白髪が増えるのはストレスのせい?|ストレスが白髪に与える影響と対処法を知っておこう

ストレスで白髪が増える日々…どうすればいい?

 

白髪を増やす原因として有名なストレス。はっきりとした科学的根拠は証明されていないのに、言われてみると当てはまることが多すぎる気がします。

 

「絶対にストレスだわ…そんな気がする」

 

白髪だらけの頭

私は真っ白に見えるほど白髪が多かったわけですが、ストレスがピークのとき、こんな気持ちでした。

 

根拠はなく『気がする』というレベルだけど、『絶対』と確信を持って言える奇妙な感覚…ストレスってそんなものです_(o_o)

 

実際に調べてみると思ったよりもストレスと白髪(髪の毛)の関係は曖昧。『アラフォー女子の白髪治し体験記』でもまとめていますが、白髪の原因って思ったよりも項目が多くて複雑。しかも、はっきりとした因果関係が分からないので、改善に取り組んだとしても成果を感じにくいんですね。

 

ただ、思わぬところで心当たりがあったりすることもあって、無視するのはもったいない。ストレスなんて減らして損をすることはないんだから、これを機に1度自分のストレスと向き合って見るのも良いのではないかと…。

 

そんなわけで、白髪とストレスの関係、その対処法についてまとめてみるです_(◎o◎)/

 

 

白髪ができる仕組み|ストレスが与える影響は?

 

まずは、白髪ができてしまう仕組みについてのおさらいです。
髪の毛は頭皮の毛細血管から栄養を受け取る仕組みになっています。毛根部にある毛乳頭で栄養を受け取り蓄積。毛乳頭の周囲にある毛母細胞がその栄養を使って分裂することによって髪の毛は成長するわけです。

 

実は、この間に髪に色を付ける準備も…。メラノサイトという色素細胞がつくったメラニン色素が髪の毛に取り込まれることになっているんです。そうやって成長する段階で、髪の毛は色づきながら伸びていきます。

 

健康な髪がつくられる仕組み

 

このメラノサイトが正常に活動できなくなったり消失したりすることで、メラニン色素がつくれなくなり「色が付いていない髪=白髪」が出てきます。

 

メラノサイトが元気いっぱい活動できれば、白髪に悩むことなんてなくなるわけですが、日々の生活で受けるストレスが原因でそれができなくなってしまうんですね。

 

もちろん、メラノサイトが弱ってしまう原因はストレスだけではありません。あくまで原因の1つ。ただ、それによって本来機能するはずの「髪をつくり育てる機能(髪に色を付けることを含む)」が失われてしまう…これが問題なわけです。

 

 

白髪へのストレスは2つの方向から考えたい

 

ストレスという言葉を聞いたときに、ほとんどの人がイメージするのは「気持ちの面」でのストレスではないでしょうか。

 

  • 旦那の行動にイラッ_(#゚Д゚)っ
  • 子供が言うことを聞かない__o(`ω´*)o
  • 夕食の献立…掃除、洗濯に忙しい_ヾ(*`Д´*)ノ

 

考えてみると、日頃の生活でイライラすることはたくさんあります。それが原因で白髪が増えている部分もあるとは思うのですが、実は気づいていないストレスが潜んでいる可能性も…。

 

それが「頭皮に与える物理的なストレス」です。
髪の毛を切っても痛みを感じませんし、髪が傷み始めたら気分が悪くなる…なんてこともありません。頭皮の毛穴が詰まって抜け毛が増えてもへっちゃら。ちょっと暴論になりますが「鈍感な部分」があるわけです。

 

でも、実は日々の生活で悪影響を受けているというケースはあるわけで…。

 

頭皮にとってのストレスは多種多様

 

これも白髪にとってはストレスですし、対処しないといけない原因の1つだと思います。

 

普段イメージする「精神的なストレス(イライラ感)」と「髪・頭皮への物理的なストレス」。この2つを考えることが、白髪にできる私たちの最大限の対処だと思います。

 

 

ストレスその1:頭皮への物理的なストレス

頭皮へのストレスを把握するには、普段の生活を振り返ってみることが大切です。自分では気づかなくても、頭皮が大きなストレスを受けているケースが多いで、細かなところまでチェックした方がいいかも。

 

例を挙げると、整髪料やドライヤーの熱、白髪染めですね。使っても痛くないし、イライラする感覚はないけど、頭皮からすると文句を言いたくなるくらい負担になっていることがあるということです。

 

自分では気づかない頭皮へのストレスに注意!!

