実際に使った白髪染めシャンプーの写真

 

 

おっす。「白髪は染める派」のミャーオです。
ここでは白髪染めシャンプーについて取り上げていくんです!!


 

毎日のシャンプーで少しずつ白髪を色づけていく「白髪染めシャンプー」。
美容院やセルフで使うヘアカラーと比較すると、その仕上がりに違和感を感じる人も多いようです。

 

ただ、特徴を把握して味方につければ『白髪染めの色落ちを気にしなくてもいい生活』を送れるようになります。時短にもなるし、シャンプーだけで白髪ケアが完結するわけですから手間なしです。

 

とは言え、商品によって結構な違いがあるのも事実!!
じゃ、私に合った白髪染めシャンプーってどれ?!と思ったところで、その選び方が難しかったりします。

 

そんなわけで、今までいろんな白髪染めシャンプーを使った経験も踏まえて、おすすめの白髪染めシャンプーやその選び方、使い方のコツをまとめていきます。

 

 

先に「おすすめシャンプー」をチェックする方は以下の一覧からどうぞ♪


 

\白髪染めシャンプーにはこんな商品があります/
商品名 価格 特徴
利尻カラーシャンプー

3,500円
↓↓↓
2,500円(税抜)
(1,000円引)
おすすめ度:星5つ
「染め」と「ケア」のバランスgoodな万能型
生活に馴染ませやすいです

簡易レポートを見てみる

AmSk

AmSkカラーシャンプー""

3,456円(税込)
※割引あり
おすすめ度:星3つ
ヘナ粉やヘアケア用品
を扱っているスリアンから販売

簡易レポートを見てみる

グローリンワンクロス

5,800円(税抜)
※定期コースもあり
おすすめ度:星3つ
白髪染めシャンプーにしては珍しい
定期的に使う個性派タイプ
色落ちに不安あり

簡易レポートを見てみる

ボタニカラーシャンプー

2,160円(税込) おすすめ度:星2つ
ヘナ(ヘンナ)入りのシャンプー
染まりはかなり弱め

簡易レポートを見てみる

黒曜

シャンプー:2,700円(税込)
パック:4,104円(税込)
おすすめ度:星1つ
100%天然の自然派タイプ
染め上がりの色のコントロール【難】。
自然の成分だけなのでニオイも要チェック

簡易レポートを見てみる

 

 

■目次/Contents

 

白髪染めシャンプーってこんな感じ【実際に使った5つの特徴をご紹介♪】

白髪染めシャンプーは、ブランドによって使い心地や特徴に違いがあります。
「コッチは全然ダメだったけど、これは超お気に入り〜♪」ということがあるんですね。
その違いがどんな感じなのか、実際に使った商品の中からいくつかピックアップしてみます。

 

No1:利尻カラーシャンプー/バランスgoodの万能タイプ

利尻カラーシャンプー

 

■利尻カラーシャンプー
おすすめ度:星5つ
価格:3,500円(税抜)/初回1,000円割引:2,500円(税抜)
内容量:200ml
色数:4色(ブラック、ダークブラウン、ナチュラルブラウン、ライトブラウン)

 

毎日のシャンプーの代わりに使うことで、徐々に白髪を染めていくタイプ。
髪質を維持する成分と、髪に色をつける成分のバランスがとれていて使いやすいです。

 

天然由来の潤い成分が27種類、
6つの無添加(ノンシリコーン、ジアミン系色素不使用、パラベン不使用、4級アミン不使用、酸化剤不使用、無鉱物油)

 

「可能な限り天然の成分を使ってるけど、それだけだとさすがに染まらないので、ちょっとだけ人工の染料を加えて使いやすくしてるよ〜」って感じの商品です。

 

色数はカラーシャンプーにしては多い4色。
髪にニオイが残らないところも使いやすいポイントです。
特に、白髪染めシャンプーが初めてという場合は、失敗しにくい無難なカラーシャンプーです♪

 

矢印この商品の詳細はコチラ

 

 

利尻カラーシャンプーってこんな感じ

適度なトロみで泡だても簡単。使いやすさgood

 

