生活の栄養バランスだとか摂取量だとか…そういうところの不安定さを解消するのにとっても役立つんです。
美容・健康面での期待も大きいので飲んで損をすることもまずないと思います(栄養豊富なので…)

 

失敗続きだった私の…あるキッカケ

ミレットアップ

 

そもそも、なぜ私がサプリで白髪を改善・予防するなんて突拍子もないことに挑戦するようになったのか…。
それは偶然見つけたコラーゲンドリンク(飲むサプリ)がキッカケです。
名前はミレットアップ(今は商品名がブラックアップに変わってます)

 

そもそも私は栄養について詳しかったわけではありません。
ココまで偉そうに語っていますが、調べたことを書いているだけです_(ToT)ゞ スンマセン

 

まぁ、刺激の強い白髪染めをずっと使っていた経歴がある女ですし…。「白髪に良い」と言われる食材を試したことはありますがあえなく失敗。東洋医学を活用しようとするも3日坊主。失敗の経験だけは豊富でした。

 

そんな私がミレットアップを飲み始めたのは、普段の生活では摂取しにくいたくさんの栄養が入っていたからです。

 

■ミレットアップの配合成分
生成コラーゲン(豚皮)/ミレットエキス(100倍濃縮)/フコイダンエキス(16倍濃縮)/カキエキス/ビオチン/セラミド/ヒアルロン酸/カルシウム/コンドロイチン/マグネシウム/グルコサミン/ビタミンC(安定型)

 

複数の栄養を同時にカラダに送りこんだらいいのかも…。
しかも飲むだけ…( ̄ー+ ̄)ニヤリ
このコトが私の白髪生活を一変させるキッカケになりました。

 

 

あ、イイかも…という感覚

体調の変化と髪の毛の変化だと、恐らく体調の変化を感じる方が早いと思います。

 

私の場合、飲み始めて1週間もしない内に目覚めがスッキリ。
夜寝る前に飲んでいたのですが、後から考えると成長ホルモンの分泌時間に関係あったのかも?なんて思っています。

 

■成長ホルモンと快眠について
成長ホルモンが分泌される夜11時〜深夜2時に寝ているようにすること。
そして、そのときに成長ホルモンの材料となる栄養を体に補給(消化に負担がかからない程度に…)することによって、成長ホルモンの分泌がスムーズになり、寝るだけでキレイになると言われているくらいです。

 

恐らく…コラーゲンやミレットエキスあたりが効いてるんじゃないかと…(* ̄O ̄)b

 

夜はグッスリ眠れるようになり、カラダが軽くなったような感じ。
頭も冴えてくるんです。
この段階で、髪の毛の変化は感じられなかったのですが、体調が良くなっただけでも大満足でした♪

 

で、髪の毛の変化に気付いたのは、ミレットアップを飲みはじめて3ヶ月くらい経った頃。
根元の髪の毛が明らかに毛先と違う気がする…パサパサの白い髪だったのに。

 

ココから変わってる…というハッキリした区切りがあるわけではなく、根元からジワジワときている感じです。
スカスカで「髪の毛の内側…空洞になってるんじゃ」と心配になるほど弱々しかった髪の毛もコシがしっかりしてきて、指通りも以前とは全く違うと感じるほど(パサパサですぐに絡まってたんです)

 

ミレットアップ3ヶ月の髪の毛の根本

 

当初は何も考えていなかったので、毛先ばかりを気にしていたのですがチェックポイントは生え際部分。
栄養の仕組みを考えれば当然なのかもしれません。
補給した栄養が血液に乗って頭皮に送られ、徐々に根元から…という流れです。

 

先端には、まだまだ白いパサパサの白髪があるのですが、髪の根元と先端を比較するとその違いがよく分かります。
徐々に根元から健康になっている…という実感はうれしいものです_ \(^o^)/

 

『白髪の量が少ない人や、髪の毛の傷みが少ない人は、もっと早く変化があるんじゃ…?』なんて思っています。

 

