エブリカラートリートメントは白髪にも使える?口コミと実際に購入して分かったオススメの使い方

購入したエブリカラートリートメント

 

ねーさん…今回はアンナドンナから販売されている「エブリカラートリートメント」にスポットをあててみるです。なんと色数全9色という、他のメーカーでは考えられないバリエーションなんですが、白髪を隠すという点ではどーなんスか?


 

うーん。正直、白髪に使うとなると「使える色」と「使えない色」があると言っていいんじゃないかしら。ブリーチで髪の色を明るくしてる人向けという気がしないでもないわね。


 

確かに、サンプル写真を見てみると若い女性が中心って感じですな。白髪に色を付けるというよりも、皆さん全体的に色づいてますし…。

 

エブリカラートリートメントの色別イメージ写真


 

あっ、でも白髪のある人が使ったサンプル写真も紹介されてるわよ?白髪には向かないというよりも、使いこなすのが難しいという感じね。

 

エブリカラートリートメントの白髪に使った色別写真


 

3色…もしくは4色あれば「色数豊富」とされるヘアカラートリートメントの中で、全9色というバリエーションを持っているのはスゴい。楽天のカラートリートメント部門でも、かなりの人気を誇っています(ランキングでも1位)

 

ただ、私のような「白髪が多い人間」にとって、実用性があるのかというと…ちょっと「?」な部分があるのも事実です。というのも、9色の中には派手な色もあって「これ…使えないんじゃね?」と思うモノもあるんです。

 

口コミを見てみても、元々ブリーチで髪を明るくしている人が、トーンを落ち着かせるために使っているような印象。美容院でブリーチして髪の色を明るくして、その退色防止として使っている人の口コミが多いんです。

 

そんな中で、白髪を隠す目的でどのくらい使えるのか…。実際に購入して使ってみた感想をレビューしてみたいと思います。

 

 

エブリカラートリートメントの使い方はどんな感じ?

エブリカラートリートメントの使い方

 

グレーやブルー・ピンクなど、奇抜な色が揃っているエブリのカラートリートメントですが、基本的な使い方は、他ブランドのカラートリートメントと変わりません。

 

推奨されている使い方は「シャンプー後のトリートメントの代わりとして使う」という方法。染料を塗った後の放置時間は5分で、普通のトリートメントを使う必要はなくなります(ただし、シャンプー後にタオルで軽く水気をとった方が良いです)。

 

で、シャンプー前の乾いた髪に使う方法は「染まりを良くする方法」として紹介されています。この場合の放置時間は10分。その後、シャンプーをするという具合です。まぁ実際にはもう少し長めに放置しても大丈夫です。口コミでも、30分くらい放置したという人もいるようですし…。

 

■エブリカラートリートメントの基本的な使い方

  • 濡れた髪に使用:シャンプー後に塗布。放置時間は5分目安
  • 乾いた髪に使用:シャンプー前に塗布。10分放置。その後シャンプー

 

あれ…使い方は思ったよりも普通っスね


 

そうね。個性的な色があるから使うの難しいって思いがちなんだけど…。エブリカラートリートメントの場合、難しいのは使い方じゃなくて「混ぜる割合」だと思うのよねー


 

エブリカラートリートメント|混ぜるのってアリなの?

エブリカラートリートメントの染料|グレーとブルーを混ぜた写真

 

色数豊富なエブリカラートリートメントは混ぜて使うことも可能です。ただし、どんな色になるのかハッキリとしたイメージを掴むことができないので、仕上がりについては自己責任ってことになります_(°_°)

 

どれとどれを混ぜるといいか…。これについては口コミを参考にするという方法もあります。

 

■口コミで見つけた混ぜ方色々

【グレー90%+パーブル5%+ブルー5%】

  • 黄色っぽさを消すときにおすすめ
  • パープルを入れることによってくすみグレーの良さが活きる

 

