【タイプ別】白髪染めシャンプー3選!簡単な使い方と髪型別の活用法

白髪染めシャンプーを使ったときの写真

 

毎日のシャンプーで少しずつ白髪を色づけていく「白髪染めシャンプー」。
美容院やセルフで使うヘアカラーと比較すると、違和感があるかもしれません。

 

1回使っただけでは『劇的な変化』はなし。
購入場所も限られていますし、そもそも良い商品かどうかを判断するのも難しいです。

 

ただ、特徴を把握して味方につければ『白髪染めの色落ちを気にしなくてもいい生活』を送れるようになります

 

毎日のシャンプー代わりに使えるということで時短にも。
老若男女関係なく、ハマる人は手放せないアイテムです!!


 

【タイプ別】白髪染めシャンプーにはこんな商品があります

商品名 価格 特徴
利尻カラーシャンプー

3,500円
↓↓↓
2,500円(税抜)
(1,000円引)
おすすめ度:星5つ
「染め」と「ケア」のバランスgoodな万能型
生活に馴染ませやすいです

詳細を見てみる

グローリンワンクロス

5,800円(税抜)
※定期コースもあり
おすすめ度:星3つ
白髪染めシャンプーにしては珍しい
定期的に使う個性派タイプ
色落ちに不安あり

詳細を見てみる

黒曜

シャンプー:2,700円(税込)
パック:4,104円(税込)
おすすめ度:星1つ
100%天然の自然派タイプ
染め上がりの色のコントロール【難】。
自然の成分だけなのでニオイも気になります

詳細を見てみる

 

 

■目次/Contents

 

 

白髪染めシャンプーってこんな感じ【3種類をピックアップ】

白髪染めシャンプーは、ブランドによって使い心地や特徴が違います。
「コッチは全然ダメだったけど、これは超お気に入り〜♪」ということがあるんですね。

 

その違いがどんな感じなのか、いくつかピックアップしてみます。

 

No1:利尻カラーシャンプー/バランスgoodの万能タイプ

利尻カラーシャンプー

 

■利尻カラーシャンプー
おすすめ度:星5つ
価格:3,500円(税抜)/初回1,000円割引:2,500円(税抜)
内容量:200ml
色数:4色(ブラック、ダークブラウン、ナチュラルブラウン、ライトブラウン)

 

毎日のシャンプーの代わりに使うことで、徐々に白髪を染めていくタイプ。
髪質を維持する成分と、髪に色をつける成分のバランスがとれていて使いやすいです。

 

天然由来の潤い成分が27種類、
6つの無添加(ノンシリコーン、ジアミン系色素不使用、パラベン不使用、4級アミン不使用、酸化剤不使用、無鉱物油)

 

「可能な限り天然の成分を使ってるけど、それだけだとさすがに染まらないので、ちょっとだけ人工の染料を加えて使いやすくしてるよ〜」って感じの商品です。

 

色数はカラーシャンプーにしては多い4色。
髪にニオイが残らないところも使いやすいポイントです。
特に、白髪染めシャンプーが初めてという場合は、失敗しにくい無難なカラーシャンプー♪

 

 

 

No2:グローリンワンクロス/週1タイプの個性派

グローリンワンクロスのボトル

 

■グローリンワンクロス
おすすめ度:星3つ
価格:5,800円/定期1本コースは初回35%オフ
内容量:100ml
色数:2色(リアルブラック、ナチュラルブラウン)

 

「週1」という定期的に使うことを前提に開発された白髪染めシャンプー。
カラーシャンプーの中では、珍しいタイプです。
そのため内容量も100mlと少なめ。

 

個人的に、白髪染めシャンプーは「毎日使わないとメリットがない」と思っているのですが、こういう商品もありますということでご紹介♪

 

「週1回だけ使って白髪を隠そうね〜」って商品なのですが、実際に使ってみると、週1で黒髪をキープはさすがに難しいと感じました。
ただ、商品自体の染まりや使いやすさに問題があるわけではないです。

 

別に「毎日使っちゃダメ」というわけではないので、白髪染めシャンプーとしての役割はキッチリ果たしてくれます。
染まりや使い心地は問題なし。
容量の少ない100mlをどうやって使っていくか…というのが課題です。

 

 

 

No3:黒耀/天然100%タイプ

黒曜のボトル

 

■黒曜
おすすめ度:星1つ
価格:シャンプー:2,700円(税込)/ヘアパック:4,104円(税込)
内容量:350ml(シャンプー・ヘアパックともに)
色数:1色(黒系)

 

100%天然成分でできているため、天然成分が安心…という人におすすめ。
大島紬で使用される自然の染料を活用した白髪染めシャンプーです。
ケミカルな成分が一切入っていないので、成分としては魅力的♪

 

「人工的な成分を一切使わず、天然の成分だけで白髪を染めてくよ〜」ってことですが、天然ゆえの弊害も…_(*_*;)
色が限られていて、シャンプーのニオイもちょっとキツいです(鉄?のようなニオイ)。
使い勝手が良い…とは言えないです_(o_o)

 

 

 

白髪染めシャンプーと言っても、色々なタイプがあるんスね
何か注意点はあるんスか?


