ストレスで白髪が増える日々…どうすればいい?

 

ねーさん…今回は白髪を増やす原因の1つと言われている「ストレス」についてっス。


 

いや〜、思ってた以上に心当たりが多すぎて参ったわ。
ただ、今後の生活習慣を変えるいい機会になったかも。


 

白髪を増やす原因として有名なストレス。
私の周りでは「白髪増えた?」「それストレスよ…ストレス!!」みたいな会話が繰り返されていましたが、よくよく調べてみると色々なところで「その根拠」が見つかったりします。

 

ストレスと言えば、「イライラする」などの感情的な事例が取り上げられがちですが、気づいてないけど体が感じているストレスもあります。
例えば、いちごのショートケーキが好きなら、寝る前に食べてもストレスに感じることはありませんが、体からすると「えっ?この時間にこれを処理するの?」というストレスになっているかもしれません。

 

そんな感じで、実は気づいていないことって色々あるわけです。
そして、気づいてないことのほうがケアが必要だったり…ということで主な理由と対処法は3つです!!

 

白髪と関係なくても、ストレスを抱えすぎると物事が上手くいかない負の連鎖にはまってしまいます。白髪ケアはもちろん、より健康的な生活をおくるために、生活を見直すきっかけになれば幸いです<(_ _)>ペコッ

 

 

 

何でストレスと白髪が関係してくるの?

ストレスと白髪…どちらも生活の中で減らしたいモノであることに間違いはありません。
でも、何でストレスが増えると白髪も増えるのでしょうか。
それは、ストレスによって髪を黒くする機能の「どれか」が機能しなくなるからです。

 

黒髪をつくるための理想の環境

 

髪の毛は毛細血管から栄養を受け取る仕組みになっています。毛根部にある毛乳頭で栄養を受け取り蓄積。毛乳頭の周囲にある毛母細胞がその栄養を使って分裂することによって髪の毛は成長するわけです。

 

実は、この間に髪に色を付ける準備も…。メラノサイトという色素細胞がつくったメラニン色素が髪の毛に取り込まれることになっているんです。そうやって成長する段階で、髪の毛は色づきながら伸びていきます。

 

メラノサイトが元気いっぱい活動できれば、白髪に悩むことなんてなくなるわけですが、日々の生活で受けるストレスが原因でそれができなくなってしまうんですね。

 

もちろん、メラノサイトが弱ってしまう原因はストレスだけではありません。あくまで原因の1つ。ただ、それによって本来機能するはずの「髪をつくり育てる機能(髪に色を付けることを含む)」が失われてしまう…これが問題なわけです。

 

で、その問題を引き起こす原因がいくつかあります。

 

 

原因1:ストレスに対抗するホルモンに栄養を持っていかれる

 

「ストレス社会」とも言われるように、現代社会はたくさんのストレスに埋め尽くされています。「ムカっとすること」「イラッとしたこと」を挙げ始めたら、この1週間でもかなりの数になるのではないでしょうか。

 

ただ、人がストレスを感じたときに体が何もできないかというと、そんなことはありません。
有名なのは、抗ストレスホルモンと呼ばれるコルチゾール
腎臓の上に位置する副腎皮質から分泌されるコルチゾールは、ストレスを受けることで、血糖や血圧、免疫機能の調整を行います。
(※ストレスがピークの生活が続き、コルチゾールが分泌され続けると、糖尿病や免疫力低下などの副作用があるそうです。)

 

コルチゾールが分泌される副腎

 

で、白髪への影響がどうなるのかというと、コルチゾールを分泌するために栄養が使われて、髪を黒くするための栄養がなくなってしまいます。

 

言うまでもなく、コルチゾールは私達が食べた栄養を使ってつくられるわけで…。ビタミンB郡、ビタミンC・E、亜鉛、タンパク質などいろいろな栄養が必要と言われています。添加物だらけのスーパーのお惣菜、インスタント食品が多くなっているのであれば、そもそも栄養不足である可能性大。

 

普段摂取している食事を見直すことが、ストレスに対する1つの対処法と言えます。

 

コルチゾールを分泌するための栄養ってこともあるけど、そもそも食生活が乱れて栄養をしっかり摂れてないのも問題ってことっスね?