白髪対策には色々な方法がありますし、効果も人によって違います。
サプリメントも、1週間やそこらじゃ何も変わらないのは同じ。

 

ただ、続けるとどうなるのか。
「あ、結構いいかも♪」と感じた瞬間でした。人生初_(o^^)o

 

>>ブラックアップ(旧ミレットアップ)の詳細を確認する場合はコチラ

 

 

サプリメントの選び方で注意すること

ミレットアップを飲み始めてから、日々の生活の中で何かとサプリを気にするようになりました。
ドラッグストアに行ったときや、インターネットを見ているときなどに、用もないのにチェックする習慣…|∀・)+チラッ

 

ドラッグストアで販売しているサプリメント

 

今の時代、ドラッグストアに行くだけで、数多くのサプリメントを選ぶことができます。
白髪に良さそうなものと言えば、亜鉛や黒ゴマセサミンかな…と。DHCやサントリーが幅を利かせている印象です。

 

ただ、ここで重要なのは、白髪に良い栄養素を複数配合しているかどうか…です。
セサミンだけなら黒ゴマ、亜鉛だけならほうれん草を毎日食べれば問題解決ですが、複数の栄養を普通の食材から摂取するのは、どうしても無理があります。
まして、毎日続けるなんて手間がかかって不可能です。
それを1日5秒で実践できる。
これが白髪サプリにこだわる理由です♪

 

ちなみに、白髪をターゲットにしたサプリメントは、専門家が監修している商品が多いです。
私が実際に飲んだことのあるサプリで、イイと感じたのは以下の4つ。

 

 

商品名 割引(一例) 特徴
ブラックサプリEX

13,150円
↓↓↓
5,980円
(270粒)
★目安:1日3粒/購入縛りなし/初回大幅割引

【成分】パントテン酸Ca、ビオチン、亜鉛、レスベラトロール
黒ゴマセサミン、オルニチン、L-リジン

 

矢印 この商品について詳しく見てみる

黒フサ習慣

4,980円
↓↓↓
1,980円
(62粒)
★目安:1日2〜4粒/購入縛りなし/最安値
※毎月2袋実感コース3回購入要

【成分】L-チロシン、L-シスチン、黒酢エキス
黒にんにく、亜鉛酵母…etc

矢印 この商品について詳しく見てみる

ブラックアップ(旧ミレットアップ)

8,000円
↓↓↓
7,200円
実質4,000円分
お得
★目安:1日10ml〜30ml/定期コース3回まで購入要/返金保証あり
※定期1本コースは150mlミニボトル付き
(実質4,000円お得)


【成分】ビオチン、カキエキス、フコイダン、ミレット
コラーゲン、ローズマリー酸、グルコサミン…etc

矢印 この商品について詳しく見てみる

黒ツヤソフト

5,119円
↓↓↓
4,480円
2,560円
(180粒)
★目安:1日3〜6粒/購入縛りなし/大容量
※2018年12月末より割引中♪

【成分】アキョウ、大豆イソフラボン、鉄分、ビオチン
黒ゴマ、ケラチン、ビタミンE…etc

矢印 この商品について詳しく見てみる

 

 

もちろん、市販のサプリメントを試してみてもいいですし、栄養を意識して食生活を改善する方法もアリです。
とにもかくにも、白髪の改善を目指す+エイジングケアという目的で、栄養面を見直して損はありません。

 

 

【栄養編のまとめ】白髪の対策をするなら…栄養管理は欠かせません

白髪に良いと言われる栄養

 

体は摂取した栄養からできている…。
これは髪の毛も例外ではありません。

 

黒ごまや海藻類など「白髪に良い!!」と言われる食材があるのも、髪へ届く栄養が変わってくるからです。
つまり、白髪改善には栄養を管理することが大切というわけなのですが…。実際に色々やってみた経験から言うとサプリメントが一番です。

 

サプリメントについては賛否両論。実際に飲んだけど効果がなかったという口コミを見たこともあります。
ただ、ここで諦めるのはナンセンス。
サプリメントの活用方法を誤解しているような気がします。

 

重要なのはサプリメントは役立つけど、サプリだけに頼るのはダメってことです。
白髪を改善するアイテムというよりは、栄養対策をグンっと加速させてくれるモノ…という認識がちょうど良いです

 

でも普通の食材から摂取した方がいい…なんて声もあるみたいっスよ?