多くの人は気にしないのかもしれませんが、シャンプーの染料のトロみというのは大切です。特に白髪染めシャンプーの場合には、爪が汚れるかどうかを左右するポイントになるので…。

 

白髪染めシャンプーは、洗えばすぐに落ちるようになっています。ただ、それでも泡立てる前の染料の段階で爪についてしまうと落ちにくいんですね。なるべく手のひらだけで泡立てることが簡単に使うコツ。適度なトロみがあると、手のひらから染料が垂れることなく簡単に泡立てることができるんです。

 

毎日使うものだからこそ、ちょっとの気遣いがストレスになるので…。そういう意味でもこのトロみは見逃せません。

 

 

無臭なので、香りの好き嫌いを心配する必要がありません。使用感・実績ともにいちばん失敗しにくい白髪染めシャンプーです!!


 

公式サイトで詳細を確認する

 

>>利尻カラーシャンプーの口コミ・成分詳細はコチラ

 

 

No2:AmSkカラーシャンプー

AmSkカラーシャンプー

 

■AmSkカラーシャンプー
おすすめ度:星3つ
価格:3,456円/楽天で割引されている場合あり
内容量:200ml
色数:2色(ダークブラウン、ブラック)

 

ヘナ粉やシャンプー、トリートメントなど自然派にこだわった通販ショップ「スリアン」が販売している白髪染めシャンプーです。

 

その影響なのか、インド伝承ハーブ(アカシアコンシナ果実エキス)とアンマロク果実エキス(アムラ)が使われています。

 

色は2色しかありませんが、テクスチャは利尻同様トロみがあり、こぼれにくいので使いやすいです。

 

矢印この商品の詳細を見てみる

 

 

自然な香りで落ち着いた仕上がり

AmSkカラーシャンプーの泡

 

ブラックとダークブラウンの2色展開ですが、どちらも実用的。
ブラックはもちろん、ダークブラウンも暗めの仕上がりになるので、ビジネスシーンでも余裕で使えるレベル。
(※ダークブラウンはありきたりな表現を使うと「焦げ茶」って感じです)

 

香りはついていますが、男性でも女性でも使える爽やかな感じ。
強すぎる香りではないので、毎日使っても違和感を感じにくいです。

 

楽天で販売されている商品ですが、割引はちょっとだけ。
3,456円 → 2,980円(2018年11月30日時点の割引価格です)

 

楽天で詳細を見てみる

 

>>AmSkの口コミ・成分詳細はコチラ

 

No3:グローリンワンクロス/週1タイプの個性派

グローリンワンクロスのボトル

 

■グローリンワンクロス
おすすめ度:星3つ
価格:5,800円/定期1本コースは初回35%オフ
内容量:100ml
色数:2色(リアルブラック、ナチュラルブラウン)

 

「週1」という定期的に使うことを前提に開発された白髪染めシャンプー。
カラーシャンプーの中では、珍しいタイプです。
そのため内容量も100mlと少なめ。

 

個人的に、白髪染めシャンプーは「毎日使わないとメリットがない」と思っているのですが、こういう商品もありますということでご紹介♪

 

「週1回だけ使って白髪を隠そうね〜」って商品なのですが、実際に使ってみると、週1で黒髪をキープはさすがに難しいと感じました。
ただ、商品自体の染まりや使いやすさに問題があるわけではないです。

 

別に「毎日使っちゃダメ」というわけではないので、白髪染めシャンプーとしての役割はキッチリ果たしてくれます。
染まりや使い心地は問題なし。
容量の少ない100mlをどうやって使っていくか…というのが課題です。

 

矢印この商品の詳細を見てみる

 

 

量が少ないのがネック、上手く使いこなせるかが鍵

グローリンワンクロスの泡

 

白髪染めシャンプーとしての品質は問題ないのですが、いかんせん量が少ない_(+o+)
なので、頻繁に使う人…というよりは、たま〜に使う人向けです。

 

使った感じだと、染まりという点では一番!!
ただ、毎日使える量ではないので、どうしても色落ちを気にしないといけなくなります。

 

