白髪予防はシャンプーでできるの?白髪改善に繋がるシャンプーの役割と選び方

シャンプーの目的は頭皮を清潔にすること

白髪を減らしたい、これ以上増やしたくないと思ったときにシャンプーは役立つの?

「そんなこと…できるわけないじゃない?」と思うのが一般的な考えだと思います。シャンプーを使って感じることと言えば、髪通りが良くなったとか…艶々になったとか…そう言った「髪の毛に関すること」がほとんどです。

 

しかし、その裏で頭皮に大きな影響を与えるのも事実でして…。1回の使用では気づかないけど、毎日使うシャンプーだからこそ、3ヶ月後に「あれっ、白髪…目立たなくなってるかも♪」という変化が期待できるわけです。

 

 

使うだけで白髪が減っていく…
そんなシャンプー求む!!


 

こんな風に思いたいところですが焦りは禁物です。シャンプーが白髪に与える影響は間接的。使うだけで、みるみる白髪が減るシャンプーがあれば良いのですが、今のところ、そんな都合の良いシャンプーは販売されていません。

 

シャンプーに期待すべきは、頭皮を健康にし、白髪予防や髪のボリューム・ハリ・艶などの状態を総合的に向上させること。そのために重要なのが『シャンプーの実践方法』と『シャンプーの選び方』の2つです。

 

どんなシャンプーでも良いというわけではありませんし、高級シャンプーを使えば白髪予防になるという単純なものでもありません。「白髪用」と謳っているものは少ないので、自分で判断して試してみる必要があります。

 

面倒ですが、その手間は無駄にはなりません。シャンプーにこだわることで、どんなメリットが得られるのか…。使うべきシャンプーと白髪予防・髪質の関係についてまとめてみます。

 

 

おすすめリスト|使うならコレ!!のおすすめシャンプー

 

第1位:haru黒髪スカルプ・プロ

購入したharuスカルププロ

100%天然由来成分/低刺激
【通常価格】3,600円(400ml)
【定期1本】3,600円 ⇒ 2,880円(20%off)
【まとめ買】10,800円 ⇒ 8,100円(25%off)

オススメ度:★5個
独自の研究による白髪ケア成分を配合。メラノサイトの機能不全とミネラル不足という白髪の原因に注目し、メラノサイトを元気にするヘマチンを採用。白髪の根本的な原因にアプローチできるシャンプーに♪

haru黒髪スカルププロの注目成分

アミノ酸系のシャンプーですが、髪がきしまないのは嬉しいポイント。リンス不要で手軽に本格的なケアをすることができます。専門家との共同開発はやっぱりすごい。


 


 

 

第2位:ルメント 炭酸シャンプー

購入したルメント炭酸シャンプー

3日に1度 高濃度炭酸の贅沢
【通常価格】2,400円(200g)
【定期2本】4,800円 ⇒ 3,840円

オススメ度:★2個
山田優さんも愛用しているという炭酸シャンプー。白髪ケア専用ではありませんが、炭酸効果で頭皮をキレイに保つのに一役買ってくれます。3日に1回の使用で良いので、今あるシャンプーと併用してみるのも◎

ルメントの炭酸効果

炭酸効果でシュワワっと頭皮の汚れを落としてくれます。


 


 

 

第3位:エスコス オレンジシャンプー

購入したエスコスオレンジシャンプー

柑橘成分リモネンの効果を低価格で!!
【通常価格】1,380円(150ml)
【期間限定】1本購入でもう1本もらえる

オススメ度:★1個
こちらも白髪専用シャンプーではありません。ただ、30種類の天然成分にオーガニック成分を7種類使った優れもの。価格が安いので試しに使ってみたい…という場合にも適しています。

オレンジの効果

オレンジって身近にあるものですが、実はすごい♪


 


 

 

そもそも白髪が増える原因って何なの?