【グレー95%+ブルー5%】

  • 黄色みがない場合に最適
  • ブラウンを少し入れることによってグレージュのような色にも

 

【グレー+ブルー or グレー+ブラウン】

  • グレー+ブルーがいい感じだけど、たまに失敗して汚い色に
  • そこでグレー+ブラウンにすると結構いい感じになった

 

【その他口コミからの活用法】

  • 赤味が目立ってきたのでグレーでトーンダウン
  • 美容院でブルージュにして、そのサポートとしてブルーを使う
  • ブラウン1に対しブルー2の割合でブリーチした髪の毛に…

 

色々なパターンがあるんスねー。じゃぁ、こんな感じの口コミを探せば完璧ってことっスか?


 

うーん。口コミは「あ、こんな使い方もあるんだー」って参考にはなるんだけど、染める前の色が人によって違うから、同じ仕上がりになるとは言えないのよねー。

 

■口コミの問題点

  • 仕上がり写真がない場合が多い
  • 染める前の髪が何色なのか不明
  • ブリーチをしている人の口コミが多いから、白髪を染めるときの参考にならない場合がある


 

これはもうやってみるしかないってことですな


 

まぁ、一応仕上がりの目安は公式サイトに掲載されてるんだけどね


 

色数豊富なエブリカラートリートメントの組み合わせ

エブリカラートリートメントの組み合わせについては、公式サイトに参考例が掲載されています。前述したような混ぜる使い方ではなく、「単色で使って、その後に別の色を使った場合の色味」という感じです。

 

エブリカラートリートメントの仕上がりイメージ

 

助かるのは、明るい色に使用した場合と白髪に使った場合の仕上がりを両方確認できることです。組み合わせとしては8種類掲載されているので、自分の好みの色が見つかるかもです♪

 

▼公式サイトの組み合わせ一覧

エブリカラートリートメント|公式サイトに掲載されている組み合わせ

 

確かに斬新な組み合わせが多いっスねぇ


 

まぁ、単色でも個性的な色が多いからねぇ。職場の規則とか厳しいんだったら無難な色を試してみた方がいいかも


 

 

エブリカラートリートメントで毛束を染めた前後写真

 

「エブリカラートリートメントは奇抜な色ばかり」というイメージが先行しているかもしれませんが、ブラウンやグレーや比較的落ち着いた仕上がりになります。失敗したくない場合はこの辺から試してみるのがいいかも。

 

矢印

 

エブリカラートリートメント|ブラウンの上からピンクを使ってみた画像

 

で、そこからさらにピンクを使った写真。ピンクが目立ちすぎずにいい感じになりました。ただ、実際に白髪を隠す場合には、黒髪と白髪が混ざった状態で使うので、同じ仕上がりになるのかは微妙。自分の髪に使うのはちょっと躊躇するかもです。

 

 

口コミにあるような、ブリーチで真っ白になった髪に使うのと白髪混じりの髪に使うのは事情が変わってくるのよねぇ


 

白髪に使った人の情報が必要ってことっスね


 

 

黒髪に使うとどうなる?ヘアカラーとの違いと注意点

エブリカラートリートメントが、他メーカーではできない「オシャレな髪色」を楽しむ個性的なモノであるのは確かです。ただ、白髪に使うときには注意しなければならないことがあります。

 

エブリカラートリートメント|ピンクで染めたヘア

 

あくまでカラートリートメントなので、元の髪に差異があれば、染めた後の髪色も統一されないということ。上の画像を見れば分かりやすいのですが、色のついていない髪の毛はピンクに染まっていますが、ブラウンの部分はそのままです。

 

これがドラッグストアで売られている「2剤式のヘアカラー」との違い。ヘアカラーの場合は、髪の色を抜く薬剤が使われているので、使用後の色も統一されます(と言っても、市販のヘアカラーでもピンクってあまりないですが…)

 

ピンクやグレー、ブルーなどの奇抜な色は、あくまで色のついていない髪に使った仕上がりイメージであり、白髪じゃない部分に使っても意味はありません。(ブリーチした人が使った口コミが多いのも、これが影響しているんだと思います)