公式サイトでは週1使用を謳っていますが、他の日に使うシャンプーの洗浄力に左右されるので、週一ピッタリでの使用は難しいと思います。

 

 

白髪を完全に隠すというよりは、白髪を自然に見せたい人向けかなと思います。


 

公式サイトを見てみる

 

>> グローリンワンクロスの口コミ・成分詳細はコチラ

 

 

No4:ボタニカラーシャンプー リーズナブルではあるけれど…

ボタニカラーシャンプー

 

■ボタニカラーシャンプー
おすすめ度:星2つ
価格:2,160円
内容量:300ml
色数:3色(ブラック、ダークブラウン、ブラウン)

 

内容量と価格から見てもリーズナブルなカラーシャンプー。
ヘンナ(ヘナ)を使っているということで、染まりそうなイメージを持ってしまいがちですが、実際にはそれほど染まりは良くありません。

 

髪を染める成分(塩基性染料)は他の商品と同じで、髪をいたわる成分があんまり入ってないという印象。
品質よりも価格重視という人におすすめです。
(※楽天のサイトでも注目成分などの説明もありませんし…)

 

矢印この商品の詳細を見てみる

 

 

コスパ重視の人向け+買うならブラックかな

ボタニカラーシャンプーの泡

 

他の白髪染めシャンプーに比べて染める力は弱いと感じました(手についてもすぐに落ちます)。
同シリーズでカラートリートメントも扱っていて、それとセットで使うのがいいかな…という感じです。

 

上の写真はダークブラウンの泡。
他に比べて、かなり明るい(というか黄色い)のが分かると思います。

 

使いにくいわけではないですし、香りも悪くないので実用性がないわけではありません。
ただ、あくまで「染まる・染まらないに関係なく、白髪染めシャンプーを使ってみたい」という人向けかなと…。

 

楽天で詳細を見てみる

 

>>ボタニカラーシャンプーの口コミ・成分詳細はコチラ

 

No5:黒耀/天然100%タイプ

黒曜のボトル

 

■黒曜
おすすめ度:星1つ
価格:シャンプー:2,700円(税込)/ヘアパック:4,104円(税込)
内容量:350ml(シャンプー・ヘアパックともに)
色数:1色(黒系)

 

100%天然成分でできているため、天然成分が安心…という人におすすめ。
大島紬で使用される自然の染料を活用した白髪染めシャンプーです。
ケミカルな成分が一切入っていないので、成分としては魅力的♪

 

「人工的な成分を一切使わず、天然の成分だけで白髪を染めてくよ〜」ってことですが、天然ゆえの弊害も…_(*_*;)
色が限られていて、シャンプーのニオイもちょっとキツいです(鉄?のようなニオイ)。
使い勝手が良い…とは言えないです_(o_o)

 

矢印この商品の詳細を見てみる

 

 

黒曜のシャンプーは泡立ち◎

黒曜白髪染めシャンプーの泡立ち画像

 

シャンプーの泡立ちはかなりよくて、キメ細かい泡ができる印象です。白髪染めシャンプーというと、黒系の色をしているものが多いのですが黒曜は少し違う…。泡も真っ白ですし、実際に使ってみてもそこまで色づきを目的にしているようには感じませんでした。

 

黒曜はヘアパックとセットで使うので『パックで色を付けるための下準備?』という感じでしょうか。何だか無理に使わなくても良さそうなのですが…。

 

黒曜のヘアパック

黒曜のヘアパックの写真

 

一方、黒曜のヘアパックは結構黒いです。カラートリートメントに似た見た目ですが触ってみるとやわらかく髪に塗りやすい。色も独特…シャリンバイの自然な色合いなのでしょうか。

 

ただ、ニオイに結構クセがあって、髪の毛に使った後、少しニオイが残る感じです。うーん…これならカラートリートメントと変わらないのでは?という気もしました。価格もそこそこするので、ちょっと敷居は高いかな〜という感じは否めません。

 

公式サイトで詳細を確認する

 

白髪染めシャンプーのメリット

白髪染めシャンプー

 

