LPLP

 

株式会社Jコンテンツから販売されているLPLP(ルプルプ)カラートリートメント。カラートリートメントで白髪ケアをするのが主流になる前から販売されている、比較的歴史のある商品です。

 

実際に使ってみて感じるのは品質の高さ。染める力はもちろんのこと「使用後のしっとり感」にも定評がある白髪染めだと思います。

 

ルプルプの印象を簡単にまとめると
  • 染める力は(カラートリートメントの中で)トップクラス
  • 保湿に優れていて仕上がりは「しっとり」
  • 色数は多い方
  • 香りは弱いけど、人によって好みが分かれる

懸念するポイントを挙げるとすれば香りで、弱めではあるけれど好みが分かれるところ。それを除けば染まりや仕上がりは、カラートリートメントの中でもレベルが高いので使ってみて損なしです。

 

昆布のフコイダンを使って髪質を良くしようとしているカラートリートメントは他にもありますが、オリジナル成分のWフコイダンはルプルプだけ。LPLPの公式サイトにも記載されているように、「トリートメント級」の白髪ケアができるヘアカラートリートメントと言っても差し支えありませんです。

 

 

そんなわけで、ここではLPLPヘアカラートリートメントの活用法をまとめてみるです!!


 

\初回は割引価格で試せます♪/

先にLPLPの公式サイトを見てみる

 

 

 

LPLP(ルプルプ)ってどんな白髪染め!?

商品名

LPLP(ルプルプ)カラートリートメント
購入したLPLPのカラートリートメント

初回価格 1本お試し:3,240円 →1,980円(税込)
2本定期便:6,480円 →3,240円(税込)
定期便は購入縛りなし
色数 ダークブラウン、ブラウン、モカブラウン、ソフトブラック
内容量 200g
販売元 株式会社Jコンテンツ

 

LPLPは「基本的に髪の外側だけを染める」タイプの白髪染め。今では色々な会社から販売されている「ヘアカラートリートメント」と呼ばれるタイプの白髪染めです。簡単にいうと、ヘアマニキュアにトリートメント成分を足したようなイメージ。

 

チューブタイプで中身はクリーム状になっています。同じタイプの白髪染めが増えていますが、LPLPのクリームは比較的固め。2017年12月にリニューアルしてからテクスチャーが柔らかくなっています。

 

■程よい柔らかさ
ルプルプのテクスチャー

■髪にも塗りやすい♪
ルプルプを塗った髪の毛

 

美容成分の配合率が94%だったり、紅花・クチナシ・藍などの天然色素が使われていたりと、まぁ見どころは色々とあるのですが…。

 

中でも注目したいのは、遺伝子工学研究で有名な「タカラバイオ」が商品開発に携わっているということです。

 

髪の保湿にこだわったルプルプだけの成分

遺伝子工学と白髪染めが何の関係があるの?と思うかもしれませんが、簡単に言うと、「細胞」とか「分子」とか、成分の細かな部分にまでこだわって商品を開発できているということです。

 

LPLPの保湿成分の魅力

 

業界初という「ルプルプWフコイダン」という技術。ガゴメ昆布に含まれるフコイダン(ヌルヌルした成分)が髪に良いことは有名ですが、LPLPの場合、「高分子なモノ」と「低分子なモノ」に分けて、保湿がしっかりできるように工夫されているんです。

 

実際に使ってみた時の「髪のしっとり感」はLPLPの代名詞。どんなに優しい白髪染めでも、多少なりとも髪へのダメージを覚悟するものですが、LPLPの場合は「むしろ潤いが出てる?」と思うくらいです。

 

そ、そんなにスゴいんスか?


 

まぁ、私みたいに「髪がパサパサ」の場合には重宝するわね。
フニャっとした弱々しい白髪にしっとり成分が浸透していく感じ


 

もちろん、今使っているトリートメントやリンスの質にもよるのですが、市販の商品と比較すると髪質のケアは申し分ないと感じました。髪をすすぐときや、ドライヤーで乾かす時に感じるしっとり感が好き♪

 

まぁ、「白髪だけが気になってるだけで、髪自体はキレイ」という人にはあんまり関係ないかもしれませんが_(>_<。)

 

 

ルプルプの色の違い|各色を比較!!