シャンプーで白髪を予防するには、黒い髪の毛が白髪になってしまう原因を知っておく必要があります。髪の毛は、最初から黒いわけではなく、成長の過程でメラニン色素に色付けされることになるんです。

 

この髪に色を付けるメラニン色素は、メラノサイトという色素細胞でつくられます。メラノサイトがどのくらいメラニン色素を生成するかは遺伝の影響を受けていて、それによって元来の髪の色が決まります。

 

髪の毛の仕組み

 

日本人なら黒、外国人で言うなら金髪だったりアッシュ系の色だったり…といった具合です。

 

ところが、何らかの原因でメラノサイトが弱ったり消失してしまうと、髪に色を付けるメラニン色素がつくられなくなるわけです。髪の毛はメラニン色素がつくられるまで待ってくれる…なんてことはなくて、そのままグングン成長していきます。

 

結果として、メラニン色素による色付けが行われることなく、髪の毛が伸びることになるので、色の付いていない白髪がでてきてしまうんです。

 

白髪を改善するにはどうすればいい?

メラニン色素が足りなくて、白髪がでてきてしまうこの状況…一体どうすれば良いのでしょうか。シャンプーで何とかしたいところですが、実は栄養が最も影響が大きいと言われています。

 

メラノサイトを元気に保つのも、メラニン色素の原料も、私たちが食べたものが影響します。シャンプーで白髪を予防したいと思って、も原料そのものがないと体がどんなに頑張っても、髪に色を付けることはできません。

 

なので、日々の生活でメラノサイトやメラニン色素生成に良い影響を与える食事を心がける必要があるんです。白髪に良いと言われている食べものがこれにあたります。一例を出すと以下のような感じです。

 

  • タンパク質…肉・魚・卵・大豆、豆腐
  • 鉄…かつおなどの赤み魚、ほうれん草、ひじき
  • 銅…牡蠣、レバー、小魚
  • 亜鉛…赤み肉、牡蠣、ワカメなどの海藻類
  • カルシウム…小魚、大豆、ヨーグルト
  • チロシン…大豆、チーズなどの乳製品、鰹節、たけのこ
  • ビオチン…アーモンド、大豆、ヨーグルト

 

シャンプーで頭皮を清潔にすることも大切ですが、まずは原料となる栄養に注目することが大切。これらの食材を摂取しつつ、正しいシャンプーを進めて行くのがベストです。

 

 

シャンプーの目的|頭皮をキレイに→栄養の受け渡しがスムーズに

白髪を予防するために栄養が大切なら、シャンプーにこだわる必要はないと思うかもしれません。しかし、シャンプーを正しく実践できているかどうかで、白髪の改善具合は変わってきます。

 

その理由は、栄養が十分にあっても頭皮がその栄養を上手く受け取れなくなっているケースがあるからです。

 

■栄養を受け取れない場合の問題点 一例

  • 毛穴の詰まり
  • 頭皮の乾燥
  • 皮脂の過剰分泌

 

毛穴が詰まっていればシャンプーでキレイにする必要がありますし、頭皮・髪の毛が乾燥している状態であれば、しっかりと保湿ケアをする必要があります。

 

また、シャンプーそのものにも気を遣う必要があります。洗浄力の強いシャンプーで洗ってしまうと、本来頭皮に必要だった皮脂も洗い流してしまうことに…。そうなると、カラダは前よりも多くの皮脂を分泌するようになってしまいます。

 

頭皮のベタつきの原因にもなりますし、何より皮脂を分泌するために栄養を使うことになるので、本当に使いたい箇所に栄養を使うことができなくなってしまうわけです。

 

シャンプーの目的は髪の汚れを落とし頭皮を清潔にすることですが、ただシャンプーを使えば問題は解決するわけではないので、このあたりのやり方については注意が必要です。

 

シャンプー中の頭皮マッサージが効く!!

どんなシャンプーを使うかも大切ですが、どうやってシャンプーをするかも大切。1回のシャンプーでは、そんなに違いは出ませんが、続けることによって髪の毛・頭皮の状態は見違えるほど違ってきます。

 

髪の毛・頭皮のためにできることは色々あるのですが、最も手軽にできるのが「頭皮マッサージ」です。シャンプーで汚れを落とすついでに、マッサージをすることによって頭皮の血行を促進。栄養を受け取りやすい環境を作ります。

 

■ シャンプー中の頭皮マッサージのやり方

 