白髪染めシャンプーをひと言で表現すると「シャンプーしながら白髪染め!!」
いつも使っているシャンプーを、白髪染めシャンプーの替えて頭を洗うだけで、白髪を徐々に目立たなくすることができるアイテムです。

 

中でも特徴的なメリットは、シャンプーの色落ちを防げること。
一般的な白髪染めは、どんなに完璧に染めても、毎日のシャンプーで少しずつ色落ちしてしまいます。髪が伸びることも手伝って、気づけばギラギラした白髪がチラっと見える状況になってしまうわけです。
そして、それに嫌気がさしてストレスが溜まることに…(+o+)

 

でも、白髪染めシャンプーにはそれがないんです。

 

白髪染めシャンプーのメリット

 

頭皮を清潔にするという意味では必要なシャンプーも、白髪染めの色落ちという点で考える1番の邪魔者。黒のマジックで手に書いた落書きを落とすハンドソープのような感じで、白髪を包んで目立たなくしている染料を落としてしまいます。

 

たとえ、プロの技術を持つ美容師さんにキレイに染めてもらっても、毎日シャンプーすることで、徐々に白髪が見えることになってしまいます。
(※もちろん色落ちするのは遅いですが…)

 

つまり、色落ちを防ぐには『シャンプーをしない』という選択肢しか残されていないという絶望的な状況なわけです…(T_T)
でも白髪染めシャンプーを使う場合、そんな色落ちの原因を『白髪を染める時間』に変えることができます。

 

なるほど…プラス要素だけではなくマイナス要因をなくす効果もあるってことっスね


 

そうね…。後は、「白髪見えてないかな」って気にする必要がなくなるからストレス軽減にもなるわけよ〜


 

 

他の白髪染めと比較した場合のメリットも見ていくです!!


 

2剤式のヘアカラーと比べた場合のメリット

ドラッグストアの2剤式ヘアカラー(永久染毛剤)

 

ドラッグストアで販売されている2剤式のヘアカラー(永久染毛剤)と比べたときのメリットを見ていきます。2剤式ヘアカラーは「医薬部外品」、白髪染めシャンプーは「化粧品」と、商品として別モノなので違いもたくさんあります。

 

■髪へのダメージが少ない(圧倒的に)
2剤式のヘアカラーには薬剤が使われていて、その力で髪のキューティクルをこじ開けて、白髪を着色します。また、明るい色にする場合は髪を脱色するための過酸化水素が使われて黒髪をつくる元であるメラニン色素を壊してしまうので、髪へのダメージは避けられません。

 

一方、白髪染めシャンプーは、基本的には髪の表面だけを色付けするものなので、髪へのダメージは最小限です。
※髪の隙間に浸透する染料が使われている商品もありますが、キューティクルをこじあけるのではなく、分子を小さくして隙間に入り込む成分なので、髪へのダメージを抑えることができるんです。

 

髪へのダメージは簡単に修復させることはできず、枝毛や切れ毛の原因になってしまいます。髪へのダメージを抑えて白髪を目立たなくすることができるメリットは大きいです。

 

■使うのが簡単
白髪染めシャンプーは、お風呂で簡単に使うことができます。2剤式のヘアカラーのように、アンモニア系のツンとしたニオイを我慢しつつ、時間を確保して丁寧に髪に塗って…という作業から開放されるのはうれしいポイントです♪

 

 

■ずっしり重い印象にならない
白髪が見えるのは避けたいけど、逆に「いかにも白髪そめました〜」という印象になるのも嫌なものですよね。この辺りのコントロールは2剤式の白髪染めでは難しいですが、白髪染めシャンプーは染める力が弱いために、自然に少しずつ着色。周りに気づかれにくいです。

 

■敏感肌の人でも使いやすい
前述したように、頭皮や髪の毛への刺激が少なくて済むので、敏感肌や頭皮の弱い人でも使いやすいです。
もちろん、絶対大丈夫というわけではないのでパッチテストはやった方がいいです。

 

ヘアカラートリートメントと比較した場合のメリット

ヘアカラートリートメント

 

