週2,3回の使用イメージ

 

白髪染めシャンプーを使う前に気になるのは、何と言っても白髪の染まり具合!!
逆に全体的な配合成分は、軽視されがちな部分かもしれません。

 

でも、白髪を染めるだけじゃなくて、シャンプーとしてもしっかりしてないと、理想の髪を維持することはできません。「指通りが悪くてゴワつく」とか「ペッタンコになっちゃう」ようであれば、使い続けるのは難しい_(+o+)

 

利尻カラーシャンプーは「染める成分」だけではなく「髪をケアする成分」も豊富♪
数が多過ぎて1つ1つのありがたみが薄れてしまうくらいです。

 

 

そこで、ここでは利尻カラーシャンプーのこだわりが分かるように、成分全体についてまとめてみようとおもいまーす!!


 

\初回1,000円引きで購入できます♪/

先に利尻カラーシャンプーの公式サイトをチェックする!!

 

 

 

利尻カラーシャンプーの全成分

利尻カラーシャンプーの全成分

商品名 利尻カラーシャンプー
成分 水,ラウラミドDEA,コカミドプロピルベタイン,ラウレス-4カルボン酸Na,イソペンチルジオール,ヒドロキシアルキル(C12-14)ヒドロキシエチルサルコシン,ポリクオタニウム-10,ココイルアラニンTEA,ココイルグルタミン酸TEA,ラウロイルメチルアラニンNa,ジラウロイルグルタミン酸リシンNa,BG,PEG-32,PPG-3 カプリリルエーテル,リシリコンブエキス,アルギニン,アルギン酸Na,アルテア根エキス,アルニカ花エキス ,エタノール,オオウメガサソウ葉エキス,オクラ果実エキス,オタネニンジン根エキス,オドリコソウ花エキス,オランダガラシ葉エキス,カミツレ花エキス,カワラヨモギ花エキス,クエン酸,グリチルリチン酸2K,ゲンチアナ根エキス,ゴボウ根エキス,加水分解シルク,セイヨウアカマツ球果エキス,セイヨウキズタ葉/茎エキス,センブリエキス,ニンニクエキス,ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム,フェノキシエタノール,フユボダイジュ花エキス,プラセンタエキス,ボタンエキス,ポリクオタニウム-53,ポリクオタニウム-6,ポリクオタニウム-7,マロン酸ビスエチルヘキシルヒドロキシジメトキシベンジル,ユズ果実エキス,ローズマリー葉エキス,ローマカミツレ花エキス,ローヤルゼリーエキス,塩化ヒドロキシプロピルトリモニウムデンプン,加水分解ケラチン(羊毛),加水分解コンキオリン,カキタンニン,乳酸Na,カプリル酸グリセリル,ウンデシレン酸グリセリル,ムラサキ根エキス,ウコン根茎エキス,クチナシ青,水溶性アナトー,HC黄4,4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノール,HC青2,塩基性青75,塩基性茶16,塩基性赤51,塩基性黄87,塩基性青99

 

あ、あの…数が多すぎて何がなんだかわかりません


 

いや〜ホントに多いのよねぇ。
しかも、うれしいことに天然植物の●●エキスが多い。
利尻昆布を使ってるってことで「利尻」って名前が付いているんだけど、利尻昆布があんまり目立ってないから…


 

利尻カラーシャンプーの成分の特徴-魅力はどこにある?

利尻カラーシャンプーの成分概要

 

利尻カラーシャンプーの成分を大まかに分けると、「白髪を染める成分」+「髪を洗う成分」+「保存料など」の3つに分けられます。利尻に限らず、白髪染めシャンプー全般に言えることですが、普通のシャンプーに白髪を染める成分が加わったというイメージです。

 

もちろん、ブランドによって品質レベルは違います。利尻カラーシャンプーの場合は、染めることはもちろん、汚れを落としたり髪を保湿したりする「普通のシャンプー」としての品質も高いのが特徴です。

 

利尻カラーシャンプーの着色成分1

利尻カラーシャンプーの着色成分1

 

傷んだ髪のマイナスイオンに結合するプラスイオンの色素と、キューティクルの隙間に入り込んで着色する「ナノ分子カラー」。イオン色素の方は成分表に「塩基性染料」と記載されているもので、ナノ分子カラーは「HC染料」と表記されています。

 

この2つの染料は特別なものではなく、他の白髪染めシャンプーやカラートリートメントにも使われています。

 

この2つの成分はフツーってことっスね?


