おすすめヘアカラートリートメント図鑑♪11ブランド24色の中で自分色を見つける♪

おすすめカラートリートメント

 

 

どーも。ニャーオです。
ここではおすすめのカラートリートメントを紹介していくっス。「自分に合った1本」を見つけてくれるとうれしいっス!!


 

先にオススメカラートリートメントを見る

 

 

ひと昔前は「珍しい白髪染め」だったカラートリートメント。
今では、白髪染めの主役とも言える存在になり、いろいろなブランドから販売されています♪

 

逆に種類が多すぎて悩む…というのが難しいところになっていますね_(+o+)
ただ、髪を傷めずに白髪を色づけることができるので重宝するのは間違いなしです!!

 

白髪というのは、ギラギラと光るだけではなく、フニャっと伸びていたり、分け目からピロンとはねていたりと良いことがありませんよね。

 

こんな白髪に対して、カラートリートメントは表面だけを着色するようにできているので、髪のキューティクルを壊すことなく自然な白髪染めができるんです。
ブランドによってはトリートメント成分をたくさん配合して、髪質を良くすることにも力を入れています。

 

 

「髪が傷んできた…でもまた染めなきゃいけない」というときでも使えるのがいいですね♪


 

そんなわけで、ワタシが今までに使って良いと感じたカラートリートメントを、特徴別に分けて紹介します♪

 

 

■目次/Contents

 

 

 

 

 

 

 

【上質+コスパ◎】おすすめカラートリートメント3選

 

 

とりあえず迷ったらコレ!!というカラートリートメント。
口コミで人気が高く、品質が良いのに安く買えるおすすめ商品です♪


 

購入した利尻カラートリートメント

 

■利尻カラートリートメント
おすすめ度:星5つ星1つ
価格:3,000円(税抜)/【WEB限定】初回1,000円引き
内容量:200g
色数:4色(ダークブラウン、ライトブラウン、ナチュラルブラウン、ブラック)

 

利尻カラートリートメント

 

緑のボトルでお馴染みの利尻カラートリートメント
ドラッグストアでもショッピングモールなど、割とどこでも手に入る万能商品です♪

 

ただ、店舗によっては全色揃っていない場合があるので、そこだけ注意。
WEBだと初回1,000円割引になるので、まだ使ったことのない方は是非♪

 

 

 

購入したマイナチュレカラートリートメント

 

■マイナチュレカラートリートメント
おすすめ度:星5つ星4つ
価格
初回2本セット:9,460円 → 5,500円(税抜)
初回1本セット:4,730円 → 3,000円(税抜)
内容量:200g
色数:2色(ダークブラウン、ブラウン)

 

マイナチュレカラートリートメントの染まり具合

 

育毛剤やシャンプーなどのヘアケア用品を展開しているマイナチュレから販売されているカラートリートメントです。そのノウハウを活かして、染めることはもちろん、髪のケアにも力を入れた商品_(^▽^)♪

 

白髪ケア、スカルプケア、ヘアケア、エイジングケアの4つを同時に!!
販売を開始してから5日で売り切れた人気のカラートリートメントを是非♪

 

 

 

 

購入したLPLPのカラートリートメント

 

■LPLP(ルプルプ)カラートリートメント
おすすめ度:星5つ星3つ
初回価格:3,240円 → 1,980円(税込)
初回2本定期:6,480円 → 3,240円(税込)
内容量:200g
色数:4色(ダークブラウン、ブラウン、モカブラウン、ソフトブラック)

 

ルプルプの情報

 

LPLPは、神戸にあるJコンテンツという会社が販売しているカラートリートメント。
タレントの武田久美子さんが使っていることでも有名ですね。

 

染めのレベルも高いですし、何より使った後の「しっとり感」がすごいです。
Wフコイダンという独自の成分を使っていることもあり、他では味わえない仕上がりが魅力です♪

 

スタッフ全員が毛髪診断士というのも納得のレベルの高い商品です。

 

 

 

 

店舗で買える!!市販のカラートリートメント3選

 

「ちょっと出かけるついでに」「すぐに欲しい!!」
ドラッグストアやイオンなどのショッピングモールで売られている市販のカラートリートメントおすすめ3選です♪(※通販で買えるものもあります)