次に、今や白髪ケアの主役になっているカラートリートメントと比較した場合のメリットを挙げてみます。

 

■染め残し・色ムラが少ない
カラートリートメントは便利ですが、塗り方が難しく染め残しが出やすい白髪染めでもあります。
特に白髪の量が増えてくると大変で、しっかりつけたはずなのに、髪の裏側に染料が付いていなかったりするわけです。

 

染まり具合の良し悪しではなく、染料がきちんと付着していないケース。髪の毛が束になってしまい、白髪の片面だけ染まってしまう…ということは珍しくありません。

 

一般的な白髪染めは塗り残しが出やすい

 

一方、白髪染めシャンプーの場合、泡状にして髪の毛を包み込むので、塗り残しの心配をする必要がありません。普通にシャンプーをするだけで、髪の毛1本1本に染料を塗布することができます。

 

白髪染めシャンプーはまんべんなく付けられる

 

毎日のシャンプーをイメージすれば分かりやすいのですが、少し泡立てるだけで頭にモコモコの泡ができますよね。髪の毛全体に行き渡らせることは難しくありません。

 

白髪染めシャンプーのデメリット

 

デメリットも挙げていきます!!


2剤式のヘアカラーと比べた場合のデメリット

■白髪が隠れるまで時間がかかる
白髪の量やどのくらい隠したいかにもよるのですが、白髪染めシャンプーだけだと、どうしても色づくまで時間がかかってしまいます。
1回である程度染めたい場合には、不満の残る結果になる可能性あり。
最初だけ別の白髪染めを使うなどの対処が必要になります。
(※自然に少しずつ染めたい場合は不要ですが…)

 

■コスパが多少悪くなる(使用するシャンプーにもよる)
2剤式のヘアカラーには、白髪染めシャンプーほどのヘアケア成分は入っていません。
ゆえに安いです(1,000円前後で購入可能)

 

白髪染めシャンプーも価格はピンキリですが、しっかりとしたヘアケア成分が入っている商品は少々お高いです。普通のシャンプーの使用量が減るので、コスパが悪いわけではないですが、多少出費がかさむ可能性があります。

 

カラートリートメントと比べた場合のデメリット

■活用の幅がせまい
カラートリートメントは、お風呂で塗れた髪にも使えますし、乾いた髪にも使えます。
白髪の量が多くなると、塗り残しは出やすいですが、部分的に使うことも可能な「活用の幅が広い」白髪染めと言えます。

 

一方で、白髪染めシャンプーは部分的に使うのに適していません。
そういう器用さの面ではカラートリートメントに劣ります。

 

■染める力が弱い
白髪染めシャンプーとカラートリートメントは、どちらも髪へのダメージが少ないという点で共通した特徴を持っています。ただ、染める力は白髪染めシャンプーの方が弱いです。

 

一部の例外を除き、白髪染めシャンプーとカラートリートメントは、同じ着色成分(塩基性染料やHC染料)なのですが、シャンプーという性質が影響しているのでしょうか…染まりを優先するならカラートリートメントの方が優れています。

 

※白髪染めシャンプーとカラートリートメントの詳しい比較は以下のページへ♪

 

 

こんな感じで変わっていきます!!-白髪染めシャンプーの染まり具合

 

白髪染めシャンプーの色付きがどんな感じか見ていくんです!!
使ったのは利尻カラーシャンプーなんです!


 

利尻カラーシャンプーの染まり具合

▲ 利尻カラーシャンプーを3回使用/ダークブラウン

 

3回の使用だと染まりはまだまだですね。白髪のギラギラ感は抑えることができるけど…という感じスか


 

矢印

 

利尻カラーシャンプーの染まり具合

▲ 利尻カラーシャンプー3回〜14回の変化/ダークブラウンを使用

 

この辺まで染まればひと安心なんです。
黒髪とあんまり変わらない部分も出てきてるんです


 

使えば使うほど色がついてくるということが分かると思います。
強く染まるものではないとわかっていても、白髪染めシャンプーを1回使った直後は「何も変わってない…Σ( ̄ロ ̄lll)」と思ってしまいがち。ただ、全く染まってないということはないのでご安心を…。