白髪がどのくらいキレイに染まるかも大切ですが、何色に染めるか…ということも大切。LPLPの場合、比較的色数の多いヘアカラートリートメントなので、良い意味で迷うこともあると思います。

 

そこで、各色の染まり具合をダミーの髪の毛(人毛)を使って比較してみました。
大体のイメージを掴むのに役立てば幸いです<(_ _)>ペコッ

 

 

LPLPの仕上がりと色の違い

■ダークブラウン

LPLPダークブラウン

 

■ソフトブラック

LPLPソフトブラック

■モカブラウン

LPLPモカブラウン

 

■ブラウン

LPLPブラウン

 

4色の詳細は「ダークブラウン」「ブラウン」「モカブラウン」「ソフトブラック」。

 

ルプルプは、暗めというか落ち着いた仕上がりになる色が多いです。明るい仕上がりになるのはブラウンくらいで、あとは落ち着いた印象。
モカブラウンとダークブラウンの違いなんて些細なものですが、この辺の違いにこだわりたい場合にはおすすめです♪

 

■ルプルプ公式サイトの色味

LPLPの公式サイトの色味

 

公式サイトの色味を確認すると、ダークブラウンは「赤みのある落ち着いた色」と記載されています。ただ、実際に使ってみると、そんなに赤くはないです。色落ちしてくると、(他ブランドに比べ)赤みが目立つ印象はあるので、赤みを抑えたい場合にはモカブラウンの方がオススメです。

 

矢印

 

テクスチャーのイメージと色違い

こちらは、A4のプリント用紙にテクスチャーを塗った画像です。
大体のイメージを把握するのに役立つのではないかと…。
ダークブラウンが他ブランドに比べるとちょっと赤みが強い印象です。

 

■ダークブラウン

LPLPダークブラウン

 

■ソフトブラック

LPLPソフトブラック

■モカブラウン

LPLPモカブラウン

 

■ブラウン

LPLPブラウン

 

ダークブラウンは、そんなに赤くない気がするんスけど…


 

ダークブラウンって、他ブランドだとブラックに近いケースがあるからねぇ。
そのイメージを持って使ってみると、ものすごく赤く感じちゃうんじゃないかしら…。
口コミでも、赤みが強くてびっくりしている人がいたし…


 

色選びの参考
  • モカブラウン…茶色系にしたいけど赤みは抑えたい人向け
  • ダークブラウン…茶色系で、ちょっと赤みが欲しい人向け
  • ソフトブラック…とにかく無難に落ち着いた色がいい人向け
  • ブラウン…明るいというより赤みが強い方がいい人向け

 

ルプルプの使い方って!?

LPLPの使い方

 

LPLPの使い方については、公式サイトで詳しい説明がされています。注目したいのは『乾いた髪に使うことが推奨されている』こと。

 

一般的な傾向として、カラートリートメントは「お風呂に入ってシャンプーをした後に使う」商品が増えています。販売期間の長いブランドも、その流れに乗って使い方説明を変えたりしているのですが、ルプルプは昔から乾いた髪推奨。

 

もちろん、必ずしもそれに従う必要はなく、自分好みにアレンジすることは可能です。まずは、基本的な使い方から…。

 

LPLPの基本的な使い方

 

特に白髪の量が多い場合には、最初に3日間連続で使用することが推奨されています。これはヘアカラートリートメントの特徴とも言えること。1回の染色では、どうしても色が入りきらないので、最初だけ連続で使って色素を髪に馴染ませようよ…ということですね。

 

これ…1回使ったけだとどうなるんスか?


 

ルプルプで乾いた髪に使う場合は、1回でもある程度染まるわよ。
ただ、やっぱり染まりきらないところがあるから、最初は3回使った方がいいって感じ。

 

別に、完璧に白髪を隠さなくていい場合や、白髪の量が少ない場合には、1回でもある程度満足する仕上がりになるからアレンジ可能。


 

白髪にある程度色が入れば、週に1、2回の使用でキレイな髪の毛を維持することができます。永久染毛剤と言われる市販のヘアカラーと比べると使用頻度は高くなり、髪へのダメージが心配になるかもしれませんが全然だいじょうぶ。

 

1回の白髪染めの負担が少ないので気にする必要はありません(永久染毛剤を使った経験があるなら、その差にビックリするはず…)

 

【参考】ルプルプの使い方・塗り方のコツ-ギラギラ白髪をシャットアウトするための使用方法

 

ルプルプをサポート役にまわすという選択肢も

ルプルプをサポート役にまわす生活パターン

 

美容院で白髪染めをしている場合、生え際の白髪が気になるケースは多いです。全体的には、それほど白髪が気にならないけど、伸びてきた箇所の白髪だけ気になる。でも、そのためだけに美容院に行くのはちょっと…というケース。

 

こんな時にも、LPLPは役立ちます。市販の白髪染めと違い、良い意味で染める力が弱いので、部分染めをしても『大失敗』という結果になりにくい。こうすることによって、美容院で染める回数を減らすこともできます。部分染め用の白髪染めとして活用するのもアリ♪

 

まぁ、後半は個人の勝手な見解になってしまいましたが…。白髪染めに求めることは人それぞれ。自分の生活パターンに合う活用方法があれば、試してみて下さい。

 

ルプルプの使用前後の写真|実際に使ってみた体験談!!