 

購入したネイチャーアンドコーのカラートリートメント

 

■NATURE & CO カラートリートメント
おすすめ度:星4つ星0
価格:1,700円くらい(店舗により異なる)
内容量:150g
色数:5色(メイプルブラウン、スモーキーヴァイオレット、ブリックレッド、アースブルー、ストーングレー)

 

KOSEから販売されているNATURE&COのカラートリートメント。
ウッディーな雰囲気の売り場をつくって販売されています。
ドラッグストアで扱っているケースはあんまり多くない印象。イオンなどのショッピングモールに行けば売ってる確率高いです。

 

白髪を黒くするだけなら、実用的な色はあんまりないのがちょっと残念。
ボタニカルという割には、ニオイも強いので扱いが難しい部分はあります。

 

 

 

購入したビゲンカラートリートメント

 

■ビゲンカラートリートメント
おすすめ度:星4つ星0
価格:700円くらい(店舗により異なる)
内容量:180g
色数:3色(ナチュラルブラウン、ダークブラウン、ナチュラルブラック)

 

ホーユーから販売されているカラートリートメント。
成分などの「質」という点ではちょっと物足りない部分もありますが、1,000円以下で近所のドラッグストアでもすぐ手に入るのはうれしいですね♪

 

公式ページを見ても、カラートリートメントだけで白髪を隠すというよりも、同ブランドのヘアカラーのつなぎとして使う目的でつくられているようです。

 

 

 

購入したリライズ白髪染めサーバー

 

■リライズ白髪用髪色サーバー
おすすめ度:星4つ星0
価格:3,000円くらい(店舗により異なる)
内容量:155g
色数:2色(リブラック、グレーアレンジ)

 

花王から販売されている白髪用髪色サーバー。
他のカラートリートメントと違って、酒麹の特徴を活かして髪を黒くする珍しいタイプの商品です。その影響なのか色数も少ないです。

 

純粋なカラートリートメントじゃないんですけど、永久染毛剤みたいに薬剤が使われているわけではないのでピックアップ♪
グレーヘアーを目指している人活用できます。

 

 

 

 

色が独特!!個性的な仕上がりのカラートリートメント5選

 

明らかに派手は色だったり、地味に何とな〜く違ったり…。
仕上がりの色に個性を持ったカラートリートメントです。


 

購入したプリオールカラーコンディショナー

 

■資生堂プリオールカラーコンディショナー
おすすめ度:星5つ星3つ
価格:1,382円(税込)
内容量:230g
色数:3色(ダークブラウン、ブラウン、ブラック)

 

プリオールの色味

 

言わずと知れた「資生堂」が販売している一品♪
厳密に言うと、カラートリートメントとは染料も違って、名前も「カラーコンディショナー」なんですけど、実際に使ってみると同じように使えるのでピックアップ♪

 

違いと言えば、染まりが弱めなこと。染まらないというよりは、弱い染まりでホントに少しずつ白髪を変えたい場合に重宝します。
価格も安いので気軽に試せるのもうれしいですね♪

 

 

 

購入したリライズ白髪染めサーバー

 

■POLAグローイングショットカラートリートメント
おすすめ度:星5つ星2
価格:3,132(税込)
内容量:200g
色数:2色(ブラック、ブラウン)

 

★ブラウン

POLAグローイングショットカラートリートメント_ブラウンで染めた画像

★ブラック

POLAグローイングショットカラートリートメント_ブラウンで染めた画像

 

POLAから販売されているカラートリートメントです。
ブラックとブラウンというありきたりな2色かと思いきや、実際に使ってみると独特な色に♪

 

香りもものすごく良いので、ちょっと飽きてきた場合にはコレで決まりです。

 

 

 

購入したラサーナカラートリートメント

 

■ラサーナカラートリートメント
おすすめ度:星5つ星0
価格:3,024(税込)
内容量:180g
色数:1色(ダークブラウン)

 

広島に会社があるヤマサキが販売しているカラートリートメントです。
色は1つしかありませんが、ちょっと変わった独特の色になります。
(※ものすごく違うというよりちょっと違うって感じです)