@ お風呂前にブラッシング
頭皮マッサージはお風呂に入る前から始まっている…ということで、まずはブラッシングから。髪が乾いた状態でブラッシングをすることで、付着している汚れを落とすことができます。

 

また、絡まった髪を解くことにもなるので、シャンプー中の髪へのダメージを減らすことに繋がります。

 

 

A ぬる目のお湯で髪を濡らす→シャンプーはよく泡立てて
ぬる目のお湯で髪の毛を濡らして行きます。時間は長めに。しっかりと濡らすことで髪の毛に付着している汚れを洗い流すことができます。
髪の毛をしっかりと濡らしたらシャンプーを使います。手のひらである程度泡立ててから髪の毛に…。きめ細かい泡を作るように、しっかりと泡立てることがポイントです♪

 

 

B 頭皮をマッサージ
両手の指の平で優しく頭皮をマッサージします。目的は結構を良くすること。爪を立てたり、力を入れすぎずにゆっくり頭皮を撫でると◎。
頭の側頭部からてっぺんに向かってマッサージをすると、血行が良くなりやすいと言われています。

 

 

C すすぎは十分な時間をかけて
シャンプーを落とす「すすぎの時間」は、実は最も重要。洗い残しがあると、それ自体が髪の毛・頭皮に良くない影響を及ぼすことに。

 

十分過ぎるくらい洗い流すくらいがちょうど良かったりします_(^_^)

 

どんなやり方をするにしても、シャンプーをつけて頭皮を洗うことはするわけですから、少しだけ時間を取ってマッサージしてみると、白髪予防にプラスになりますよ♪

 

 

白髪に対する効果的なシャンプー方法って?

白髪を予防したい・改善したい場合に使うシャンプーについてまとめてみます。

 

使い続けることで白髪そのものがなくなることがベストですが、短期間で実現させるのはなかなか難しいのも事実。今すぐの見た目をどうするか…ということも踏まえて参考にしてみてください。

 

白髪染めシャンプー

使うことで少しずつ白髪を染めていくシャンプーです。

 

白髪を予防したり、改善することを目的にしたものというよりは、見た目をどうにかしたいという場合におすすめ。白髪染めのように刺激がないので安心して使えますし、染める力も強くないので自然に染めることが可能。ただし、色がつくまで時間がかかるのでゆっくり染めたい人向けと言えます。

 

湯シャン(ノー・プー)

シャンプーを使うことなく、お湯だけで髪の毛を洗う方法です。お湯だけでシャンプーするので「湯シャン」。もしくはシャンプーを使わないノーシャンプーを略して「ノー・プー」などと呼ばれたりします。

 

一見「不潔」という印象がつきまとってしまうのですが、海外セレブの間では実践している人も多く、やり方にもコツがあります。

 

シャンプーの中には、有害な化学物質を使ったものもあるわけで、それを使うくらいなら湯シャンで頭皮を清潔にした方が…という考え方です。

 

白髪予防シャンプー

白髪を予防・改善するための成分が配合されていたり、頭皮に害となる成分を徹底的に排除していたり…。

 

白髪そのものを減らすことを目的につくられたシャンプーです。「●●を満たしていれば白髪予防シャンプー」という具体的な条件はないので、自分で探す必要がありますが、使い続けた場合の効果には期待が持てます。

 

 

白髪予防に一番期待できるシャンプー|haruの詳細

スカルプシャンプーや、オーガニックシャンプー、ボタニカルシャンプーなど、質を重視したシャンプーが人気です。髪の毛だけではなく、頭皮のことも考えて設計されたシャンプーですね。自然派の天然素材が豊富に使われていて、お値段はちょっと高め。

 

私も白髪の改善に挑戦してから、色々なシャンプーを使ってみました。そんな中で、白髪の予防という点において一歩リードしているのがコレ。haruというシャンプーです。

 

白髪予防に繋がるシャンプー

 

セピアな感じの落ち着いたボトルに、透明な液体。スカルプ系のシャンプーでありながら、泡立ちもよく保湿にも定評があります。

 

 

haru黒髪スカルププロのどこがすごい?