 

ルプルプを使う前とルプルプを使った後の比較

 

LPLPの基本的な使い方は前途の通りですが、自分なりにアレンジを加えることも可能です。上の写真は、LPLPを髪全体に1回だけ使った時のモノ。
白髪の量が多いこともあり、ポツポツと白髪が見え隠れする状態ですが、私は3日連続で使いませんでした(今見るとこの時は染めるのヘタクソですな)

 

突然、髪の毛が真っ黒になるのもアレだし、髪の状態も含めて様子を見たかったという理由です。そして、それからは3日置きに2回使って、後は週1で染めるという感じです。その後は、色々な使い方を試してみて、もう実験みたいな感じ…( ̄∇ ̄*)ゞテヘ

 

矢印

 

(数ヶ月後…)使い慣れてくると自然に染まった状態をキープ♪

LPLP白髪染め軽染め実施の前後写真

 

使い慣れてくると写真くらいの状態をキープできます(最初の写真からかなり経ってから撮影)。ただ、慣れてくるがゆえに雑になる可能性も…(これは人間性の問題)

 

このときはダークブラウンを中心に使ってましたが、間違えてブラックを使うときもあったりで結構めちゃくちゃ_(・_・;)

 

ただ、最初の写真の白髪の量から考えると、それなりの質をキープできていると思います。「1回の白髪染め」で判断するというよりは、徐々に自然に染めていくことができるというのが魅力ですな_φ(・ω・ )フムフム

 

 

実際に髪の毛に使用すると|LPLP モカブラウンを使用/25分放置

LPLPモカブラウン使用前後の写真

 

モカブラウンを使うとこんな感じです。染める前の色も影響するので一概にこうなるとは限りませんが参考にして頂ければと…。LPLPの特徴として個人的に感じていることは落ち着いた仕上がりになるということ

 

同じダークブラウンでも、明るく染まったり赤く染まったりするものもあります。LPLPの場合、もう1つ明るい「ブラウン」があるのでダークブラウンは落ち着いた感じに。なので、いかにも「染めましたー!!」という感じになりにくいです。

 

初回の割引も魅力的です♪

 

 

ルプルプの販売店と最安値|お試しに適した購入方法をチェック!!

LPLPの公式サイトの割引情報

 

LPLP(ルプルプ)のヘアカラートリートメントを初めて使う場合は、公式サイトからの購入が断然オトクです。全額返金保証が付いている上に、39%オフの1,980円で購入することができます。

 

amazonや楽天などの大手通販ショップで取り扱いはありますが、定価の3,240円からちょっと安くなる程度。ルプルプを使ったことがあって、使用感が既に分かっている場合は、5本セットなどのまとめ買いを活用するのもありですが、初めての場合は「返金保証付き+割引」がオススメ♪

 

ちなみに、公式サイトでも2本定期便セットがあって、こちらも初回は割引。2本で3,240円(1本1,620円計算)で試すことができます

 

\おトクに購入する場合はコチラ♪/

LPLPの公式サイトを確認する

 

 

LPLP(ルプルプ)カラートリートメントの口コミってどんな感じ?

LPLPの口コミってどんな感じ?

 

LPLPヘアカラートリートメントは、販売が開始されてから結構な時間が経っているので口コミ情報もたくさん。楽天やamazon、アットコスメなど数百件単位で口コミを見つけることができます。

 

たくさんの人が使っているので、良い口コミもあれば悪い口コミもあります。そんな中で傾向を挙げるとすれば以下のような感じ。

 

ルプルプの口コミ傾向
  • 染まり具合と使い心地(使用後の髪質)の2つの指標で評価している人が多い
  • カラートリートメントの特徴を掴んでいる人には概ね好評
  • 他種類の白髪染め(ヘアカラーやヘアマニキュアなど)の使用も考えている人には微妙な評価
  • 香りの評価はホントに色々

 

人によって参考になる口コミと参考にならない口コミがあるってことっスか?


 

そうね…カラートリートメントとしての評判は良いんだけど、他の白髪染めも考えてる人からは評価が低かったりするかなぁ。カラートリートメントとして「染まりは良い」とは思うんだけど、2剤式のヘアカラーよりは染める力は弱いし…。

 

普段は2剤式を使ってて、「染まりがいいよ〜」というルプルプの評判を聞いて使ってみたらガッカリ…みたいなパターンは多いかも。
逆に、色んなカラートリートメントを使っている人の口コミは高評価って感じかな。


 

ルプルプの口コミ例

実際にどんな口コミがあるのか、いくつか紹介します。
単純に「良い・悪い」で評価しているというよりも、ここは気に入っているけどココはもう少し改善して欲しい…みたいな感じで、良いところと悪いところを書いている人の口コミを探してみました。