 

そうね〜
結局、白髪染めシャンプーのメリットって、毎日使うことによって白髪の色落ちを防げることだと思うのよ〜。
だから、毎日使うわけじゃなくて、定期的に使って白髪を染めたいなら、白髪染めシャンプーじゃなくてもいいと思うのよね〜


 

定期的に染めるなら、カラートリートメントでも同じってことっスか?


 

うん。
もちろん、好きで白髪染めシャンプーを使うならイイんだけどね〜。
白髪染めシャンプーだけが持つメリットっていうのは、毎日のシャンプーで楽して白髪を隠すことにあると思うのよ〜。
白髪を染めてるってことを忘れるくらいラクできるのが、白髪染めシャンプーだから。


 

 

そもそも…白髪染めシャンプーってどんなもの?

白髪染めシャンプー

 

白髪染めシャンプーをひと言で表現すると「シャンプーしながら白髪染め!!」
いつも使っているシャンプーを、白髪染めシャンプーに変えて頭を洗うだけで、白髪を徐々に目立たなくすることができるアイテムです。

 

毎日少しずつ染めていくので、生え際の白髪を気にする必要もなくなります。

 

デメリットは、使い始めてから白髪が色づくまでに、少し時間がかかること。
ただ、白髪がひと通り隠れてしまえば、あとは自然な状態を維持することが可能になります。
これって思った以上に楽ちんです(他の白髪染めで最初だけ染めるのもアリ♪)

 

染まり具合については、髪質による個人差がありますが、髪を染める色素が入っているので、ある程度の期間続ければ色が入ってきます。自然に白髪が染まり、減ったように見えてくるというわけです。

 

でも、白髪染めシャンプーの染料って真っ黒ですよね?
それを髪に付けるって抵抗ないっスか?

 

爪とか汚れそうですし…
結局、普通のシャンプーよりも手間がかかるんじゃ…?


 

私も最初は不安だったんだけど、泡立てるとそうでもないのよね〜。
その辺は手が汚れないようにすれば大丈夫!!


 

白髪染めシャンプーの使い方(手の汚れないヤツ)

白髪染めシャンプーは色が黒いから不安

 

白髪の染まり方以前に、白髪染めシャンプーを使うこと自体に不安を感じている人も多いのではないでしょうか。その理由は、何と言っても染料の色。

 

基本的に、白髪染めシャンプーの染料は黒です。
ブラックやブラウンなど多少の違いはあっても『普通のシャンプーのように透明』なんてことはありません。
それを頭につけてゴシゴシするのって、ちょっと抵抗があって、初めて使うときには「え?マジ?」って思いました。

 

ただ、特徴を知って、使い方を工夫すれば問題ありません。
白髪を染めていることを忘れて、普通のシャンプーと同じように使えるようになります。

 

 

染料は手の平で伸ばし、髪で泡立てるつもりで…

染料を手のひらで軽く泡立てるイメージ

 

コツとしては、染料を手に取ったあと、手のひらで軽く泡立てること。
この段階で、本格的に泡立てる必要はありません。
(泡立てようとすると、指の先の方まで泡立てる前の染料がついてしまって汚れやすいので…)

 

白髪染めシャンプーの染める力は、他の白髪染めと比較すると弱いです。
なので、手が汚れにくいというメリットがあるのですが、泡立てる前の染料が付いてしまうと、落ちにくいのです。
(水で洗えばすぐに落ちますが、「手が汚れてないかな〜」と気にすること自体が面倒ですし…)

 

大して泡立ってないまま髪の毛につけます。
簡単に言うとと、美容師さんみたいに髪の毛で泡立てるイメージです。
注意したいのは、つけるのは髪の毛であって、頭皮につけてゴシゴシしないということ。

 

髪の毛に水を多めに含ませておけば泡立ちます。
不思議なことに、泡立てると黒かった染料の色がほとんどなくなってしまうんです。

 

思った以上にモッコモコの泡ができあがります♪

 

ここから、頭皮をゴシゴシしていきます。
写真を見てもわかるように、頭皮をゴシゴシしても違和感のない色です。
普通のシャンプーの泡とほとんど変わりません。

 

