黒のカラートリートメント活用法-キレイな黒髪を維持する秘訣って?

黒染めのテクスチャ

 

「髪を黒く染める」と言っても、その仕上がりは様々。染める前の髪色や使うアイテムによって印象が全く変わってきます。

 

そして、数ある白髪染めの中で「自然に髪にダメージを与えずに黒髪にする」のに最適なのがカラートリートメント。白髪や茶髪を、「いかにも前日に染めたような真っ黒」ではなく「自然な黒髪」にすることができるんです。

 

でも、黒ってシンプルな色っスよね?
ブラウンみたいに色々あるわけじゃないし…
どれでも同じなんじゃないスか?


 

いやいや…実際に使ってみるとそれが違うのよ。ブランドによっても違うし、使い方によっても違うし…


 

▼同じブラックでも仕上がりは変わってきます

利尻ブラック LPLPソフトブラック POLAブラック プリオールブラック

利尻カラートリートメント。ブラック

LPLPカラートリートメント。ソフトブラック

POLAブラックの画像

プリオールブラック

 

黒なんて個性がない、どれを使っても同じと思われがちですが、実際に使ってみるとその違いにビックリします。

 

はてさて自分が使うべきカラートリートメントは?基本的な使い方はもちろん、状況やシチュエーション別に、頻度ややり方についてもまとめてみたいと思います。

 

 

■目次/Contents

 

 

黒染めするときにカラートリートメントを使うメリット

白髪を隠したいときでも、髪のトーンを暗くしたいときでもカラートリートメントは大活躍。巷の口コミでは「染まりが悪い」という人もいるようですが、個人的にはイチ押しの黒染めアイテムだと感じています。その理由は以下の2つ。

 

■黒染めにカラートリートメントがおすすめの理由

  • 染まりすぎないので大失敗しない
  • 髪へのダメージがほぼゼロ
  • コスパが抜群!!

 

 

どんな黒染めアイテムを使ってもイメージ通りにならないことはあります。その時にちょっとだけ修正できるのがカラートリートメントの良いところ。一発勝負ではないので気軽に使うことができるわけです。

 

2剤式のヘアカラーとの比較

2剤式ヘアカラーの泡

▲2剤式のヘアカラー-ドラッグストアなどで主流です

 

染まりという点では抜群だけど、ダメージが気になる2剤式のヘアカラー。医薬部外品に分類され、薬剤を使っているので髪へのダメージが心配されるヘアカラーと言えます。

 

ブラウン系の明るい色ほど脱色剤が使われていないので、ダメージは少なくて済みますがそれでも髪は傷みます。ただ、2剤式のヘアカラーで黒染めをする場合は別の問題が…。

 

それは「ズーンと重い黒髪」になる可能性です。白髪がなくなってる、茶髪から黒くなってるという変化よりも、不自然さが前面に出てくる仕上がりです。使い方をきちんとすれば問題ないのかもしれませんが、失敗すれば戻すのは難しいです。

 

それを考えると、カラートリートメントで手軽に染める方がおすすめです。

 

黒のカラートリートメント-使う前の3つのチェックポイント

チェックポイント

 

カラートリートメントは、2剤式のヘアカラーとは違い薬剤を使っておらず、髪の表面だけを着色するものです。ただ、キューティクルの隙間に染料が入り込むように設計された商品もあって、単純に髪の表面だけを着色するヘアマニュキュアとも違ったりします。

 

使い勝手の良い白髪染めと言えますが、使ってみるまではコツを掴むのが難しい部分もあります。そんなわけで、チェックしておきたいポイントをまとめてみます。

 

カラートリートメントの黒染めは1日で完成しません

カラートリートメントの使い方-色の入り具合

 

良くも悪くもカラートリートメントは染める力が弱い白髪染めです。なので、1回使って完璧に染まるわけではありません。就職活動・面接など、黒髪にしたい「特定の日」がある場合、前日だけ使っても中途半端になるので注意が必要です。

 

※とは言え、全く変わらないわけではなく乾いた髪に使えばかなり変わります。あくまで色の定着を前提にした場合の話です。

 

ブラウンの上からでも使える

黒はとても暗い色(無彩色・明度0)なので、色の混ざり具合をあまり考える必要がなく、カラートリートメントの中では比較的使いやすい色です。

カラートリートメントの色の変化

 