 

刺激性のあるもの、匂いの強いものが苦手で、いろいろなヘアカラートリートメントを試してきました。

刺激はほとんど感じることなく、匂いもおだやか。髪にツヤも出て、今のところはこの商品が一番です。
ただ持続性がやや劣るので必然的に使用回数が増えます。なので価格がもう少しお手頃ならばと思います。

参照元:楽天

痒みがなく助かっています

40代より白髪が目立ち自宅で白髪染めをしていましたが、50代になり急に頭が痒くなりアレルギーを起こすようになり困っていたところにLPLPをみつけ大変、助かっています。
今のところ、痒みもなく思ったよりも染まった感じです。
少し匂いが気になりますが、髪もつやつや、染も簡単です。

(参照元:楽天

乾癬による頭皮トラブルがあり、ダメージの少なそうなこちらの商品を購入。

使い勝手、染まりはあまりよくありませんが、予想通りという感じです。
刺激は感じません。
「白髪がある程度目立たなければ良い」「面倒でも刺激のないものを」という方にはおすすめ!
髪につやが出てきました。
しばらくはこちらの商品を愛用するつもりです。

(参照元:楽天

 

髪質という意味での使用感で「ツヤツヤになった」「しっとりした」という口コミは結構多いです。
また、頭皮トラブルに不安を感じている人が使って大丈夫だったという口コミも…。

 

【参考】LPLP(ルプルプ)の口コミ評判レポ:色や使い方・仕上がりの感想をチェック

 

 

ルプルプのQ&A

放置時間はどれくらいがベスト?

実際に使った感覚から言うと30分がベストだと思っています。
公式サイトでは「通常10分」「しっかり染めたい場合は20〜30分」とありますが、10分だとちょっと染まりが弱い印象。

 

かと言って、1時間も2時間も放置すると頭皮がちょっと心配。(そのくらいの放置時間で使っている人もいるようですが…)


 

ルプルプは1本で何回くらい使えるの?

目安としてはショートで6回分、セミロングで4回分です(公式サイト調べ)
ただ、白髪の量や使い方によって変わってくるので一概には言えません。

 

私の場合(ショート)は、乾いた髪と濡れた髪への使用をごちゃごちゃにするので、月1本で何とか…という感じです。


 

市販の店舗では販売されてないの?

東急ハンズやLoftでは取り扱いがあります。
ただ、ドラッグストアでは取り扱いがないので、「近所で買えて便利」という商品ではありません。あと、市販で購入する場合はガッツリ定価(3,240円)になります_(ToT)

 

【参考】ルプルプの販売店調査-市販と通販の取扱店舗をご紹介♪


 

カラートリートメントの種類は日に日に増えていますが、髪質にまでこだわったものは、それほど多くありません。初回は割引が適用されるので、そんなにコスパは悪くないし…。今の白髪ケアをちょっと変えてみよっかなぁ…という場合には、試す価値ありです♪

 

初回は39%オフで一番おトク♪

ルプルプの公式サイト

※関連ページ

 

実際に使ってみたプリオール白髪染め

【プリオール白髪染めってこんな感じ♪】カラーコンディショナーの魅力と効果的な使い方

プリオールの白髪染めは、他の白髪染めと似ているようで違う特徴があります。カラーコンディショナーってどんなもの?乾いた髪にも使えるの?購入前に知っておきたい特徴と、資生堂のこだわり、実際の使用感についてまとめています。

続きを見る

 

購入したラサーナのヘアカラートリートメント

ラサーナのヘアカラートリートメントを使用!! 染まり具合・使用前後の写真レポート

ラサーナヘアーカラートリートメントは、広島に拠点を置く株式会社ヤマサキが販売している白髪染め。この会社は白髪染めだけではなく、シャンプーやトリートメント、ヘアミストなど、ヘアケア用品を総合的に扱っています。なので、髪の毛に関する知識や技術は…


続きを見る

 

購入した利尻の白髪染め

利尻ヘアカラートリートメントってどう?染まり具合やお得な購入法・実際に使ってみた感想、安全性などを検証中

パラベン、シリコン、ジアミン系色素、酸化剤不使用の完全無添加!!自社工場の徹底した品質管理のもと製造されたカラートリートメントで「安心」して白髪を染める!!「ヘアカラートリートメントの元祖」とも言える…


続きを見る

 

ヘアカラートリートメントの比較

おすすめヘアカラートリートメント図鑑♪11ブランド24色の中から自分色を見つける♪

どうすればヘアカラートリートメントで白髪をキレイに染められる?白髪歴20年以上のアラフォー女子が徹底分析。ダメージが少ない反面、色々な使い方があって迷うヘアカラートリートメントのおすすめリストを作成しました。


続きを見る