 

うーん。その意見を言う人ってすごく意思が強いんだと思うのよね〜。
普段の食材から毎日栄養を摂取するって、思ったよりも大変よ?
アタシは無理だったわ_(T_T)


 

大切なのは食べること…ではなく、栄養を摂取すること。
添加物がたくさん使われたコンビニ・スーパーのお惣菜や、冷凍された食材、不自然なほど変色しないカット野菜など、現代社会では、「食べたつもりになって栄養を摂取できない商品」が多すぎる気がします。

 

管理栄養士の資格や知識があれば話は別ですが、私みたいな素人が確実に栄養を補給するのは案外難しかったりするんです。

 

もちろん、日々の食生活に気を遣うことは大切。
ただ、気を遣い始めてもそのやり方が正しいかどうかもわからない…
それを考えると、サプリで最低限の栄養は確保できるようにしておいた方が良いと思います。

 

 

白髪対策【頭皮編】|改善のための頭皮ケアと簡単にできるチェック方法

頭皮が乱れると栄養の通行止めに!!シャンプーやマッサージで改善を

 

頭皮環境と言われると、白髪よりも「薄毛」をイメージしてしまうのですが、やっぱり白髪にも関係あるんスか?


 

そうね〜。髪を黒くするためのメラニン色素も栄養がないとつくれないからね。そう言った「仕組み」は色々なところで言われてるんだけど…。


 

「白髪の原因は1つじゃないから」っていういつものアレ…っスね?


 

そうそう…。世間一般で言ったら「白髪対策としての頭皮環境」ってマイナーかも。ヘッドスパのサロンに行って聞いてみても、大体「白髪に間接的な効果ならあるかも…」みたいな感じで反応は悪いしね。


 

ただ、やっぱりコレもやって損はないわけよ。
白髪を真っ黒にできなくても髪質がよくなる可能性はあるから


 

 

頭皮の血行が悪ければ、栄養を届けることができない

人は全身を巡る血液を通して栄養を送り届けます。
届ける栄養自体がない(栄養不足)も問題ですが、血の巡り(血行)が悪いのも問題。
商品はあるのに輸送・運搬が上手くいっていない状態です。

 

通行止めで栄養が届かないんですけど?

 

タバコやアルコールなどの血管を収縮させる生活習慣を送っていたり、夜更かしなどの不規則な生活は、血管を収縮させ血の流れを悪くすると言われています。

 

テレビ番組で、血液のドロドロ具合を測定する企画(大抵メタボ気味の芸人さんの血液はドロドロ)がありますが、サラサラの血液は流れが速くスムーズですよね。

 

血行が良い・血の流れが早くスムーズだと、全身に素早く栄養を送れることはイメージしやすいと思います。これが目指すところであり、頭皮環境改善に取り組む目的です。

 

頭皮というのは、体の中でも太い血管がなく血流が滞りやすい場所。
心臓よりも上にあるということも影響して、血液を届けるのが大変だと言われています。まぁ、普通に考えれば「上に運ぶ」のって大変です。重力に逆らうわけですから__(*_*;)

 

ただ、白髪改善の鍵になるメラノサイトを活性化させる栄養や、メラニン色素をつくる栄養も、全ては血液にのって運ばれてくるわけで…。
黒く色づいた髪を育てるためにも頭皮の血行を促進させることが大切ってことです。

 

具体的に何をするのがおすすめなんスか?