 

そうね。コルチゾールを生成する栄養って白髪を改善するのに必要な栄養と結構かぶってるし。亜鉛なんて特に!!
白髪を改善するために食生活を見直したけど変化なしってケースは、ストレスが多くてコルチゾールに持っていかれてるんじゃないかしら。


 

 

ストレスを和らげる栄養素はビタミンとトリプトファンなどなど

 

ストレスを和らげるために役立つ栄養素と食品をまとめてみるっス!!


 

栄養素

働き

ビタミンB群

エネルギー生成を助ける。脳がストレスに対応するときのエネルギー補充

ビタミンC

コルチゾールの材料のひとつ

ビタミンE

コルチゾールの生成に関係

トリプトファン

快眠しやすくなるメラトニンを生成。リラックス効果に期待

 

おすすめの食材

■納豆や豆腐などの大豆製品
大豆を使った製品は「トリプトファン」や「ビタミンB群」を豊富に含んでいます。
納豆や豆腐が体に良いことは有名ですよね。
色々なホルモンを分泌する腸の活動を整えてくれるので、ストレスだけというよりは習慣として摂取したいところです。

 

■緑黄色野菜
ビタミンCの摂取に♪赤ピーマンや芽キャベツ、パセリ、ブロッコリーなどに多く含まれます。水に溶ける水溶性のビタミンで、加熱にも弱いので生のまま食べた方がおすすめ。

 

■ナッツ類
白髪の改善にも役立つと言われているナッツ類。ビタミンB群を多く含んでいます。
最近のコンビニでは、色々なナッツが売られていますが塩分には注意が必要。高血圧など別の問題に繋がらないように吟味が必要です。

 

原因2:ストレスで緊張状態が続き血行が悪くなる

ストレスは誰にでもあるけど、それがずっと続いたら血行が悪くなって頭皮に栄養が届けられない=白髪につながるよ…というお話です。

 

これって…白髪だけじゃなく健康全体の問題っスよね?


 

そうね。白髪を黒くしたいと思ったとき、白髪と健康が密接に関わってることがよくあるんだけど、その傾向が顕著に出てる例よね。


 

人は交感神経と副交感神経のバランスを取りながら働いていますが、それが乱れると体に不調をきたしてしまいます。

 

  • 交感神経=興奮した状態で心拍数も増加。
  • 副交感神経=リラックスした状態で、落ち着いている状態。

 

ストレスを感じながらリラックスってできないですよね。
つまり、ストレスを受けているときは興奮している状態…つまり、交感神経が優位になった状態です。体にグッと力を入れた緊張し続けているイメージ。

 

その状態がずっと続くと、血管が収縮し血の流れが悪くなってしまいます。
体の末端まで温かい血液が届かず冷えを感じたり、体の老廃物も上手く排出できないので体がだるかったりするわけです。

 

当然、末端にある頭皮にも血液がなかなか届けられません。
人は栄養を血液に乗せて運ぶので、当然髪を黒くするための栄養を十分に供給できず、白髪として伸びてくるという図式です。

 

リラックスする時間をつくると共に、身体が温まる飲み物を!!

興奮状態が続く生活=ストレス過多という状態です。
前述したように、人は交感神経と副交感神経のバランスをとる必要があるので、副交感神経を活発にする対策が必要です。

 

身体を温めるドリンクとして有名なのはしょうがを使った飲み物。その他に紅茶や烏龍茶、プーアル茶もありますし、アルコールの入ったものならホットワインもおすすめ。また、漢方系のサプリメントも冷え性に役立ちます。

 

まぁ…しっかり休んでってことっスね?