 

そういうわけで、白髪と黒髪が混在している場合には、色選びに注意が必要。もちろん、ハイライトみたいにあえて違いをつけたい場合には有効かもしれません。

 

 

エブリカラートリートメント|Pink(ピンク)

エブリカラートリートメント|ピンクの画像

 

白髪染めだとどうしても暗めの仕上りになってしまう…。そんな時に活躍するのがピンク。自分で染めるというよりは、美容院で染めてもらってそのフォローとして使う人が多いようです。ちなみに、美容院で染めてもらっても、すぐに色が落ちちゃう…という口コミが多いのがピンク。上手く染めるにはそれなりのスキルが必要なのかもしれません。エブリカラートリートメントのピンクも、美容院だとすぐに色が落ちるから、その間のメンテナンス用に使っているという口コミが結構ありました。

 

 

エブリカラートリートメント|Blue(ブルー)

エブリカラートリートメント|ブルーの画像

 

「髪の毛を青にするの?」なんて思ってしまいがちですが、髪色をトーンダウンするときに役立つ色です。ただし、ブラウンなど黄色っぽい髪の毛に使ってしまうと緑っぽくなってしまうので注意が必要。エブリカラートリートメントの口コミでは、ブリーチをして髪の色を抜いた人が「くすみ」を得るために使っているという人がいましたー。

 

 

エブリカラートリートメント|Brown(ブラウン)

エブリカラートリートメント|ブラウンの画像

 

エブリカラートリートメントの中では、他商品と唯一比較できるカラーだと思います_(^_^)
仕上りの色を気にせずにそのままたっぷり使える色。下記に仕上り画像をアップしていますが、赤くなり過ぎず「適度な焦げ茶感」があっていい感じです♪

 

 

エブリカラートリートメント|Gray(グレー)

エブリカラートリートメント|グレーの画像

 

ギラギラした白髪を落ち着かせるのに適した色です。白髪の量が多いのであれば、ぼかし的な感覚で使うことも可能で、使い方も色々。ブルーと混ぜたり、赤味が目立ってきたときの退色防止にも役立ちます。

 

 

エブリカラートリートメント|Red(レッド)

エブリカラートリートメント|レッドの画像

 

購入はしたものの、使い方がわからず一度も使っていないのがレッド…(T_T)
恐らく、私のようなオバちゃんが使う場合は、上手く染めないと変になる予感がします…(o_o)
白髪の量が少ないなら、ほんのり赤味がかって良いのかもしれませんが…。

 

その他の「グリーン」「オレンジ」「パープル」は、まだ購入していません。時期を見て購入してみようか迷っていますが、使い方が難しいだけに今後の予定は未定でございます_<(_ _)>ペコッ

 

 

エブリカラートリートメントの購入方法|まずはミニボトルから

購入したエブリカラートリートメント

 

どんな白髪染めを使うにしても、イメージと違うというのは避けたいもの。「1回しか使ってなくて洗面所にずっとある」なんてシャレになりません。そんなわけで、個性の強いエブリのからカラートリートメントを使うときには、ミニボトルから試してみることをオススメします。

 

■エブリカラートリートメントのサイズ

  • ミニサイズ…内容量:50g/463円(税込み500円)
  • レギュラーサイズ…内容量:180g/1,400円(税込み1,512円)
  • ラージサイズ…内容量:260g/1,800円(税込み1,944円)

※店舗によっては安売りしている場合もあります

 

色数が多いだけにお気に入りの色を見つけるまではミニボトルから試した方が無難。50gと少ないながらも400円台で購入できるのは魅力的です。返品することができれば大きいサイズでも良いとは思うんですけどねぇ〜。

 

