【コラム】アラフォー女子の黒歴史。ヒドい白髪の状態と白髪を治す必要性について

黒い髪の隙間からギラッっと光る白髪…。体調が悪くなるわけでも、病気になるわけでもないのに、多くの人が白髪を気にするのは、老けて見えたり、髪の毛が汚く見えるからではないでしょうか。

 

たとえ本数が少なくても、1本でもあれば気になってしまう…。ピロンとハネたり、生え際だけ白くなったり…、ロクなことはありません。

 

この悩みへの「短期的な対処」なら簡単。
白髪を染めれば問題は解決です。

 

しかし、白髪を染め続けていると、知らない内に髪にダメージが蓄積されてしまいます。髪のボリュームがなくなったり、抜け毛が増えたり、髪のハリやコシがなくなったりと「髪の色以外のコト」にまで影響してくるわけです。

 

私は、20代の頃から白髪を染めていて、『もうすぐ40歳』という時には髪がパサパサになってました。もちろん、白髪染めで髪の色を黒くすることはできます。でも、パサパサ…(*_*;)
スタイリングしようにも、髪の毛が言うことを聞いてくれない状態なのです。

 

このままだと…将来マズいんじゃないかしら…


 

こんな想いから、白髪染めを一旦中断。

 

そうして数ヶ月…

 

最後に染めた白髪染めが落ちてくると、以前よりも増えていた白髪の量に唖然…Σ( ̄ロ ̄lll) 

 

いつの間にか増えた白髪の写真画像

写真がそうなのですが、もう本当にひどいです。

白髪を染めるのをやめてから、10歳近く老けて見られたこともありました…(T_T)
割合としては、白髪よりも黒髪の方が多いはずなのですが、印象は「白髪で真っ白!!」という感じ。

 

そのくらい白髪って目立つんですね。ギラギラと光ることも理由の1つだと思います。頻繁に染めていたので気づかなかったのですが、いつの間にか白髪が増えていたみたい…。

 

当時は、今と違い、白髪染めの種類も少なかったので、仕方がないという気持ちもあります。ただ、見た目だけを重視して、髪のダメージを考えずに染め続けていたことに後悔…、もっときちんとケアしておけばよかったという気持ちです。

 

「白髪を染めるのは絶対ダメ!!」と言うわけではありません。ただ、髪へのダメージを考慮して、少しずつでも白髪を減らす・予防する対策をやっておいた方が良いと思うわけです。

 

そもそも…白髪って治るものなの?
髪の毛が黒くなるならやってみたいけど…


 

なんか…アレだぜ…
海藻とか頭皮マッサージとかがイイらしいぜ


 

後は、毛根にあるメラノサイトも関係しているらしいっスよ


 

うーん。そういう知識もいいんだけど…実際に何をすればいいのか知りたいのよ。
それに、白髪対策ってやることが多すぎるみたい
結局何から始めればいいの?


 

まぁ、アレだよな。そこは迷うとこだよな。
あんた白髪多いしな。それ…10歳は老けて見えるぜ。


 

あっ…それは言っちゃマズいやつっス


 

いやいや…いいのよ
そんなことより、実際に調べてやってみることが大切!!
早速調査開始よ♪


 

わ…わかりました


 

そんなわけで、白髪の改善に取り組むことに決めたのでした


 

項目

優先度

詳細

栄養対策
栄養対策

評価5
栄養における白髪改善の画像
どの道、日常生活で摂取するわけで…
実は一番やりやすい白髪対策

詳しく見る

頭皮改善
頭皮対策

評価4
頭皮ケアにおける白髪改善の画像
効果は実感しにくいけど…
取り組んでおきたい白髪対策

詳しく見る

白髪染め
白髪染め

評価3
白髪染めにおける白髪改善の画像
白髪を染める場合は要チェック
黒髪を減らす白髪染めだけは避けたい!!

詳しく見る

※関連ページ

 

白髪治しに挑戦した髪の毛

白髪改善のためにやった3つのこと:40代(女)の白髪は治る?予防と対策のゆくえ

アラフォー女子が白髪改善に挑戦!!白髪って治るの?何をすればいいの?30代後半から40歳以上の女性に適した白髪対策を調査・実践・紹介しています。栄養・白髪染め・頭皮環境の改善の3本柱で実践中♪


続きを見る