使い方をマスターして簡単白髪ケア

 

シャンプーをするだけで徐々に白髪を色づけていく利尻カラーシャンプー。基本的な使い方は普通のシャンプーと同じなので、手軽に白髪ケアができるのは間違いありません。

 

ただ、「白髪を染める」という目的もあるので、細かなところを挙げていくと、「白髪の量」や「どのくらい染めたいか」によって使い方は違ってくるし、好みによっても変わります。

 

 

ここでは、その辺のことも踏まえて、利尻カラーシャンプーの使い方についてまとめてみます。


 

 

基本的な使い方を確認

まずは利尻カラーシャンプーの基本的な使い方をおさらい♪

 

テクスチャーを手に出す

 

利尻カラーシャンプーのテクスチャーを手に出します。
※必ず濡れた手に出す(じゃないと、落ちにくくなります)

 

泡立てる

 

普通のシャンプーと同じように泡立てます。
泡をまんべんなく行き渡らせることによって、着色成分が髪に浸透して色づくイメージです。

 

洗い流して終わりです。

 

水の色が透明になるまでしっかり洗い流します。
その後、ドライヤーで乾かすことによって枕などの寝具に色移りしなくなります。

 

使い方の分岐点1:素手で使うか…手袋を使うか

白髪染めシャンプーと普通のシャンプー…基本的な使い方は同じでも違いもあります。その最たる例が「テクスチャーの色」。利尻カラーシャンプーのテクスチャーは、白髪染めシャンプーの中でも濃い目の黒なので、素手で使うと手が汚れるのでは…という心配をする人もいるのではないでしょうか。

 

これは完全に個人の好みです。素手で使っても、ちょっと気をつければ手を汚すことなく使うコツがありますし、手袋を使って「手を汚すリスクゼロ」で白髪を染めるのもアリ♪

 

 

それぞれの違いを見ていくです!!


 

素手で使う場合の特徴・注意点

素手で使う場合の一番の注意点は、「とにかく液体の状態で爪に付かないようにすること」

 

爪の周りは落ちにくいです

 

泡立てる前のテクスチャーが爪周りについてしまうと、石鹸を使っても落ちにくくなります。
対処法としては、手のひらで軽く伸ばしたら、そのまま髪に付けて泡立てること。

 

手の平で伸ばしたら髪へ…

 

泡立ってしまえば、爪の周りについても簡単に落とすことができます。

 

これって…爪周りと手のひらで汚れの落ちやすさが違うのは何でなんスか?


 

単純に、爪の周りは石鹸が届きにくいのよねぇ〜。液体の状態だと爪の裏にも付きやすいし。テクスチャー自体は(濡れた手で扱えば)石鹸で余裕で落ちるレベルなんだけど…。


 

お風呂でシャンプーするのに、わざわざ手袋をするのは面倒だなぁ〜という人に向いています。

 

手袋を使う場合の特徴・注意点

とにかく手を汚したくないという場合は、手袋を使ったほうが無難です。特にネイルをしている人はこっちの方がいいかも。当然ですが、手袋をしているので汚れをシャットアウト。手が汚れる「可能性」すらありません。

 

ただ、注意したいのが手袋の種類。ドラッグストアや100円ショップでも購入できますが、実はいくつか種類があって…。
個人的には密着タイプの方が良いと思っています。

 

手袋の種類

 

よくカラートリートメントのおまけで付いているような「だぼだぼタイプ」だと、泡立てにくい気がしてて、髪がからまったりしたときに分かりにくいです。密着したタイプの方が、素手の感覚に近いので快適に使えます。

 

 

これについては個人の好みなので、手袋を購入するときの参考にして頂ければと…


 

使い方の分岐点2:シャンプー後のケアはどうすべき?

利尻カラーシャンプーを使ったあとのケア(コンディショナーやリンス関係)はどうすればいいのか…。
選択肢は3つかな…と思っています。

 

利尻カラーシャンプーだけ使う

利尻カラーシャンプーは、髪質を維持するために使われている成分だけでも27種類(全て天然植物由来)。なので、シャンプーだけでもOKという人も少なくないと思います。

 

 

口コミでも評価は上々です!!