どんなに奇抜な色にしていても、たくさんの白髪がある状態でも慣れてなくても何とかなりやすいです。他の色の場合、色が十分に定着していない状態だと、色が変に混ざって変に目立つことがありますが、黒はそんな風になりにくいです。

 

乾いた髪と濡れた髪-完成をイメージして使い方を調整

カラートリートメントには2つの使い方があります。乾いた髪に使う場合と濡れた髪に使う場合。各ブランドで使い方の説明は違いますが、大体の商品が濡れた髪・乾いた髪の両方に使えます。

 

  • 乾いた髪に使う:染料を塗る→洗う→シャンプー
  • 濡れた髪に使う:シャンプー→染料を塗る→流す

 

乾いた髪に使った方が(面倒ではありますが)色の入りが良いです。前述したような就活などで早く染めたい場合は乾いた髪に使う方が良いです。

 

濡れた髪に使う場合は、染まりは弱いですがお風呂で簡単に使うことができます。ゆっくりで良い場合、もしくは乾いた髪に使って色が定着した後の使い方としておすすめです。

 

ただし、1回使っても完全に黒にはならないので黒くしたい場合は注意が必要です。以下は、茶色い髪に黒のカラートリートメントを濡れた髪に1回使用した写真。

 

茶髪に黒のカラートリートメントを濡れた髪で1回使用

▲茶色を帯びた髪の毛に黒(濡れた髪)に使用

 

黒と言えども、濡れた髪で使うと染まり具合は十分ではありません。乾いた髪に使う場合はそれなりに染まるので、自分の目的にあった使い方をすることが大切です。

 

人気はどれ?黒のカラートリートメントおすすめリスト

【チェック!!】見逃しがちなポイントって?

シンプルな黒のカラートリートメント。どれを使ってみようか迷っているとき、比較するポイントは色と価格くらいしか思いつかないかもしれません。しかし、実際に使ってみると色々考えさせられます。特に気になるのは香りだと思います。それも踏まえて黒のカラートリートメントおすすめを紹介します。


 

※写真は乾いた髪に色が入った状態を前提にしています

利尻カラートリートメント-老若男女が使える王道の逸品

利尻カラートリートメントのボトルと染まり具合

 

市販購入可 男女共用 香り:無 初回割引

 

内容量:200g
価格:3,000円前後
【WEB限定】初回1,000円割引の2,000円(税抜)で購入可能

 

累計販売数1900万本を突破した王道のカラートリートメントです。黒髪にしたい場合にはブラックを選択。市販の購入も可能ですが、WEB限定で初回1,000円割引で購入できるのでお得♪
何よりも無臭なので、仕上がり後のニオイを心配する必要がありません。失敗を避けるならオススメ!!

 

公式サイトで詳細を確認する

 

 

LPLPカラートリートメント-少し茶色っぽい自然な黒

LPLPカラートリートメントのボトルと染まり具合

 

男女共用 香り:弱 初回割引

 

内容量:200g
価格:3,240円(税込)
初回39%OFFの1,980円(税込)で購入可能

 

タレントの武田久美子さんも愛用しているという保湿に定評のあるカラートリートメント。黒髪にしたい場合はソフトブラックを選択。香りは弱め…エッセンシャルオイルが使われておりケミカルな感じはありません(男性も使えるレベル)。

 

公式サイトで詳細を確認する

 

 

WELLATON(ウエラトーン)カラートリートメント

ウエラトーンカラートリートメントのボトルと染まり具合

 

市販購入可 女性向け 香り:強

 

内容量:200g
価格:2,300円前後(市販商品のため店舗によって差異あり)

 

イオンなどの市販の店舗でも目にするウエラトーンのカラートリートメント。2剤式のヘアカラーで有名なブランドですが、カラートリートメントも取り扱っています。色は普通に黒くすることはできますが、香料が使われているため香りはかなり強め。髪に香りも残るため男性には厳しいかもです

 

 

黒のカラートリートメントは活用幅が広い

複数の選択肢

 

カラートリートメントには大きく分けて白髪用とオシャレ用があります。白髪用は文字通り白髪を隠すためのもので黒やブラウン系。オシャレ用は脱色した髪に使うものでピンクやブルー、パープルなど色幅がさらに広くなります。

 

つまり、黒があるのは(恐らく)白髪用だけなのですが、何を白髪を隠すだけに使う必要はありません。白髪を隠すのはもちろん、就職活動やビジネスで髪を黒くするときにも使えます。

 

染まり具合も考慮して頻度を含めた活用法をいくつかピックアップしてみます。

 

就職活動やビジネス面で使う場合

黒のカラートリートメントが白髪染め以外で活躍するのはビジネス面。就職活動や主婦がパートを再開するときなど「無難な仕上がり」を提供してくれます。

 

これってダークブラウンじゃぁダメなんスか?