 

血液をサラサラにするための生活習慣とか、間接的なものは色々あるんだけど…。
頭皮と直接関係のあるものでいうと頭皮マッサージ一択だと思う。
これをどのレベルでやるかっていう所がポイントね。


 

ん?
レベルっていうのは…何か難しいことがあると?


 

うん。頭皮マッサージって簡単そうなんだけど、改善してるって実感がないのよね。
頭皮マッサージのやり方自体は色々なところで紹介されてるんだけど、実際にやってみても実感なくて「あれ?これやり方間違ってるんじゃない?」とか思っちゃうわけ。


 

 

自分でできる頭皮チェックと頭皮マッサージのアレコレ

自分でできる頭皮ケア

 

頭皮の血行を促進させるために必要なことは「現状のチェック」と「今後の対策」。最近はYoutubeなどで積極的に情報発信している人もいたりして、調べるのは難しくありません。ただ、素人のワタシが正しい情報かどうか判断するのに難しく感じたこともありました。

 

一番の問題は、頭皮の血行を数値でチェックできないこと。体温計みたいに数値で見ることができれば「改善してる・してない」の判断ができるのですが、実際には無理なので難しいところです。

 

そもそも今の頭皮の血行ってどうなの?

頭皮の色で血行をチェック

 

現段階で頭皮の血行が良いかどうか判断する方法。やり方は簡単で、頭皮の色をチェックするというものです。血液が活発に流れている=赤い方がOKと思ってしまいがちですが、逆なので注意。

 

■頭皮の血行をセルフチェックする目安
血行が良い…頭皮が青白い色をしている
血行が悪い…頭皮が赤っぽい色をしている

 

これは、白髪から少し離れるのですが、無料の頭皮チェックをやっているサービスがあって、そこに行ったときに担当のカウンセラーに言われたことなので正確な情報だと思います。
(※問題ある色なのかどうか判断するのは難しいですが…)

 

頭皮の柔らかさを確認

頭皮が前後に動くならOK

 

頭皮が前後に動くとハゲない…なんて言われることがありますが、これは頭皮の柔らかさを確認する方法です。頭皮が柔らかい=血行が良い=頭皮に栄養を届けることができるということになります。

 

また、頭皮を指で押してみて弾力があるか確認する方法も有名です。

 

血行を良くするための頭皮マッサージ

頭皮マッサージの画像

 

血行促進のための頭皮マッサージの方法は、youtubeなどで簡単に見つけることができます。サロンや専門的な知識を持った方が作成している動画もあって結構分かりやすいです。画像は、Ageeという代官山にあるヘアサロンが作成しているもの。(動画はコチラ

 

■その他にも頭皮マッサージ系の動画は結構あります。
(※白髪を改善する目的ではなく、頭皮の血行を促進したり、美容効果を目的とした動画です)

 

なんか…思ったよりも情報があってやりやすそうじゃないスか?


 

うーん…確かにそうなんだけど、逆に情報がありすぎるのよね〜。それに加えて短期的な効果が実感できない。なので、最初は張り切ってやるんだけど、徐々にやらなくなる可能性って結構高いと思う。ワタシもやり始めた時はちょっとモヤモヤした気持ちがあったし…。


 

そこでキッカケになるのがヘッドスパなわけよ!!


 

ヘッドスパ専門店でケタ違いの頭皮改善効果を実感!!

本格的なヘッドスパで頭皮改善効果を実感

 

頭皮マッサージでどうしても効果を実感できないという場合、正しい知識を持ったセラピストのいるヘッドスパに行ってみるのも1つの選択肢です。理由は簡単で、自宅でやるのとは別次元の効果を実感することができるからです。

 

白髪だらけの髪を改善するために自分で頭皮マッサージをしていたのですが、ヘッドスパに行くと本当に別次元の効果です。自分でやる頭皮マッサージは「気持ちいい」レベルですが、ヘッドスパの場合は「終わった瞬間に頭が軽い」のを実感できます。頭皮もグリグリ前後左右に動く感じ。これ…大げさな表現じゃありません。そりゃぁ、頭皮マッサージだけで60分〜90分の時間をかければ、頭皮も柔らかくなりますよって話です_(^o^)/

 

※豆知識

ヘッドスパと言われると、「頭皮をクレンジングしてスッキリ」というイメージがあるかもしれません。ただ、実際には色々な種類があるんです!!