 

待ってました!

利尻ヘアカラーを使い始めて2年半がたちますが、色持ちをよくするために、こんなシャンプーがあればと思っていました。このシャンプーを使う事でヘアカラーをする回数が減るといいなと思います。
シャンプーとしては泡立ちもよく私はコンディショナーは使用していませんがドライヤーできちんと乾かすととさらさらになりツヤツヤです。

(参照元:楽天)

妻愛用。髪のさらさら感が気に入っているようです。

(参照元:楽天)

 

ノンシリコンでアミノ酸系のシャンプーなので、キシまないか心配という人もいるかもしれませんが、使用感は上々。
シリコンシャンプーのコーティングされた感じが好きな人には物足りないかもしれませんが、シャンプーだけでいけなくもない…という感じです(もうこれはホントに個人の好み)。

 

利尻カラーケアコンディショナーを使う

利尻カラーケアコンディショナー

 

シャンプーだけだと、どうしても物足りないという場合には、利尻カラーシャンプーと同じシリーズのカラーケアコンディショナーがあるので、それを使ってみるのも1つの手段です。

 

 

カラーケアコンディショナーは、利尻カラーシャンプー公式サイトの下の方で紹介されています!!


 

普通のコンディショナー、リンスを使う

「コンディショナーやリンスで色落ちするんじゃね?」と思うかもしれませんが、案外イケます。
もちろん、モノによっては色落ちするコンディショナー、リンスはあるのかもしれませんが、普通のシャンプーを使うときほど色落ちはしない…というのが私の感覚。

 

※これは、実際に試してみるしかありません。

 

これって、カラートリートメントを使ったらダメなんスか?
そしたら、鬼に金棒だと思うんスけど


 

染まった状態を維持するってことで言うと、それでもOK。利尻はカラートリートメントもカラーシャンプーと同じ色で販売されてるし…。
ただ、両方を毎回使うとなると、コスパが悪くなるのと手間がかかると思うわけよ〜。
併用するなら、カラートリートメントは乾いた髪に定期的に使うやり方の方が良いような気がするなぁ…(まぁ、好みの問題だけど)


 

頻度で変わる!!1週間単位の使い方

どのくらいの頻度で使えばいい?利尻カラーシャンプーの活用法

 

利尻カラーシャンプーを使ったときの「白髪の染まり具合」は、使う回数が大きく影響してきます。なので、1回の使い方も大切ですが、1週間(もしくは1ヶ月)で何回くらい使うかという頻度も重要です。

 

とは言え、ハッキリとした正解があるわけではなく、白髪をどのくらい隠したいかという個人の希望によって頻度は変わってきます。

 

 

白髪をしっかり隠したい

 

白髪が見えないくらいしっかりと染めたい場合には、基本的には毎日使うのが鉄則。利尻カラーシャンプーを普通のシャンプーとして使うというイメージです。

 

特に、白髪に何もしていない状態(他の白髪染めを使っていない状態)から染めるとなると、ある程度の色がつくまで2週間くらいは必要…というのが私の感覚。もっと短期間でも色づくよ〜という人もいますが、とにかく最初は連続して使用した方が良いです。

 

(※別のシャンプーを1日でも使ったら、全部色落ちするというわけではありません)

 

利尻カラーシャンプーの公式サイトでも色のイメージが紹介されていますが、これも30回使った場合の例です。

利尻カラーシャンプーの色イメージ

▲利尻カラーシャンプー公式サイトより

 

早く白髪を隠したい場合には、最初だけ他の白髪染めを使うのもアリ♪
(カラートリートメントを使う場合には、乾いた髪へ使う方が染まりは良いです)

 

 

ある程度色が付けば、週2、3回の使用でも何とかなります。ただ、その場合は普通のシャンプーの洗浄力によってたま〜にギラギラ感が見えることも。


 

白髪を目立たなくするくらいでOK

週2,3回の使用イメージ

 

白髪が見えるのは構わないけど、ギラギラした感じを抑えたいという場合には、週に2、3回の使用でOK。(白髪のギラつきをどのくらい抑えたいか…にもよります。)

 

この場合、利尻カラーシャンプーの使用量は少なくて済みますが、普通のシャンプーも用意しないといけないのでコスパはトントンかな…と。今、余っている普通のシャンプーがあるなら、それと併用して使うのもいいですね。

 

こうやって見ると、結構複雑じゃないっスか?