 

天然色素を使っていて、その配合で独特な仕上がりになるんじゃないかと思います。
ヘアケア商品全般を扱っている会社なので、気に入れば愛用できる可能性ありです♪

 

 

 

購入した綺和美カラートリートメント

 

■綺和美カラートリートメント
おすすめ度:星5つ星2
価格:5,378円(Amazon価格)
内容量:150g
色数:3色(ダークブラウン、ライトブラウン、ブラック)

 

★ダークブラウン

kiwabiダークブラウン

★ライトブラウン

kiwabiライトブラウン

 

ハリウッドで活躍しているカラーリストが監修しているカラートリートメントです。
150gの内容量で5,000円くらいします(汗)

 

私の知る中で一番高いカラートリートメント
でも、使ってみるとな〜んかいい感じに染まってくれるんです。
深みがあるというか、パッと見わからないけどよく見るといい色♪

 

 

 

購入したエブリカラートリートメント

 

■エブリカラートリートメント
おすすめ度:星5つ星0
価格:1,800(税抜)
内容量:260g
色数:10色(レッド、ブルー、ブラウン、グリーン、グレー、オレンジ、パープル、ピンク、ベージュ、ブラック)

 

★ブラウン

エブリカラートリートメント_ブラウンで染めた画像

★ブラウン+ピンク

エブリカラートリートメント_ブラウンとピンクで染めた画像

 

 

おしゃれ用のカラートリートメントとして有名なんですけど、実は白髪にも使る便利アイテム。
実際に公式サイトにも記載があったりもします。

 

ただ、実用的なカラーは限られるので、色数が多いというのはあんまり関係ありません(汗)
普通に使えるのは、ブラウン、ブラックくらいかな…と。

 

 

 

 

 

カラートリートメントって結局何なの!?基本的な特徴と知っておきたい「髪を染める染料」について

使用したカラートリートメント

 

カラートリートメントをシンプルに表現すると…「普通のトリートメントに染料(髪の外側を着色)を足したモノ」です。

 

お風呂に入るときに使うトリートメントに染料が入っていて、シャンプー後に使うだけで、白髪を染めることができる。
超簡単な白髪ケアができるので人気が出ているわけです。

 

カラーリンスやカラーコンディショナーも、髪を着色する成分はカラートリートメントと同じです。

 

カラートリートメントの基本的な仕組み

 

髪を保護する成分(ボタンエキスやローズマリーなどの植物由来成分)で通常のトリートメントの役割を果たしつつ、塩基性染料、HC染料、天然染料などの染料で髪を着色するという仕組みです。

 

 

カラートリートメントの着色成分は主に3種類

カラートリートメントの着色成分

 

  • 【天然染料】

    紫根(シコン)やクチナシなど、天然の植物から抽出した成分です。
    この染料が使われているカラートリートメントはそれほど多くありません。
    着色の主役というよりも脇役的な感じで色味に多少影響を与えるイメージ。
    人によっては「おまけだよね」と表現する人も。
    ※「ムラサキ根エキス」「ウコン根茎エキス」という感じでボトルに記載されています

  •  

  • 【HC染料】
    分子の小さい染料です。
    キューティクルの隙間から入り込み、髪の内部を着色します。
    と言っても、キューティクルをこじ開ける薬品ではないので安心♪
    隙間に入り込むので髪が傷んでいる(キューティクルが開いている)人ほど染まりやすいと言われています。
    ※HC黄4、HC青2という感じでボトルに記載されています
  •  

  • 【塩基性染料】
    髪の表面を着色する染料です。
    ほぼ全てのカラートリートメントに使用されています。
    着色の主役という感じですね♪
    ※塩基性青99、塩基性茶16という感じでボトルに記載されています。

 

一部例外はありますが、ほとんどのカラートリートメントが、上記3つの染料の組み合わせで、髪が色づくように設計されています。
※カラーリンスやカラーコンディショナーなど、似た名前の商品も、大体この3つのどれかが使われています。

 

1つの染料が使われていれば十分なのか、それとも多ければ多いほど良いのか…
これは一概には言えません。
ただ、「人気のあるカラートリートメントは3つの染料が配合されていることが多い」というのが私の感覚_(・∀・)