名前に『黒髪』と付いていることからもわかるように、白髪のケアも視野に入れたシャンプー。既に50万本の売上を達成していて、雑誌などでもよく見かけます。100%天然由来の成分で、界面活性剤、パラベンも使われていません。

 

白髪予防に関して注目したいのが、ヘマチンという成分が配合されていること。このヘマチンは、メラノサイトを元気にすると言われている注目成分です。

 

▼haruの公式サイトより▼

haruの白髪予防への期待

 

髪を黒くするメラニンが生成されるメラノサイト…、そのメラノサイトを元気にすることができれば、メラニンの生成も活発になり白髪予防への期待値もグンと上がります。白髪ケアに関してharuがワンランク上だと思う理由はココにあります。

 

haruの泡立ち

 

スカルプ系のシャンプーは泡立ちに不安がありますが、haruはご覧の通り。髪がキシむこともないので、シャンプーの使い心地で不便を感じることもありません。

 

リンス不要を謳っているシャンプーですが、リンスインシャンプーではありません。配合成分にこだわることで髪の保湿力を高めリンスやコンディショナーを不要にしているシャンプーなのです。

 

「トリートメント」「ヘアミネラルエッセンス」などの関連商品はしっかりと別にあります。さらに髪質を向上させたいときにおすすめ♪

 

シャンプーと一緒に購入するかは迷うところですが、最初はシャンプーだけでも十分に満足できると思います。実際に私は、シャンプーだけで髪の毛がサラサラになったと感じました。その辺のスカルプシャンプーとは明らかに違う。キシまないんですね。無添加シャンプーでこの仕上がりなら満足♪

 

正しい方法でシャンプーをすることが何よりも大切。ブラッシングや前洗いの重要性などシャンプー全体のやり方がしっかりと記載されているので…。そして、何よりharuにはシャンプーが気持ち良くなるナイスなグッズがおまけで付いてきます。

 

haruのシャンプーブラシ

 

haruを購入すると、無料でついてきたシャンプーブラシ…、これが秀逸!!
シャンプーをするときに、一緒にマッサージしたらいいよ…ということは、このページでも述べましたが、まさにそれを実現できるアイテムなのです。何しろ気持ちがイイ。先端が絶妙な加減で細くなっていて、なおかつプニプニした柔らかい素材なので、頭皮に押し当てただけで、心地良さが広がる感じ。『マッサージをしなきゃっ』という感覚ではなく、気持ちが良いので自然と続いて頭皮マッサージを習慣化できてしまった…そんな不思議なアイテムです。

 

【追記】シャンプー泡パックで髪の毛がしっとり!!
haruの使い方でもう1つ試したいのが「シャンプー泡パック」。簡単に言うと、ブラシでマッサージした後、泡をつけたまま一定時間放置するという方法です。天然成分だけしか使っておらず、白髪にうれしいヘマチンなどが配合されているからこそ実践したい方法です。

 

haruというのは、買ったら終わりではなくメールや郵送で頭皮ケアに関する情報・パンフレットを送ってくれます。また、メールで質問をするのも◎。上記の方法は、私が質問をしたときに教えてもらったものです。これをやった方が髪のしっとり感が増します。試してみる価値ありです。

 

 

haruは髪の専門家と共同開発|理想に一番近いシャンプー

haruは髪の専門家と共同開発

▲ haruの公式サイトより ▲

 

個人的には、白髪に対する成分に魅力を感じて使い始めましたが、髪のケアを総合的に行うことができるシャンプーです。抜け毛や髪のボリュームが気になっている場合にも最適。髪の専門家と共同開発したというだけあって抜け目がない…『完璧な出来』という印象です。

 

haruの公式サイトには、詳しい成分や特徴が書かれているので、是非確認してみてください。1回の使用では「あ、いいかも…」くらいにしか感じませんが、使い続けていると違うってわかってきます。髪トラブルを抑えるためのシャンプーを探しているなら、限りなく求めるものに近いシャンプーと言えると思います。

 

公式サイトで詳細を確認する

 

 

ルメント炭酸シャンプー|3日に1度だから試しやすい

購入したルメント炭酸シャンプーの画像

 

ミランダカーさんが炭酸洗顔に注目している…ということで話題になった「炭酸コスメ」。シャンプーもバッチリ注目されています。

 