 

白髪染めシャンプーを使うなら、私は普通のシャンプーの代わりに毎日使う方が良いと思います。
じゃないと染まった状態をキープすることができません(普通のシャンプーを使ったときに色が落ちてしまうので…)

 

もちろん、白髪が目立たなくなればいい…という前提で白髪染めシャンプーを使うのもアリ!!
それを理解して使っている人もいる模様。

 

 

■ほどほどの染まりで納得している人の口コミ
ほどほどの効果が有るように思います。もともと、完全に染まることは期待しておらず、目立たなくなるレベルで考えてましたので予定通り

(引用元:Amazon)

強度のアトピーですが、私には症状が出ませんでした。

使用後1月です。少しずつ効果が出る感じです。完全に染めたい場合は向かないと思いますが、
自然に白髪を目立たなくするには十分
です。

(引用元:Amazon)

 

白髪染めシャンプーの特徴を把握していれば、別に毎日使うコトが絶対ではないってことでいいよねー?


 

そうねー。
「白髪は見えるけど白髪のギラギラ感は隠せる」くらいの方が自然だからイイっていう人もいるだろうし…。


 

白髪染めシャンプーの使い方に絶対はありません。
ただ、1回使ってスゴく染まるアイテムではないという認識は必要です。

 

 

私の場合はどうすれば…白髪染めシャンプーのお役立ち活用法3パターン

白髪染めシャンプーには、白髪の量や使い方によって変わってくるメリットもあります。主力として使うのか、補佐的な感じで使うのか…。白髪の状態別に白髪染めシャンプーのメリットをまとめてみます。

 

白髪の量が多い人

 

白髪の量が多いから、全体をまんべんなくケアできるのがうれしい♪
生え際とか、横の白髪が多い部分とか、いちいち気にする必要がない白髪染めシャンプーに一票!!


 

白髪の量が多いと染めた後の染め残しを発見する確率も高くなってきます。
染めた直後というのは「唯一白髪の見えない」若返りタイムのはずなのに、ギラっと光る白髪を見つけると落ち込んでしまいます。

 

 

私も時間をかけて染めた直後に「あっ、ここ白髪が残ってる」なんて経験がたくさんあります


 

白髪染めシャンプーの場合、髪の毛全体に付けることが簡単なので、髪全体を同じ色染まり具合にキープすることができます(むしろ、部分的に使うことの方が難しいです)

 

毎日使えば、新しく生えてきた白髪も随時染めていくことに…。白髪の量が多くなると、生え際の伸びてきた白髪の目立ち具合も気になるものですが、その心配もする必要がなくなります。

 

髪が短い人

 

髪が短いと、逆に白髪を染めるのが面倒なんです。
そんな時にシャンプーで白髪染めできるので大助かり!!


 

髪が短い人の場合、白髪染めシャンプーは「とにかく簡単に短時間で使える万能アイテム」に早変わり。ショートヘアの女性はもちろんのこと、短髪の男性なんて本当にあっという間じゃないかと…。

 

髪が短いと、白髪染めの時間をわざわざ確保するのも面倒になりますよね。市販の白髪染めだと使い残しが出てしまうものもありますし…。白髪染めシャンプーなら、毎日使うシャンプーを変えるだけなので、とっても簡単です。

 

 

髪の短い男性は、女性よりも白髪染めシャンプーを使いやすいと思います。ただ、メンズ専用のカラーシャンプーを見つけるのは難しいのが現状です。別に男性も使えるんだけど女性向けに宣伝されてて「俺はコレ…使えないんじゃ」と思ったり…。

 

でもそこはあまり気にする必要はありません。ニオイのない白髪染めシャンプーを選べば簡単に白髪を隠すことができるので、女性向けっぽくても思い切って使って大丈夫です。


 

 

男性や夫婦で使っている口コミもいくつかあったよー


 