 

クリームバス

インドネシアの伝統的なヘッドスパ。栄養満点のクリームをたっぷり頭皮に塗って、じっくりマッサージを進めていきます。温ためたクリームを頭皮に塗られてると気持ちいい♪そのあとセラピストがじっくりツボ押しマッサージをしてくれるのですが、クリームの栄養が頭皮に染み込んでる感じがしてとても気持ちいいんです!!頭皮が柔らかくなるのを実感できるのはもちろん、髪もサラサラになります。

 

※クリームバスに対するワタシの印象

  • 60分 6,000円〜9,000円くらい
  • 90分 10,000円〜16,000円くらい
  • 個室のプライベートサロンに多い印象
  • 美容院でやっているところは少ないかも

 

 

炭酸ヘッドスパ

炭酸泉という炭酸ガスが溶け込んだお湯を使うヘッドスパ。最近では炭酸シャンプーなるものも出てきていて、炭酸効果に対する認知度は上がっているような気がします。ヘッドスパの場合には、シャンプーでは落ちないような汚れを取り除くのに定評あり。もちろん、炭酸の刺激で頭皮の血行を促進するのにも効果的と言われています。美容院のヘッドスパは炭酸ヘッドスパが多いので、カットのついでにやってもらうのもありかも…。

 

※炭酸ヘッドスパに対するワタシの印象

  • 30分 4,000円〜6,000円くらい
  • 60分 8,000円〜10,000円くらい
  • 美容院でカットと一緒に提供しているケースが多い
  • 10分〜15分の短い時間でやってる所もある

 

 

アーユルヴェーダ

インドの伝統医学であるアーユルヴェーダ。

 

アーユルヴェーダのヘッドスパはまだ未経験。
行ったらレポします♪


 

(まだ行くつもりなのか…)


 

 

自宅でのセルフケアは無駄じゃないです_\(^o^)/

本格的なヘッドスパに行ったことで良かったと思うのは、「ワタシの頭皮でも改善できる」と確信を持てたこと。白髪がたくさんあって髪はパサパサ…、もう取り返しが付かないと思う気持ちもあったので「効果を実感する」という意味で大きな収穫でした。

 

「じゃぁ、自宅での頭皮マッサージは効果がないの?」と思ってしまいがちなのですが、そんなことはありません。むしろ、日々の生活で数分でも頭皮マッサージを取り入れた方が良いと確信が持てました。これも、実際にヘッドスパに行ったことで得た収穫です。
ヘッドスパ自体は、まだ数店舗(回数は10回ちょっと)しか行ってないのですが、どのセラピストさんに聞いても自宅での頭皮マッサージはやった方が良いと言われます。

 

やり方にこだわって少しでも良い効果を得ようとするよりは、「とにかく頭皮を触ることが大切!!」というアドバイスをしてくれるセラピストさんが多い印象。

 

「ブラッシングするだけでもいいのでやった方がいいです」というセラピストさんもいました(髪をブラッシングするとき、ブラシの先端が頭皮に軽くあたりますが、これだけでも違うとのこと)。

 

最初にやるならコレ!シャンプーと一緒に頭皮マッサージ。使うシャンプーもちょっと工夫

自宅で頭皮マッサージをするときには、長続きする環境をつくった方が良い…というわけで、ベストはシャンプーと一緒に実践するのがオススメです。

 

シャンプーなら毎日の習慣になっているので、それほど意識しなくても「やり忘れる」ことはあまりないと思いますし…。頭皮に栄養を与えるという意味では、育毛剤も効果的だと思うのですが、まずは先にシャンプーを見直した方が良いというのが個人的な見解です。せっかく頭皮マッサージをするのに、頭皮に良くない成分が入っていると台無しになってしまうので。