 

商品名 詳細
利尻カラートリートメント

【塩基性染料】塩基性青99、塩基性茶16、塩基性赤76、塩基性黄57
【HC染料】HC青2、HC黄4
【天然染料】クチナシエキス、ムラサキ根エキス、ウコン茎根エキス

※参考:ナチュラルブラウン

 

→公式サイトで詳細を確認する

マイナチュレ

【塩基性染料】塩基性茶16、塩基性青99
【HC染料】HC青2、HC黄4、HC黄2
【天然染料】ウコン茎根エキス

※参考:ダークブラウン

 

→公式サイトで詳細を確認する

LPLP(ルプルプ)

【塩基性染料】塩基性青99、塩基性赤76、塩基性茶16
【HC染料】HC青2、HC黄2、HC黄4
【天然染料】クチナシ果実エキス

※参考:ソフトブラック

 

→公式サイトで詳細を確認する

 

特に天然染料が使われている商品は、こだわりの逸品系が多い気がします。
おそらく、塩基性染料やHC染料との相性を研究して、配合量も考慮しているんじゃないかと…。

 

天然染料は、着色に大きな影響を与えないので「おまけみたいなモンだよね〜」という意見もあるようですが、私は、そのちょっとした違いこそが、色の仕上がりの満足感とか、人それぞれの好みに影響するんじゃないかと思っています。

 

どれを使うか迷っている場合は、上記3つの中から選んでみるのも1つの選択肢です♪

 

 

ココだけ乗り越えたい…カラートリートメントのデメリット

・カラートリートメントを使ってみたけど、ちょっと色づいただけ!!
・思うような色に染まらなかった
・すぐに色落ちして白髪が見えてきてしまった


 

このような経験をしたことがある人は結構多いと思います。
私もそうでしたし、巷の口コミを見れば、不満を爆発させている人がたいてい何人かいる…というイメージ_((;゚Д゚)ガクガクブルブル

 

■カラートリートメントのデメリット

  • 染まりが弱い
  • シャンプーの色落ちで、すぐに白髪が目立つようになる
  • 完璧に染めるのが難しい

 

特に、白髪を染めることが初めてじゃない人…美容院で染めたことがある人や、2剤式のヘアカラーを使った経験がある人からすると、「使う意味自体ないんじゃない??」という印象を持たれてしまうようです。

 

なので、「カラートリートメントのデメリットは染まらないことだー」という流れになってしまいがちなのですが、ココは我慢のしどころです。
カラートリートメントは、あくまで化粧品に分類される商品ですし、強い刺激を伴う医薬部外品の2剤式ヘアカラーと比較するのはちょっと違うなーと思います。

 

むしろ、髪にダメージを与えずに、色々な使い方ができるので、重宝するアイテムだという認識が正しいんじゃないかと…。
問題は、自分に合った使い方を把握するのが難しい(超メンドクサイ)ということです。

 

 

ヘアカラートリートメントを使うときは迷うこともあります

カラートリートメントと道具

 

ヘアカラートリートメントに「絶対的な使い方」はありません。
白髪用のカラートリートメントでもオシャレ用でも、各ブランドの公式サイトや商品ボトルには、基本的な使い方が記載されていますが、その通りにやらないとダメってわけじゃないんです。

 

むしろ、「しっかり染めたい場合は放置時間を長くして下さい」とか「乾いた髪にも使えます」なんて感じで、隅っこの方に記載されてて、色々な使い方の説明書きがあります。

 

「私の場合はどうなの?」と思ったところで、答えは使ってみないと分かりません。
慣れれば超簡単に扱うことができるのに、それまでが結構なストレスになるので面倒…これがカラートリートメントのデメリットだと思います。

 

もちろん、使い方の情報収集はできます!色味や使用感の確認に♪

自分に合った方法を見つけると言っても、ゼロから全てを試す必要はありません。
最近は口コミ情報を簡単に見ることができますよね。

 