\■男性の口コミ(奥さんの投稿も含む)/
じわじわ染まっていきますね。

お風呂入って、このシャンプーまず使って、すぐに洗い流さないで、
ヒゲそって、体洗ってから頭をすすいでます。

(引用元:Amazon)

主人が私が使っているのを見て自分も使いたいと今回購入しました。このシャンプーで主人の白髪が目立たなくなって主人が「若返っただろう?」と喜んでいました。

(引用元:Amazon)

面倒いらずで、楽に継続

スポーツ刈りなのですが、白髪が目立つようになってきました。染めるには短すぎるし、面倒だと思っておりました。そんな時このシャンプーを広告で見て、ためしに1本購入しました。現在はまだ真っ黒ではないのですが、白髪が徐々に目立たないようになり、白髪染めのように急激な変化がないため、周りからも気づかれないうちに少しずつ黒くなり、満足しております。髪が短いので、使用量が少なく、3か月で最初の1本がなくなり、今回再購入しました。シャンプーしている間に染められるので、継続できて無精者の私向きです。

(引用元:楽天)

 

 

髪が長い人

 

基本は美容院で染めてるけど、私が通ってる所は長さによって料金が異なるので頻繁には染めるのはちょっと…。その間のサポート役として重宝してます♪


 

髪が長い場合、白髪染めシャンプーのメリットはあまりないんじゃ…と思ってしまいがちですが、そんなことはありません。

 

ロングヘアーにカラートリートメントを初めて使うなんていう場合には、慣れるまで大変な思いをするわけですが、シャンプーは小さい頃からずっとやってきたこと…。他の白髪染めよりも圧倒的に使いやすさを感じるはずなんですね。

 

また、美容院で白髪を染めている場合、ロングヘアーだと白髪染めの間隔も空いてしまいがち。そんな時のフォローアイテムとしても重宝します。

 

 

美容院やヘアカラーの「つなぎ」として使っている人の口コミも結構あったよー


 

\■他の白髪染めと併用している人の口コミ/
白髪が染まります。 でもヘアーカラーほどの染毛力は無いように感じます。

私は、これを使い始めるまで2週間に1回はヘアーカラーしてましたが、使い初めてからは月に1回しかヘアーカラーをしてません
染めるって言っても、真っ白になっちゃうから染める訳では無く、所々に白髪が目立って来るから染めてるだけです。
(後略)

(引用元:楽天)

商品の使いみち:実用品・普段使い商品を使う人:自分用購入した回数:はじめて

いつも美容院でカラーをしています。なかなか 行けない時のつなぎに利用します。

(引用元:楽天)

(前略)今までは伸びて白髪が出てきたところだけをトリートメントで染めていましたが、

最近は美容室で全体を染めても、時間がたつと色が抜けてしまい、困っていました。
このシャンプータイプは毎日使えて、既存の髪が染まるので、目立たなくなりました。根元はトリートメント、と併用したいと思います。
シャンプーで髪が染まり、本当にお手軽で良いです。
シャンプーが楽しくなる感じです。市販のトリートメントもしなくていいし、時間も短縮、色水はシャワーで流せばすぐ落ちるし、本当にラクです。

(引用元:楽天)

 

こうやって見ると、いろんな人がいるんスねー


 

そうね。市販のヘアカラーみたいに染まりが強くない分、自分で使い方が調整できるっていうのも魅力かと!!


 

白髪染めシャンプーにまつわるQ&A

白髪染めシャンプーの使い方ってどうすればいいの?

基本的には普通のシャンプーと同じです。

  1. 予洗いする(細かなゴミを取り除くことで着色がよくなります)
  2. 塗れた状態の手に出す(乾いた手に出すと落ちにくいです)
  3. 洗う(しっかり泡立てることによってムラが出にくくなります)
  4. すすぐ(色水が出なくなるまですすぎます。すすぎが甘いとタオルに色が付く可能性アリ)

 

ただ、着色成分が入っているので普通に使うと爪周りが汚れます。
(手を濡らした状態でも爪周りは落ちにくい)
口コミだと手袋を使っている人もいるようですが、それでは手間がかかるので、何かしらの工夫をした方が良いかと…。

 

 

手のひらに出して泡立ててから頭皮を洗うとほとんど汚れません


 

白髪染めシャンプーは染まらないって口コミもあるんだけど実際はどうなの?