 

白髪予防に繋がるシャンプー

 

上記は「haru」というシャンプー。
血行に気を遣い初めてから使い始めたシャンプーの中でダントツでおすすめなのがコレです。シャンプーで髪を洗うのは多くの人がやっている普通の生活習慣なのですが、そのシャンプーの中に何が入っているかが大切ってことですね。

 

界面活性剤やパラベンなど、髪に有害と言われている成分が話題になっていますが、このharuは天然成分100%でつくられています。その上、ヘマチン、海藻ミネラル、アミノ酸ペプチドなど、白髪にうれしい成分も配合

 

haruのマッサージブラシ

 

マッサージブラシもおまけで付いてきます。そして、このマッサージブラシのプニプニ感が素晴らしいです。頭皮マッサージは指の腹で行うのが一番とされていますが、手軽さも踏まえて考えると「こっちの方がいんじゃね?」と思います。シャンプーを変えるだけなら、生活習慣を変えることなく実践できるので「最初の一歩」にはおすすめです。

 

haruの公式サイトで詳細を確認する

 

【参考】白髪予防はシャンプーでできるの?白髪改善に繋がるシャンプーの役割と選び方

 

白髪対策【頭皮編】のまとめ

頭皮環境の改善は、難しいポイントが色々あって後回しにしがちです。白髪を改善したり、予防するための確実な頭皮ケアなんて確立されていませんし、世の中は「髪質向上や薄毛対策としての頭皮ケア」の情報で溢れています。

 

なので「頭皮ケアして白髪を治したいんです」なんて誰かに相談したところで、「ん?無理ですよ?」と言われることも…。白髪とは切り離して考えることも必要な気がします。

 

とは言え、白髪がなくなれば髪質はめちゃくちゃでもOKという人はいないでしょうから、頭皮ケアをやってもそれが無駄になるとは思いません。

 

■頭皮ケアの選択肢

  • 自宅で頭皮マッサージ…シャンプーのときに実践するのがオススメ
  • ヘッドスパ…炭酸水やクリームバスなどの本格的な施術で頭皮を本格的に洗浄
  • 頭皮チェック…毛穴の詰まり・抜け毛などの頭皮の健康状態をチェック
  • 育毛メソ…頭皮に栄養を注射(費用はかなり高い模様)

 

今まで続けた感覚だと、将来的にコシのある綺麗な髪を維持するのに役立ちそうな印象。白髪の改善については、白髪が減ってきたら気づくのですが、予防に関しては白髪の発生をどのくらい防げているかなんて把握できないので、この辺を深刻に考えても意味がないのかなぁ…なんて思っています。

 

まずは、自宅で頭皮マッサージから。できれば定期的なヘッドスパ(美容院の10分ヘッドスパでもいいので)もやった方が良いというのが結論です。

 

 

ワタシの白髪対策【ヘアカラー編】|「染める・染めない」の判断で一番大切なこと

色だけじゃなく髪質改善も♪

 

白髪染めは、白髪を改善したり予防するのではなく、白髪を隠す目的で使われるモノ。使わないに越したことはありませんが、「白髪を少しでも見えなくしたい!!」という場合には使わざるを得ないアイテムです。

 

ただ、どんな白髪染めを使うかによって、髪へのダメージが全然違ってきます。
1回使っただけでは分からないので「まぁ…いっか」という感じで使い続けてしまうと、将来的に髪の毛がパサパサになる可能性も_(*_*;)

 

髪へのダメージが少ないのは、上から染めるタイプの白髪染めです。

上染めの白髪染めの仕組み

 

このタイプの白髪染めは、化粧品として販売されていて、髪への負担が少ないんです。
髪の毛を脱色することなく、薬剤も使っていないのがダメージの少ない理由です。

 

【参考】【白髪染め】セルフで染める場合の注意点とおすすめアイテム

 

カラートリートメントや、白髪染めシャンプー、ヘナ粉などで染める方法がこれに該当します。
手軽に染めることができるということで人気が出ていて、ドラッグストアやショッピングモールでも目にすることが増えているので、手に入れるのも難しくはありません。

 

またネット通販でも購入できるので、髪のダメージが気になるから染めていないという場合は、使ってみる価値はあるかも♪

 

自宅で白髪を染める方法も変わってきてるということっスね?