どのお店がお得に購入できる?|ちょっと複雑な購入情報比較

全9色と色数が多いことも影響して、エブリカラートリートメントの購入方法はちょっと複雑です。というのは、全色売ってなかったり、セット商品があったり、ミニボトルの送料がかかる・かからないがあったり…。色々と迷う要素が多いのです。

 

通販で購入するなら、公式サイト、楽天、Amazon。また、ドラッグストアで取扱があるお店もあるようです(口コミ情報だけの確認…私は見たことがありません)

 

楽天市場

楽天市場に登録しているなら、一番手間なく買えるのではないかと思います。50gのミニサイズなら、2本セットで送料無料(メール便)になったりと、余計な費用を抑えることもできます。

 

ただ、全9色のうちオレンジだけがなかったりと、いつも全色を取り扱っているかは微妙なところです(ほぼ全ての色を注文できるのですが、稀に抜けている色があります。時期によって取り扱う色が変わるのかは不明です)。レギュラーサイズを1本だけ購入する時には送料が540円だったり580円だったり、ショップによって変わってくる模様。

 

エブリカラートリートメント公式サイト

エブリカラートリートメントの公式サイトから購入する場合には、会員登録をする・しないに関係なく、送付先などの情報を登録しなければならないので、ちょっと面倒。ちなみに、楽天では無料のミニサイズ2本セットメール便も送料が200円かかってしまいます。

 

ただ、公式サイトなので全9色を購入可能。お気に入りの色がなかなか見つからなかったり、ずっと使う予定という場合には良いかもしれません。

 

Amazon

Amazonでも購入することが可能です。ただ、色数が少ない(何色を取り扱っているかもハッキリしません。定価よりも安くなっていることがあるので、Amazonプライムを使っていて送料無料で購入できる場合には、お得に購入できるかもしれません。

 

 

エブリカラートリートメントのまとめ

購入したエブリカラートリートメント

 

「個性」という点では飛び抜けていますが、その反面「使いこなすのが難しい」という特徴を持っているエブリカラートリートメント。特に、白髪まじりの髪に使う場合には仕上がりが想像しにくいというのがやっかいなポイントです。

 

もう白髪をずっと染めていて、新しい色を試してみたいとか、職場で髪の色の制限がない…などの場合には良いかもしれません。そのまま使うことのできる色が少ないので、失敗したらまずい…という場合には無難な商品を使う方がいいのかもしれません。

 

最近は、カラートリートメントも色々な商品が登場しているので、迷うことなく使える一本が見つかるかもしれません。

 

 

 

※関連ページ

 

購入したマイナチュレカラートリートメント

マイナチュレのカラートリートメントってどうなの?実際の染まり具合と使用感を徹底レポ

マイナチュレから販売された新作カラートリートメントの使い心地を徹底レポ。他商品との違いや、ブラウンとダークブラウンのそれぞれの染まり具合、お得な購入方法などをまとめています。


続きを見る

 

花王の白髪用髪色サーバー

リライズ-花王の白髪用髪色サーバーってこんな感じ|口コミと実際に使ってみた比較

花王から販売されている白髪用髪色サーバー「リライズ」ちょっと変わった面影を残す白髪染めですが、巷の口コミを見てみると結構ユニーク。実際にどんな感じなのか使ってみました。


続きを見る


 

DHC Q10プレミアムカラートリートメント

DHC Q10プレミアムカラートリートメントの使い心地レポート|染毛力や各色の違いについて

DHCのQ10 プレミアムカラートリートメントを徹底レポート。ライトブラウンの使い勝手は?黒染めに向いてる?など、各色の染まり具合や配合成分を踏まえて、その使い心地をまとめています。



続きを見る


 

ヘアカラートリートメントの比較

おすすめヘアカラートリートメント図鑑♪11ブランド24色の中で自分色を見つける♪

どうすればヘアカラートリートメントで白髪をキレイに染められる?白髪歴20年以上のアラフォー女子が徹底分析。ダメージが少ない反面、色々な使い方があって迷うヘアカラートリートメントのおすすめリストを作成しました。


続きを見る