色々な白髪染めを使ってきた経験から言うと、染める力は一番弱いです。
ただ、染まらないかというとそんなことはありませんし、白髪染めシャンプーの良いポイントはあります。
(※一回でしっかり染めたい人には向いていませんが…)

 

髪質の関係で染まらないという人もいるようですが、使い方を変えれば染まるケースはあります。
(※カラートリートメントと同じ染料なので、カラートリートメントが染まらないというのであれば、白髪染めシャンプーも染まらない可能性あり)

 

 

染まらないと感じた場合のチェックポイントをまとめてみたので、確認してみて下さい


 

 

どうしても不安な場合は、白髪を染めるんじゃなくて予防するシャンプーもあるっス
染めるのはカラートリートメントにして、白髪を予防するためのシャンプーを使うのも1つの選択肢っス!!


 

 

白髪染めシャンプーってどこで買えるの?市販の店舗で売ってる?

色々調べたところ、市販の店舗(ドラッグストアや薬局)で売られているのは、利尻カラーシャンプーだけでした。
通販では楽天やamazonでも取扱があります。
(似たような商品が検索結果に出てくるので間違わないよう注意が必要です)

 

【まとめ】すぐ試す?また今度?|白髪染めシャンプーの特徴

白髪染めが自分に合っているかどうかは、実際に使ってみないと分かりません。ただ、使う前でも特徴を把握して判断することは可能です。

 

今すぐ使うべきか…また今度にするか…。

 

まぁ、簡単に言うと『染まるのは遅いけど手軽に染めることができるよー』という白髪染めで、染まりすぎて失敗ということはありません。
全体に染めるのは簡単ですし、生え際に使うのも気を遣わなくていい。

 

■ 白髪染めシャンプーが役立つ人

  • 生え際の白髪が気になる
  • ムラや白髪の染め残しをなくしたい
  • 髪のダメージを最小限にしたい
  • 髪が短いのでもっと簡単に白髪ケアしたい
  • 白髪の量が多い

 

染まるのは遅いですが、白髪のギラギラ感は減ってくるので『白髪があってもキレイな髪』に見えます。売ってる場所が限られているのでご注意を!!
染める力が弱く、とんでもない色に染まってしまうということもないので、気になっているのであれば一度試してみるのも良いと思います♪

 

 

染めるのではなく、白髪を予防するためのシャンプーについては、【コチラ】から確認して下さいっス!!


 

迷ったらコレがオススメです!! 利尻カラーシャンプー

利尻白髪染めシャンプー

  • 初回1,000円割引:3,500円 ⇒ 2,500円
  • 2本以上購入:頭皮もみブラシプレゼント
  • カラーケアコンディショナーとのセットプランもあり♪

 

 

 

公式サイトでお得に購入する

 

 

やっぱり最初に試す時には安く購入できることは大切なんスね〜


 

白髪染めシャンプーは染まりすぎるわけじゃないからね。真っ黒になってどうしようもないってコトになる可能性は限りなく低い…。
となると、お得に購入して試してみる価値はあるかなって思うのよ〜


 

 

 

※関連ページ

 

白髪染めシャンプー グローリンワンクロスの画像

グローリンワンクロス 週1の白髪染めシャンプーって嘘でしょ?実際に 購入してみると…

毎日使うことが基本となる白髪染めシャンプーの世界で、週1回の使用で白髪を染めるというグローリンワンクロス。実際に購入してその染まり具合を画像つきで検証。


続きを見る



 

カラートリートメントのテクスチャを塗っている場面

白髪染めシャンプーって安全なの?使う前に抑えておきたいポイント

シャンプーをするだけで白髪を染めることができる白髪染めシャンプー。実際に使おうとすると真っ黒の染料だったりして躊躇してしまいがち。安全なシャンプーかどうかを見極めるにはどうすればいいのか。成分や実際に使った体験をもとに紹介しちゃいます♪


続きを見る