POLA(ポーラ)の白髪染め「グローイングショット」の色持ちと使用前後の写真_意外な特徴をご紹介

購入したPOLAグローイングショットのヘアカラートリートメント

 

ポーラと言えば誰もが知っている大手化粧品会社。コスメはもちろんのこと、シャンプーやコンディショナーなどのヘアケア用品も充実しています。

 

そんな中で、スタイリッシュな大人の女性向けに立ち上げられたのがグローイングショットシリーズ。白髪を染めるアイテムとしてはカラートリートメントがあります。

 

写真を見ても分かるように、独特の輝きがある容器に入った白髪染め。使うだけで「なんか…私、オシャレになってる♪」という気分にさせてくれるアイテムでもあります。

 

そして、実際に使ってみると独特の色合いを放つカラートリートメントであることが分かりました。たまには違う色合いを楽しみたい…そんな場合には最適なのかも。

 

 

そんなわけで、今回はポーラのカラートリートメント「グローイングショット」をピックアップ。使用前後の写真や染まり方についてまとめてみたいと思います。合言葉は「スタイリッシュな白髪染め」です。


 

先に公式サイトを見る

 

 

ブラックとブラウンの2色だけ|でも…独特の色合い

 

白髪染めにしても他のコスメにしても、大手企業の製品というのは「無難なモノ」が多いような気がします。そんな中で、ポーラのカラートリートメントは「くせ者」と言っても良いくらい、独特な世界観を持った白髪染めです。

 

色は「ブラウン」と「ブラック」の2色。

 

「いやいや…ブラウンとブラックなんて普通でしょ」となるのですが、実際に染めてみると独特な仕上がりに♪
ブラウンは赤みが強く、ブラックはアッシュ系のスタイリッシュな感じですな_φ(・ω・ )メモメモ

 

グローイングショット ブラウンの染まり具合

polaグラマラスケア_ブラウン

 

赤みが強いと言っても、独特の艶が出る感じに染まります。
他のブランドでも赤が強いカラートリートメントはありますが、それとは別物なんですね。

 

髪につけて洗い流すときなんて、水が真っ赤に見えるほどで、最初に使ったときは正直焦りました。ただ、仕上がりはちょうどいい感じに染まってくれます。

 

グローイングショット ブラックの染まり具合

グローイングショットカラートリートメント。ブラックの染まり具合

 

一方のブラックはアッシュ系の落ち着いた仕上がりになります。
黒系のカラートリートメントというのは、真っ黒に染まるものは意外と少なく、自然な仕上がりになるようにつくられています。個人的には、ちょっと茶色っぽい感じるになるものが多い印象です。

 

グローイングショットの場合はグレー系と言った感じ。まぁ、オシャレな言い方をするならば、アッシュ系ということですな_φ(・ω・ )メモメモ

 

もちろん、黒く染まらないということではなく、茶色に傾くわけではないという意味です。白髪が多くて染め残しがあっても上手く馴染むというか、目立たなくなる印象です。

 

いずれの色も独特の仕上がりになるので、他のカラートリートメントで満足できなかった場合、使ってみる価値はあると感じています。
赤みのある髪の毛にしたいのならブラウン。無難&おしゃれに染めたいならブラック…という感じでしょうか。

 

 

グローイングショットの使い方と応用の方法

 

polaグローイングショットの使い方

 

ヘアカラートリートメントの使い方には色々な方法があります。グローイングショットのカラートリートメントの場合、シャンプーの後に使うことが「一般的」とされています。

 

濡れた髪の毛に塗って5分ほど放置…これを繰り返すことで少しずつ白髪が染まっていくというわけです。トリートメントの代わりに使うので手間はほとんどなし。白髪ケアという意味では効率的な使い方だと思います。

 

ただ、そのやり方じゃないとダメ…というわけではありません。
特に、私のように白髪が多い場合、乾いた髪に使って20〜30分くらい放置する染め方の方が向いています。この場合、上に塗布する作業や放置時間が長いことなど、1回の白髪染めにかかる手間は増えますが、その分間隔を空けることができます。

 

自分の白髪の量によって、乾いた髪に使う・濡れた髪に使うを使い分けるのがベストです。

 

白髪を染めるだけじゃない|こだわりの成分で髪もキレイに

 

polaグローイングショットのブランドコンセプト

 

グローイングショットのカラートリートメントは色合いも独特。そして、髪をケアするという意味でも定評があります。そもそも、グロイングショットは、40代以降の女性が輝くために役立つ商品を提供するブランド。

 

年齢を重ねることで気になってくる髪の問題にも配慮した成分が配合されています。つまりは、白髪が染まればそれでいい…というモノではないということですな_φ(・ω・ )メモメモ

 

グローイングショットの主な配合成分

polaグローイングショットの配合成分

 

こんな感じで「髪を染めるだけではなく、しっとりさせる・艶を出すための成分」を配合。また、白髪を改善・予防する研究から得た「黒米エキス」も配合されていています。

 

実際に使ってみると、髪の毛はサラサラに…。昆布など海藻類のネバネバ成分を配合したカラートリートメントがしっとりするのは有名で、私も経験しているのですが、このグローイングショットはそれ以上じゃないかと感じています。

 

グローイングショットは香りがイイ!! 使うだけでリラックス♪

シトラス系の香り

 

白髪の染まり方とは直接関係はありませんが、グローイングショットのカラートリートメントは香りがイイです。本当に!!

 

個人的には、シトラスを効かせているのがポイントかなと…。
香りは結構強めなのですが、果実系の香りなのでそれほど強い香りに感じない…。ツンとしたニオイがしないのは当たり前で、むしろ嗅ぎたくなってしまう香りに仕上がっています_(* ̄O ̄)b

 

色数が2色で、他商品よりも少し高めなのでスルーしてしまいがちなグローイングショット。しかし、実際に使ってみると色・配合成分ともに新鮮さを感じさせてくれるカラートリートメントでした♪

 

先に公式サイトを見る

※関連ページ

 

ビゲンカラートリートメント

ビゲンのカラートリートメントを購入。仕上りの色、メリット・デメリットを検証

hoyuから販売されているビゲンのカラートリートメント。色数は3色とそこそこの品揃え。価格も安いのでバランスの取れたカラートリートメントと言えます。ただ、香りが強烈で髪に残るのが難点。


続きを見る



 

購入したエブリカラートリートメントの画像

エブリカラートリートメントは白髪にも使える?口コミと実際に購入して分かったオススメの使い方

ヘアカラートリートメントの中ではダントツの個性を持っているアンナドンナのエブリカラートリートメント。楽天のカラートリートメント部門でもかなりの人気を誇っています。3色…もしくは4色あれば「色数豊富」とされるヘアカラートリートメントの中で…


続きを見る


 

購入したマイナチュレカラートリートメント

マイナチュレのカラートリートメントってどうなの?実際の染まり具合と使用感を徹底レポ

マイナチュレから販売された新作カラートリートメントの使い心地を徹底レポ。他商品との違いや、ブラウンとダークブラウンのそれぞれの染まり具合、お得な購入方法などをまとめています。


続きを見る

 

ヘアカラートリートメントの比較

おすすめヘアカラートリートメント図鑑♪11ブランド24色の中で自分色を見つける♪

どうすればヘアカラートリートメントで白髪をキレイに染められる?白髪歴20年以上のアラフォー女子が徹底分析。ダメージが少ない反面、色々な使い方があって迷うヘアカラートリートメントのおすすめリストを作成しました。


続きを見る