 

うーん。確かにそうかもしれないけど、やっぱり髪色に厳しい業界もあるしね〜。
それに、ダークブラウンの場合、色味がブランドによってバラバラだし、色落ちするときに変に明るくなる場合があるから、やっぱり黒のほうが無難だと思う。


 

※カラートリートメントはダメージが髪への「ほぼゼロ」なので、髪全体にたっぷり塗ってもOKです

 

白髪多め → 本格的に隠したい

白髪が多く本格的に隠したい場合、乾いた髪に使うのがおすすめです。

 

最近は、濡れた髪に使う(リンスの代わりとして使う)商品が増えているのですが、それらの商品を使う場合でも最初は乾いた髪へ。

 

3回くらい使えば白髪が落ち着いてくるので、そこからお風呂で濡れた髪に使うようにすればOK。黒の場合は白髪が変にギラついたりしないので使いやすいと思います。

 

白髪多め → ギラギラ感を抑えたい

年齢が年齢だし白髪が見えてもいい…けど、白髪の量を減らして見せたいという場合には濡れた髪に使うのがおすすめです。

 

カラートリートメントの場合、真っ黒に染まるということがないので、1回使ってみてどんな仕上がりになるか確認→週に何回くらい使えば良いのか決めればOK。

 

ちなみに、染め過ぎたくない場合は1回に使う染料を少なくすれば調整可能です。

 

白髪少なめ → 気になるところだけ隠したい

白髪の量が少ない場合、つまりは頭頂部とか分け目とか局部的に白髪を隠したい場合には、乾いた髪・濡れた髪のどちらでもOKですが、個人的には乾いた髪に使うこと推奨です。

 

【使う流れ】隠したい場所に染料をベッタリ→他の部位には自然に伸ばす感じで薄く塗る

 

これって塗った箇所だけ黒く染まって不自然になったりしないんスか?


 

放置時間にもよるけど大丈夫だと思う。10分くらいの放置時間なら、そんなに強くは染まらないし、周囲にサラっと塗ることで目立つムラにはならないっていうのが個人的な感覚ね。(もちろん、染める前の色が明るい色だったら考える必要もあるけど…。)

 

まぁ、一言でいうと部分染めとして使うって感じね♪


 

【参考】白髪の部分染め|プロのやり方と実際に使ったおすすめアイテム

 

 

その他Q&A

黒のカラートリートメントは1日だけ黒くできるの?

いいえ。カラートリートメントは1日で黒くするアイテムではないですし、すぐに色を落とすこともできません。1日だけ黒髪に…つまり翌日には元の髪色に完全に戻したい場合はカラースプレーの方がおすすめです。

 

黒のカラートリートメント-色落ちは他と比べてどう?

他色のカラートリートメントと髪を染める仕組みは変わりません。ただ、黒の場合はブラウンのように少し色落ちして明るくなる(汚い色に見える)ということがないので、色落ちは少し遅く感じます。

※関連ページ

 

カラートリートメントのテクスチャを塗っている場面

カラートリートメントのやり方。よく染まる方法と塗り方のコツ

同じカラートリートメントを使っても仕上がりが違う。ちょっとしたやり方を変えるだけでもっと良く染まるケースがあるのかも。白髪歴20年の経験からカラートリートメントでしっかり染めるためのコツをまとめています。


続きを見る

 

カラートリートメントの使い方説明書

カラートリートメントの使い方と頻度、乾いた髪と濡れた髪の使い分けナビ

カラートリートメントは使い方によって仕上がりが全く変わってきます。どのブランドを使うも重要だけど、それ以前に自分なりの使い方を見つけることも大切です。具体的にどんな使い方があるの?白髪歴20年のアラフォー女子がまとめています。


続きを見る

 

カラートリートメントのダメージ

カラートリートメントって痛む?パサパサ白髪が改善したアラフォー女子の体験談

自分のライフスタイルに合った使い方ができるカラートリートメント。染まるかどうかも気になりますが、痛むんじゃない?って心配にもなります。実際にパサパサ白髪が改善できたアラフォー女子が写真を使って検証します。



続きを見る