 

そうね。
強い刺激のある白髪染めから、ダメージケア重視に変わってるのは確かね。
ただ、染める力が弱いからどうしても自分で試行錯誤する必要があるわけだけど…。
慣れてきたら、やっぱり髪に優しいやり方の方がいいのよねぇ

 

カラートリートメントだったら、いろんなブランドから販売されてるから選び放題だし、白髪染めシャンプーだったら、髪の根元の白髪を記にしなくて良くなるし…。


 

【参考】カラートリートメントのおすすめリスト

【参考】白髪染めシャンプーの本当のメリットと選び方

 

【おわりに】不確定情報の多い白髪治しにどう取り組むか…

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございました…<(_ _)>ペコッ

 

白髪を改善・予防するというのは本当に難しいこと。成果・効果を数値で確認することができないので、やって意味があるのか疑問に思うかもしれません。ただ、何もしなければそのまま白髪が増える可能性を増やすだけ。

 

いつの間にか増えた白髪

 

私の場合、最初がコレなので手遅れ感は否めませんが、それでも白髪の改善に挑戦して良かったと思うことも多々ありました。

矢印

 

白髪対策中の髪の毛

 

恐らく、白髪染めだけをしても見た目は同じように見せることができたのかもしれませんが、手触りやドライヤーで髪を乾かすときに感じる「髪の丈夫さ」は違います。

 

幸運にも、白髪の対策は体調の改善やエイジングケアも同時にできることが多いです。「白髪」という髪の色だけにこだわらずに、体調を含めて改善する目的で実践すると無駄に終わることはないのでは?なんて思ったりしています。

 

人によって優先すべきことは変わると思いますが、実際にやってみた感想も踏まえて言うなら【栄養】【白髪染め】【頭皮ケア】の3本柱で考えるのが良いのではないかと思います。私の経過が少しでも参考になれば幸いです…<(_ _)>ペコッ

 

 

3つの白髪対策をもう一度チェックする

項目

優先度

詳細

栄養対策
栄養対策

評価5
栄養における白髪改善の画像
どの道、日常生活で摂取するわけで…
実は一番やりやすい白髪対策

詳しく見る

頭皮改善
頭皮対策

評価4
頭皮ケアにおける白髪改善の画像
効果は実感しにくいけど…
取り組んでおきたい白髪対策

詳しく見る

白髪染め
白髪染め

評価3
白髪染めにおける白髪改善の画像
白髪を染める場合は要チェック
黒髪を減らす白髪染めだけは避けたい!!

詳しく見る

 

  頭皮のオールインワンクリーム【ドクタートウヒ】

 

※関連ページ

 

購入したマイナチュレカラートリートメント

マイナチュレのカラートリートメントってどうなの?実際の染まり具合と使用感を徹底レポ

マイナチュレから販売された新作カラートリートメントの使い心地を徹底レポ。他商品との違いや、ブラウンとダークブラウンのそれぞれの染まり具合、お得な購入方法などをまとめています。


続きを見る

 

泡タイプの白髪染め

泡の白髪染めはどれがいい?|誤解しがちな「最重要ポイント」と実際に使ったおすすめリスト

泡タイプの白髪染めは髪の毛に塗りやすく便利というイメージがあるかもしれません。ただ、その前に知っておくべきことがあります。思ってた仕上がりと違う…という結果にならないために知っておくべきこと。オススメの商品もご紹介♪


続きを見る