 

物理的なストレスは、大きな原因がドーンとあるわけではなく、細かなモノが積み重なっている感じ。些細なことだけど、それを続けることによって、白髪の原因になっているケースが多いです。短期的に見ると「何も悪いことしてないよね?」と思うのですが、実は日々の生活で習慣になっていることが原因…という皮肉な状況_(*_*;)

 

続けることによって、毛穴が詰まったり、頭皮が乾燥することに…、その結果、頭皮の血行が悪くなり、栄養を上手く受け取れなくなるという流れです。ゴミやホコリに始まり、紫外線やドライヤー、白髪を染めている場合は白髪染めの染料…。チェックすべきことは色々ありますが、そんな中で意外なモノが原因になっているケースが…Σ( ̄ロ ̄lll)

 

怪しいのはコイツです

シャンプー

シャンプーの中には、界面活性剤や保存料など、未だに有害物質が使われているケースが少なくありません。1回使っただけでは悪く感じないけど、使い続けるとどうなるかわからない成分。実際に、「界面活性剤・保存料不使用」を謳ったシャンプーが増えていることからも、これらが有害物質(少なくとも髪に良い成分ではない)ことがわかります。

 

何より、シャンプーの問題は頭皮に直接付けるコト。白髪染めや整髪料も、髪に良いものとは言えませんが、それでも頭皮に付着しないように使うのが基本。それに対して、シャンプーは『髪をキレイにするもの』という気持ちで使うので、頭皮に付けてゴシゴシ洗います。つまり、染み込む可能性すらあるということです。

 

このような理由もあって、界面活性剤や保存料を使ったシャンプーを避けることも、物理的なストレス解消へ繋がるわけです。シャンプーにこだわって見るのも1つの選択肢だと思います。

 

【関連】白髪予防はシャンプーでできるの?

 

 

ストレスその2:精神的なストレス

 

 

ストレスで白髪が増えてるのなら、ストレスを減らすしかないわよね〜


 

こんな発想になるのは当然ですが、冒頭で述べたように、日々の生活でストレスをゼロにすることなんて無理です。「イライラしないようにしよう」「リラックスする時間を作ろう」なんて思ったところで、2.、3日したら忘れてる可能性大。なので、ストレスに対応できる環境を作ってあげる方が手っ取り早いと思います。

 

ストレスが与える影響は、血管を収縮させ栄養を上手く運べないようにするというもの。ストレスには、交感神経を高ぶらせる作用があります。頭に血が登ってイライラ…、全身を緊張させ、心臓をドクドクと高鳴らせ興奮するイメージです。適度なストレスであれば体が勝手に対処してくれますが、その回数が増える(ストレスが増える)と、血管を極端に収縮させることになるわけです。

 

人は血液によって栄養を全身へ運ぶので、血管の過度な収縮は、栄養の運搬に支障をきたすことに…。髪を黒くするメラノサイトの原料となる栄養も、頭皮まで運ぶことができなくなり、結果として白髪が増えてしまうという流れです。

 

血の巡りが悪くなるので、頭皮は血行不良に陥り、結果として固く乾燥したものになりがち。『イライラする』という精神的な影響が、全く関係のない髪の毛に『白髪』としてあらわれるのは、このような仕組みがあるからです。

 

精神的なストレスへの対処法

 

日々の生活で受けるストレスは多い…とは言っても、人間の体はストレスにそんなに脆いものなのでしょうか。答えは「No」で、ストレスを受けても、体の中で対処する仕組みが作られています。

 

コルチゾールが分泌される副腎

具体的に言うと、抗ストレスホルモンと呼ばれる「コルチゾール」を分泌して対応。腎臓の上に位置する副腎皮質から分泌されるコルチゾールは、ストレスを受けることで、血糖や血圧、免疫機能の調整を行います。

 