この段階では、指にも泡が付くのですが、既に泡立っている状態なので、全く汚れることがないんですね。
「普通のシャンプーと同じ気持ちで使って、なおかつ白髪は染まっていく」という理想の環境の出来上がりです♪

 

この使い方なら…指も爪も汚れないんです♪

 

ものすごく注意して使って爪が汚れないのと、ホントに普通に使って爪が汚れないのとではワケが違います。
普段の生活で、ストレスを少しも感じることなく白髪染めシャンプーを使う工夫は役立ちます♪

 

 

白髪染めシャンプー「だけ」が持つメリット:カラートリートメントとの比較

塗り残しを限りなくゼロに/シャンプー時の退色を回避

 

白髪染めシャンプーは、少しずつ自然に白髪を染めることができるのでとても便利。
そして、それが最大のメリット…と思ってしまいがちですが実は違います。

 

メリットの1つではありますが、唯一無二のメリットというわけではありません。

 

世の中には、カラーコンディショナーという白髪染めもあって、それでも同じように少しずつ白髪を染めることができるからです。
資生堂のプリオールが有名ですね。

 

また、最近では毎日使えるタイプのヘアカラートリートメントも続々登場しています。
少しずつ染めたい「だけ」なら、白髪染めシャンプーにこだわる必要はありません。

 

■白髪染めシャンプーだけが持つメリット

  • 塗り残しを限りなくゼロにすることができる
  • シャンプーをするときの色落ちをなくすことができる

 

白髪を染めるアイテムは色々あるので、どれが自分に合っているのか判断するのは難しいです。
ただ、上記の2つを魅力的だと感じるのであれば白髪染めシャンプーは試してみる価値あり。

 

1つずつ見ていくです_(◎o◎)/

 

 

白髪染めシャンプーは、白髪染めの天敵「染め残し」が出にくい!!

 

あのー…後頭部の白髪だけ染まってませんけど?


 

どんな白髪染めを使うにしても、『髪にまんべんなく塗る』というのは意外と難しいことです。
染料を髪の毛にたっぷりつけてコームで広げたとしても、どこかに必ず塗り残しが出てくるもの。

 

特にクリームタイプのカラートリートメントは、その傾向が顕著。
私の場合、白髪の量が多いので、洗い流してドライヤーで乾かしていると、ギラッと光る白髪が見えて『あ、ここ染まってない』という経験を何度もしました。

 

ヘアカラートリートメントの問題点

カラートリートメントは、髪にまんべんなくつけるのに時間がかかる

▲ 隙間から白髪が見える状態…染め残しは白髪を染める上で最も面倒な問題です

 

塗り残しは白髪の量が多くなればなるほど顕著になります。
しっかりつけたはずなのに、髪の裏側に染料が付いていなかったりするわけです。
染まり具合の良し悪しではなく、染料がきちんと付着していないケース。

 

人の髪の毛は10万〜15万本もあると言われているので当然と言えば当然ですね。
特に自分で白髪を染める場合には、髪の毛が束になってしまい、白髪の片面だけ染まってしまう…ということは珍しくありません。

 

このような事情もあって、白髪を染める時に必要以上に神経質になってしまい、結果として疲れてしまうんです…Σ( ̄ロ ̄lll)

 

白髪染めシャンプーの利点

白髪染めシャンプーを使った髪の毛

▲ シャンプーは泡なので髪の毛全体を包み込むことができる!!

 

白髪染めシャンプーの場合、泡状にして髪の毛を包み込むので、塗り残しの心配をする必要がありません。普通にシャンプーをするだけで、髪の毛1本1本に染料を塗布することができます。

 

一般的な白髪染めは塗り残しが出やすい

 

白髪染めシャンプーはまんべんなく付けられる

 

ドラッグストアで売っている2剤式の白髪染め(永久染毛剤)にも泡タイプのものはあります。
あれも「塗りやすさ」という点では優れもの。

 

ただ、刺激の強い薬剤を使っているので髪へのダメージは避けられません。
『髪が傷むんじゃ…(ToT)』という別の不安がつきまといます。
※過酸化水素で髪のメラニン色素(髪の毛を黒にする色素)を破壊するので致命的です。

 

これらを踏まえて考えると、ためらうことなく髪の毛にまんべんなく塗れるのは、白髪染めシャンプーだけなんです。

 

毎日のシャンプーをイメージすれば分かりやすいのですが、少し泡立てるだけで頭にモコモコの泡ができますよね。
髪の毛全体に行き渡らせることは難しくありません。
⇒今まで手間取っていた白髪染めが簡単になるという流れの完成です♪

 

 

シャンプーの色落ちをナシにできる!!