この商品だと頭皮のかぶれはなく、安全に髪を染めることが出来てよかったです。

しかし、色の乗り具合は若干悪い感じです。
何回か繰り返すことで、綺麗に染まりました。
一回だけではなく二、三回は必要でした利尻カラートリートメント

染まりは良かったのかな。

が、赤すぎた。
染めた部分が逆に目立ったからリピはしない。(LPLPダークブラウン

 

これらを参考にするのも1つの手段。
最初に試した方法がドンピシャでそのまま…というケースもあり得ます♪
※ただし、鵜呑みにするのではなく参考程度にすることが大切です。口コミ情報はその人の白髪の量や目指す所が分からないモノが多いので…。

 

自分に合った1本を見つけるために・カラートリートメントにまつわる疑問

疑問

 

前述したように、カラートリートメントに「絶対的な使い方」はありません。
人によって使い方も違いますし、カラートリートメントに対して持っているイメージも異なります。

 

極端な話、Aさんが感じるメリットが、Bさんにはデメリットになったりするわけです。
自分に合った使い方や色を知るために、今までカラートリートメントを使ってきた経験から、いくつかの疑問をピックアップしてみます。

 

カラートリートメントって毎日使ってもいいの?髪質ケアのレベルはどんな感じ?

品質の良いカラートリートメントが、普通のカラートリートメントの「中の上」といった感じ。
市販の安いトリートメントよりは全然良いと思います。
もちろん、選ぶカラートリートメントによります

 

→ カラートリートメントって痛む?パサパサ白髪が改善したアラフォー女子の体験談

 

黒系のカラートリートメントってどう?重い印象になったりする?

2剤式のヘアカラーのようにズーンと重い印象には絶対になりません。
カラートリートメントで染まり過ぎたという経験をすることはないと思います。
そして、黒系のカラートリートメントは自然な色が多いので、ブラウン系よりも重宝する可能性ありです♪

 

→黒系のカラートリートメントについて詳しく見る

 

よく染まるにはどうすればいい?

色々ありますが、一番重要なのは塗り方だと思っています。
きちんと塗っているつもりでも、実は塗れていない…というケースが結構あるんです。

 

→ カラートリートメントのよく染まる為のチェックポイントを見てみる

 

使い方のコツってあるの?頻度と濡れた髪・乾いた髪に使う関係は?

各ブランドの公式サイトに色々と書かれていますが、それらを参考にするのが◎
ただし、目指すところ(完璧に染めたいのか、少しくらい見えていいのか、部分的に染めたいのか…など)は人によって違うので、使いながら妥協できるポイントを見つけるしかありません。

 

→使い方・頻度・濡れた髪と乾いた髪の仕上がりの違い

 

 

そんなに違いはないと思ってたんスけど…こうやって比較してみると結構違うんスねー


 

難しいところではあるわね。一般的人気や明らかな品質の優劣もあるんだけど、自分の場合はそれと同じか分からないっていう…
まぁ大失敗だけはしないようにして、期待し過ぎず試してみるのがいいんじゃないかしら。


 

ただ、髪に大ダメージとか取り返しのつかない失敗はないから、そこは安心よ!!
後は、大失敗だけはしないようにして、期待し過ぎず試してみるしかないと思うのよ〜


※関連ページ

 

自宅で白髪染め

黒のカラートリートメント活用法-キレイな黒髪を維持する秘訣って?

カラートリートメントの中でも安定して染まる黒。シンプルで失敗しにくいのは確かですが、どれも同じという単純なものでもありませんでした。実際に使ったおすすめを紹介します。



続きを見る

 

カラートリートメントのテクスチャを塗っている場面

カラートリートメントのやり方。よく染まる方法と塗り方のコツ

同じカラートリートメントを使っても仕上がりが違う。ちょっとしたやり方を変えるだけでもっと良く染まるケースがあるのかも。白髪歴20年の経験からカラートリートメントでしっかり染めるためのコツをまとめています。


続きを見る

 

カラートリートメントの使い方説明書

カラートリートメントの使い方と頻度、乾いた髪と濡れた髪の使い分けナビ

カラートリートメントは使い方によって仕上がりが全く変わってきます。どのブランドを使うも重要だけど、それ以前に自分なりの使い方を見つけることも大切です。具体的にどんな使い方があるの?白髪歴20年のアラフォー女子がまとめています。


続きを見る