 

まぁ、まずは使ってみて染まり具合を確認することよね。そうすれば、どんな使い方が自分に合ってるか、深く考えなくても分かってくるわよ?


 

ここまで利尻カラーシャンプーの使い方をまとめてきましたが、このやり方が絶対というわけではありません。人によって髪質が違うので、染まり具合が違って感じることもあるでしょうし…。

 

とは言え、シャンプーするだけで白髪ケアができるのは思っている以上に楽です。白髪が目立つと気になっているのなら、一度試してみてもいいかもしれません。

 

\公式サイトだと初回1,000円引きで購入できます♪/

詳細はコチラをクリック♪

 

 

利尻カラーシャンプーの使い方 Q&A

白髪以外に使ってもいいの?

髪の毛専用です。眉毛などにも使えるの?と思ってしまいがちですが、利尻の公式サイトにも髪の毛以外には使わないように明記されています。

部分的に使うことはできる?(部分染めみたいな感じで…)

不可能ではないですが、基本的には「できないもの」と考えておいた方が良いです。
シャンプーの泡を部分的に使うのは難しいですし、ムラになる可能性も出てきます。チラホラ白髪の人でも、普通にシャンプーすることで目立たなくすることができるというのが利尻カラーシャンプーのメリット。部分的に染めたい場合は、カラートリートメントの方が適しています。

黒髪に明るい色を使うとどうなる?

ライトブラウン、ナチュラル・ブラウンは明るめの色ですが、黒髪部分を明るくすることはできません。
市販のヘアカラーのように髪を脱色する成分は入っていませんので…

※関連ページ

 

利尻カラーシャンプー

利尻カラーシャンプーってどう?色落ち知らずの白髪ケア体験レビュー

髪が伸びれば目立つ白髪に困っているなら利尻カラーシャンプーがおすすめ!!「染め」と「ケア」の両方を考えた人気アイテムの全貌をご紹介♪徐々に白髪を染めるので色落ちを気にする必要がなくなります!


続きを見る

 

口コミ

【使った人の評価は?】利尻カラーシャンプーの口コミ・評判を項目別にご紹介♪
利尻カラーシャンプーを実際に浸かった人はどう思ってるのか…口コミや評判を項目別に分けてご紹介します♪


続きを見る

 

染まらない?

利尻カラーシャンプーは染まらない?使う・使わないの5つの判断基準
利尻カラーシャンプーは染まらないんじゃ…と不安を感じている方へ。実際の染まり具合と、使うべきかどうかの判断基準、染まった状態を維持する活用法をご紹介♪


続きを見る

 

成分の魅力

【天然成分30種類以上!!】利尻カラーシャンプーの成分に着目しました
利尻カラーシャンプーは、白髪を染める成分だけではなく、髪をいたわる成分も配合。27種類の天然成分+4種類の天然着色成分の魅力は?利尻カラーシャンプーの成分に着目しました♪


続きを見る

 

利尻カラーシャンプーの販売店調査【ドラッグストア・市販店舗編】
利尻カラーシャンプーの市販店舗の販売状況を調査しました。ドラッグストアを中心に実店舗で買える店舗をご紹介♪


続きを見る

 

利尻カラーシャンプーの最安値は?楽天・amazon・公式を比較
利尻カラーシャンプーを最安値で購入するにはどこで買えばいい?大手通販ショップ「楽天」「amazon」と「利尻公式」の購入価格・割引額を比較しています♪


続きを見る

 

部分染めした髪の毛

使う前に知っておこう!白髪染めシャンプーの特徴が分かるチェックポイント、実際に使った7ブランドを紹介

シャンプーするだけで簡単に白髪ケアができる白髪染めシャンプー。でもどれを使えばいいのか、染まりはどんな感じなのか謎な部分もあります。実際に使うときの注意点やおすすめ商品はどれ?ってことで、実際に使った白髪染めシャンプー7つと共に解説します。


続きを見る