 

まぁ、成分自体は他の商品にも使われてるからねぇ。
ただ、どのくらいの量が使われているのかはわからないし、色の配合とか独特なポイントがあるのかも


 

利尻カラーシャンプーの着色成分2

利尻カラーシャンプーの着色成分2

 

利尻カラーシャンプーには、天然の着色成分(植物エキス)も配合されています。これは、他の白髪染めシャンプーでは滅多に使われていないもので、利尻独特と言えます。

 

シコンエキス ムラサキ根エキスとも言う。その名の通り紫色。飛鳥時代以前から栽培されていて染料にも使用されていたそうです。また、薬用にも利用されていてダメージケア、髪へ潤いを与えるのに役立ちます。
ウコン成分 黄色の色素。カレーの黄色の元になるクルクミンという成分に蓄積しています。美容効果でも知られている
アナトー 果実から得られる青色の色素。
クチナシ 黄色の色素。カレーの黄色の元になるクルクミンという成分に蓄積しています。美容効果でも知られている

 

単純に色をつける植物を選んでいるわけではなく、ダメージケアや潤いを与えたりと、髪に良い効果が期待できる素材を厳選しているところもポイントです♪

 

利尻カラーシャンプーのうるおい成分-27種類の植物エキス

利尻カラーシャンプーのうるおい成分

 

利尻カラーシャンプーは、白髪を染めるシャンプーとして人気があるわけですが、髪に潤いを与える成分も豊富に配合されています。シャンプーとしての品質も高いレベルということです_\(^o^)/

 

配合されている植物エキスは27種類。その中でも目玉になっているのが、商品名にも入っている利尻昆布です。

 

注目成分の利尻昆布

 

髪や頭皮に潤いを与えるミネラルと、保水効果のフコイダン、優れた保湿力を持つアルギン酸と、昆布のねばりは要チェック♪
※利尻昆布は髪質を改善するための成分です。白髪を色付ける成分ではありません。

 

正直な話、植物エキスが27種類も配合されているので、利尻昆布が使われていることが霞んでしまっている部分はあると思います。ただ、それくらい髪に気を遣って配合成分を厳選しているということですね。

 

逆に、余計なものは極力排除。ジアミン、パラベン、酸化剤、シリコーン、鉱物油を使っていない「5つの無添加」ということで、できる限り自然に近い状態で使えるようにしているのが利尻カラーシャンプーです。

 

利尻カラーシャンプーを実際に使うとどんな感じ?

利尻カラーシャンプーを使用

 

ノンシリコンのアミノ酸系シャンプーは、髪に良いかもしれませんが、キシみやすいシャンプーでもあります。利尻カラーシャンプーもアミノ酸系のシャンプーですが、前述した大量の植物エキスが入っていることもあり、キシむことがありません。

 

染めることはもちろん、使い心地も良いシャンプーなので、白髪がすぐに目立ってきて悩んでいる人には役立ちますよ♪

 

 

\購入は公式サイトが一番お得♪/

利尻カラーシャンプーの詳細を確認してみる

 

 

 

 

 

 

※関連ページ

 

利尻カラーシャンプー

利尻カラーシャンプーってどう?色落ち知らずの白髪ケア体験レビュー

髪が伸びれば目立つ白髪に困っているなら利尻カラーシャンプーがおすすめ!!「染め」と「ケア」の両方を考えた人気アイテムの全貌をご紹介♪徐々に白髪を染めるので色落ちを気にする必要がなくなります!


続きを見る

 

口コミ

【使った人の評価は?】利尻カラーシャンプーの口コミ・評判を項目別にご紹介♪
利尻カラーシャンプーを実際に浸かった人はどう思ってるのか…口コミや評判を項目別に分けてご紹介します♪


続きを見る

 

染まらない?

利尻カラーシャンプーは染まらない?使う・使わないの5つの判断基準
利尻カラーシャンプーは染まらないんじゃ…と不安を感じている方へ。実際の染まり具合と、使うべきかどうかの判断基準、染まった状態を維持する活用法をご紹介♪


続きを見る

 

染まらない?

利尻カラーシャンプーの使い方-手を汚さず手軽に白髪ケア
利尻カラーシャンプーの使い方は目的によって変わってきます。しっかり染める?ぼかすだけ?楽なやり方は?それぞれに合った使い方を詳しく解説♪


続きを見る

 

利尻カラーシャンプーの販売店調査【ドラッグストア・市販店舗編】
利尻カラーシャンプーの市販店舗の販売状況を調査しました。ドラッグストアを中心に実店舗で買える店舗をご紹介♪


続きを見る

 

利尻カラーシャンプーの最安値は?楽天・amazon・公式を比較
利尻カラーシャンプーを最安値で購入するにはどこで買えばいい?大手通販ショップ「楽天」「amazon」と「利尻公式」の購入価格・割引額を比較しています♪


続きを見る

 

部分染めした髪の毛

【白髪染めシャンプーはどれがオススメ?】実際に使った7つを比較♪
シャンプーするだけで簡単に白髪ケアができる白髪染めシャンプー。でもどれを使えばいいのか、染まりはどんな感じなのか謎な部分もあります。おすすめはどれ?ってことで、実際に使った白髪染めシャンプー7つをおすすめ順に紹介します♪


続きを見る