 

そうね。イヤなことがあったときって、頭から離れなくてイライラしてしまいがちだけど、時間を決めるとか工夫をしてリラックスタイムを作ることが大切ね。音楽、アロマ、快眠グッズ、温泉。DVD鑑賞が好きならそれもありだし…。


 

そ…そうっスね


(いや、自分がやりたいこと挙げただけでしょーが…)


 

 

原因3:頭皮への物理的なストレス

頭皮へのストレスを把握するには、普段の生活を振り返ってみることが大切です。自分では気づかなくても、頭皮が大きなストレスを受けているケースが多いで、細かなところまでチェックした方がいいかも。

 

例を挙げると、整髪料やドライヤーの熱、白髪染めですね。使っても痛くないし、イライラする感覚はないけど、頭皮からすると文句を言いたくなるくらい負担になっていることがあるということです。

 

自分では気づかない頭皮へのストレスに注意!!

 

物理的なストレスは、大きな原因がドーンとあるわけではなく、細かなモノが積み重なっている感じ。些細なことだけど、それを続けることによって、白髪の原因になっているケースが多いです。短期的に見ると「何も悪いことしてないよね?」と思うのですが、実は日々の生活で習慣になっていることが原因…という皮肉な状況_(*_*;)

 

続けることによって、毛穴が詰まったり、頭皮が乾燥することに…、その結果、頭皮の血行が悪くなり、栄養を上手く受け取れなくなるという流れです。ゴミやホコリに始まり、紫外線やドライヤー、白髪を染めている場合は白髪染めの染料…。チェックすべきことは色々ありますが、そんな中で意外なモノが原因になっているケースが…Σ( ̄ロ ̄lll)

 

逆の発想で頭皮に栄養を…

シャンプー

シャンプーの中には、界面活性剤や保存料など、未だに有害物質が使われているケースが少なくありません。1回使っただけでは悪く感じないけど、使い続けるとどうなるかわからない成分。実際に、「界面活性剤・保存料不使用」を謳ったシャンプーが増えていることからも、これらが有害物質(少なくとも髪に良い成分ではない)ことがわかります。

 

何より、シャンプーの問題は頭皮に直接付けるコト。白髪染めや整髪料も、髪に良いものとは言えませんが、それでも頭皮に付着しないように使うのが基本。それに対して、シャンプーは『髪をキレイにするもの』という気持ちで使うので、頭皮に付けてゴシゴシ洗います。つまり、染み込む可能性すらあるということです。

 

逆に考えると、頭皮に染み込ませるのが白髪に良い成分であれば良いわけで…。「育毛剤を使うほどじゃないけどちょっとケアしたいな」という場合には、どうせ使うシャンプーを白髪ケアできるものにするというのも1つの手段です。

 

 

白髪を予防するシャンプーならこの5つ!!口コミおすすめランキング

 

 

※関連ページです♪

 

白髪治しに挑戦した髪の毛

白髪改善のためにやった3つのこと:40代(女)の白髪は治る?予防と対策のゆくえ

アラフォー女子が白髪改善に挑戦!!白髪って治るの?何をすればいいの?30代後半から40歳以上の女性に適した白髪対策を調査・実践・紹介しています。栄養・白髪染め・頭皮環境の改善の3本柱で実践中♪


続きを見る


 

部分染めした髪の毛

白髪の部分染め|プロのやり方と実際に使ったおすすめアイテム

白髪を部分的にキレイに染めるにはどうすればいい?白髪の目立たないキレイな髪を保つ上で、自分の髪の特徴を知ることはとっても大切。分け目やつむじ部分など、ヘアスタイル や髪質で、白髪の目立ちやすい箇所があるはず…


続きを見る



 

実際に飲んだ白髪サプリ

【白髪サプリを実飲!】効果が出る・出ないの見極め方とおすすめサプリメントランキング

白髪歴20年以上の40代(♀)が白髪染めを中断し、飲み始めた白髪サプリメント・おすすめ商品をご紹介。白髪サプリで効果が出る・出ないは何が違うの?選び方のポイントは?効果があったという人の口コミ情報と実際に飲んだおすすめサプリをまとめています。


続きを見る

 

購入したミレットアップ

ブラックアップってどうなの?|実際に飲んでみた感想や味・活用法など

「ブラックアップ」は、白髪予防や髪のハリ・コシを改善するための栄養素が詰まったコラーゲンドリンクです。白髪を目立たなくするには、白髪を染めたり、育毛剤を使ったりと「外側からのケアをする」のが従来の…


続きを見る