ストレスがピークの生活を続けてしまうと、コルチゾールがずっと分泌されて、別の弊害を起こしてしまう可能性も指摘されているのですが、そもそも、『ストレス初期の段階でコルチゾールを分泌できてる?』というのが最初のチェックポイントです。

 

言うまでもなく、コルチゾールは私達が食べた栄養を使ってつくられます。ビタミンA、ビタミンB郡、ビタミンC・E、亜鉛、タンパク質が必要と言われています。添加物だらけのスーパーのお惣菜、インスタント食品が多くなっているのであれば、そもそも栄養不足である可能性大。普段摂取している食事を見直してみることが、精神的なストレスに対する効果的な対処法と言えます。

 

簡単に実践したい!!|オススメはサプリメントの活用

この手の栄養不足は、サプリメントで補うのが効果的。もちろん、普段の食事を見直すことも大切ですが、忙しかったりすると、ついつい忘れてしまいがちですし、毎日同じものを食べるのは飽きてしまうので、栄養配分を考えつつ献立を考えるのは面倒です。

 

その点、サプリメントであれば、味を気にせずに飲むだけ。必要な栄養を必要なときに気軽に摂取することができます。前途のコルチゾールの件もそうですが、白髪を減らすことにも力を入れたいと思ったときには、白髪のことを視野に入れたサプリメントがオススメです。

 

白髪のことを考えてつくられたサプリメント

 

実際に飲んでいるのですが、このブラックサプリEXというサプリは、発毛診療医が監修して生まれた本格派サプリメント。白髪のために、どんな栄養素を摂取すればいいのか、考えられてつくられたものなんです。白髪に良いと言われている食材って結構有名ですが、それらを集めて一口で飲めるようにしたもの。

 

ブラックサプリの栄養素

 

上記は、ブラックサプリEXの栄養素の一部ですが、亜鉛やらビタミンCやら…。前途のコルチゾールに必要な栄養ともダブっているところが多いです。栄養面でのケアをしたいのであれば、白髪もストレスも一緒にケアできる逸品。手間がかからないので、続けるのも簡単です。

 

 

※関連ページです♪

 

白髪治しに挑戦した髪の毛

白髪改善のためにやった3つのこと:40代(女)の白髪は治る?予防と対策のゆくえ

アラフォー女子が白髪改善に挑戦!!白髪って治るの?何をすればいいの?30代後半から40歳以上の女性に適した白髪対策を調査・実践・紹介しています。栄養・白髪染め・頭皮環境の改善の3本柱で実践中♪


続きを見る


 

部分染めした髪の毛

白髪の部分染め|プロのやり方と実際に使ったおすすめアイテム

白髪を部分的にキレイに染めるにはどうすればいい?白髪の目立たないキレイな髪を保つ上で、自分の髪の特徴を知ることはとっても大切。分け目やつむじ部分など、ヘアスタイル や髪質で、白髪の目立ちやすい箇所があるはず…


続きを見る



 

実際に飲んだ白髪サプリ

白髪サプリでこうなった!!おすすめランキングとサプリメントの予防・口コミ分析

白髪歴20年以上の40代(♀)が白髪染めを中断し飲み始めた白髪サプリメントのおすすめ商品をランキング形式でご紹介。白髪サプリってどうなの?予防や効果は?口コミを分析しつつ、実際に飲んでみて分かった商品の良し悪しをお伝えします。


続きを見る

 

購入したミレットアップ

ブラックアップってどうなの?|実際に飲んでみた感想や味・活用法など

「ブラックアップ」は、白髪予防や髪のハリ・コシを改善するための栄養素が詰まったコラーゲンドリンクです。白髪を目立たなくするには、白髪を染めたり、育毛剤を使ったりと「外側からのケアをする」のが従来の…


続きを見る

 

購入したPOLAグローイングショット カラートリートメント

POLA(ポーラ)の白髪染め「グローイングショット」の色持ちと使用前後の写真_意外な特徴をご紹介

大手化粧品会社のPOLAから販売されているグローイングショットカラートリートメント。ブラウンとブラックの2つの色は、他の白髪染めにはない独特な色味を持っていました。使用前後の写真を踏まえて、その仕上がりをレポートします。


続きを見る