シャンプーの場合、炭酸が果たす役割は「頭皮の汚れを取り除いてくれること」。市販の石油系界面活性剤を使った洗浄力の強いシャンプーと違い、優しく洗い流してくれるというのが特徴かな…と。

 

珍しい「泡タイプ」の炭酸シャンプー。手に取るとモッチモチです。泡立てる必要がないのも◎なポイントです。

 

購入したルメント炭酸シャンプーを手に取った画像

 

余分な皮脂や雑菌が頭皮に残っていると、毛根部の養分を吸い取ってしまうという話もありますし。白髪を黒くするための栄養を補給しても、それを横取りされては意味がない…ということで、間接的には白髪予防になるのでは?なんて思ったりしています。(注:商品自体が白髪予防のために販売されているわけではありません)

 

今使っているシャンプーも残ってるし…という場合には、3日に1度のペースで使えるので試しに使ってみるのもアリだと思います。

 

公式サイトで詳細を確認する

 

 

オレンジシャンプー|頭皮ケアにちょっと興味がある場合に是非

購入したエスコスオレンジシャンプーの画像

 

とりあえず頭皮ケアに気を遣ったシャンプーでどのくらい変わるのか試してみたい…という場合におすすめです。成分にこだわったシャンプーになればなるほど価格も高くなりますが、このエスコスのオレンジシャンプーはそこそこの質で低価格。メール便で届けてくれるので、手間もかかりません。

 

頭皮に気を遣ったシャンプーでどのくらい変化があるのかしら…

この疑問を手っ取り早く検証するのに適しています。試してみたいけど、あんまりお金はかけたくない…という時。

 

アミノ酸系のシャンプーですが、きしむ感じはありません。白髪専用のシャンプーではありませんが、頭皮環境を改善するという目的は十分に果たせるかな…と。

 

上記2つに比べて「廉価版」的な要因は否めませんが、気軽に使ってみたい場合には最適です。

 

公式サイトで詳細を確認する

 

 

 

白髪専用のシャンプーはまだまだ少ないのが現状です。シャンプーは日頃の生活で絶対に使うので、色々と試していると「あ、いいかも」というシャンプーに出会えますよ♪


※関連ページです♪

 

部分染めした髪の毛

白髪の部分染め|プロのやり方と実際に使ったおすすめアイテム

白髪を部分的にキレイに染めるにはどうすればいい?白髪の目立たないキレイな髪を保つ上で、自分の髪の特徴を知ることはとっても大切。分け目やつむじ部分など、ヘアスタイル や髪質で、白髪の目立ちやすい箇所があるはず…


続きを見る



 

男性に合った白髪染め

白髪染め 男性にオススメなのは?|白髪染め歴20年のベテラン(♀)が、男性の白髪染め活用法を徹底解説!!

白髪染め歴20年以上のアラフォー(♀)の管理人が、男性向けの白髪染め活用法についてまとめています。私がショートヘアーということもあり、白髪染めの使い方については男性に近い感覚を持っていること、また…


続きを見る



 

ドクターtouhi

Dr.TOUHI(ドクタートウヒ)で白髪は治る?|実際に使ってみたリッチクリーム

Dr.TOUHI(ドクタートウヒ)は、くせ毛や白髪の予防対策を行える「頭皮の美容液」として人気が出ているオールインワンクリーム。美魔女で話題の…


続きを見る



 

漢方

漢方で白髪は改善するの?|漢方の考え方とおすすめ改善法

【漢方の世界】髪の毛は生きている⇒白髪になった髪も元に戻すことができる!!美容院で髪の毛を切ってもらっても痛みを感じることはありません。そのことから、髪の毛は「死んでいるもの」という認識が一般的。ただ、漢方の世界では髪の毛は…


続きを見る



 

ストレス女子

白髪が増えるのはストレスのせい?|ストレスが白髪に与える影響と対処法

白髪を増やす原因として有名なストレス。はっきりとした科学的根拠は証明されていないのに、言われてみると当てはまることが多すぎる気がします。「絶対にストレスだわ…そんな気がする」。私は真っ白に見えるほど白髪が多かったわけですが、ストレスがピークのとき、こんな…


続きを読む