 

白髪を染めてから、2週間しか経ってないのに〜


 

一般的な白髪染めは、どんなに完璧に染めても時間が経つと色が落ちてきます。
ただ、当たり前すぎて「ナゼ色落ちするの?」と考える機会は少ないのではないかと…。

 

時間が立てば色落ちすると言っても、洗い物をしている間にどんどん色が落ちていってるわけではありません。
一番の原因はズバリ…シャンプーです。

 

白髪染めシャンプーのメリット

 

頭皮を清潔にするという意味では必要なシャンプーも、白髪染めの色落ちという点で考える1番の邪魔者。
黒のマジックで手に書いた落書きを落とすハンドソープのような感じで、白髪を包んで目立たなくしている染料を落としてしまいます。

 

たとえ、プロの技術を持つ美容師さんにキレイに染めてもらっても、毎日シャンプーすることで、徐々に白髪が見えることになってしまいます。
(※もちろん色落ちするのは遅いですが…)

 

つまり、色落ちを防ぐには『シャンプーをしない』という選択肢しか残されていないという絶望的な状況なわけです…(T_T)
でも白髪染めシャンプーを使う場合、そんな色落ちの原因を『白髪を染める時間』に変えることができます。
これも白髪染めシャンプーだけが持つメリットと言えます。

 

 

白髪染めシャンプーの髪型別活用法/ヘアスタイルによってメリットは変わります

 

私にとっての白髪染めシャンプーのメリットって何?

 

白髪染めシャンプーには、白髪の量や使い方によって変わってくるメリットもあります。主力として使うのか、補佐的な感じで使うのか…。白髪の状態別に白髪染めシャンプーのメリットをまとめてみます。

 

白髪の量が多い人

 

白髪の量が多いから、明るい色も使えるのがうれしい♪
毎日根元まで染まっている状態をキープできて安心。


 

白髪の量が多い場合に心配なのが染め残し。白髪染めの染料をどんなに慎重に付けても「あっ、ここ白髪が残ってる」なんて経験を、私もしてきました。

 

白髪染めシャンプーの場合、髪の毛全体に付けることが簡単なので、髪全体を同じ色染まり具合にキープすることができます(むしろ、部分的に使うことの方が難しいです)

 

毎日使うので、新しく生えてきた白髪も随時染めていくことに…。白髪の量が多くなると、生え際の伸びてきた白髪の目立ち具合も気になるものですが、その心配もする必要がなくなります。

 

髪が短い人

 

髪が短いと、逆に白髪を染めるのが面倒なんです。
そんな時にシャンプーで白髪染めできるので大助かり!!


 

髪が短い人の場合、白髪染めシャンプーは「とにかく簡単に短時間で使える万能アイテム」に早変わり。ショートヘアの女性はもちろんのこと、短髪の男性なんて本当にあっという間じゃないかと…。

 

髪が短いと、白髪染めの時間をわざわざ確保するのも面倒になりますよね。市販の白髪染めだと使い残しが出てしまうものもありますし…。白髪染めシャンプーなら、毎日使うシャンプーを変えるだけなので、とっても簡単です。

 

※男性用の白髪染めシャンプー事情

髪の短い男性は、女性よりも白髪染めシャンプーを使いやすいと思います。ただ、メンズ専用のカラーシャンプーを見つけるのは難しいのが現状です。別に男性も使えるんだけど女性向けに宣伝されてて「俺はコレ…使えないんじゃ」と思ったり…。

 

でもそこはあまり気にする必要はありません。ニオイのない白髪染めシャンプーを選べば簡単に白髪を隠すことができるので、女性向けでも思い切って使って大丈夫です。


 

 

髪が長い人

 

基本は美容院で染めてるけど、私が通ってる所は長さによって料金が異なるので頻繁には染めるのはちょっと…。その間のサポート役として重宝してます♪


 

髪が長い場合、白髪染めシャンプーのメリットはあまりないんじゃ…と思ってしまいがちですが、そんなことはありません。

 

ロングヘアーにカラートリートメントを初めて使うなんていう場合には、慣れるまで大変な思いをするわけですが、シャンプーは小さい頃からずっとやってきたこと…。他の白髪染めよりも圧倒的に使いやすさを感じるはずなんですね。

 

また、美容院で白髪を染めている場合、ロングヘアーだと白髪染めの間隔も空いてしまいがち。そんな時のフォローアイテムとしても重宝します。

 

※諸注意

ただし、美容院でのヘアカラーと併用する場合、「緑色に変色した」という経験をした方もいるようです(そういう内容の口コミを見たことがあります)。染めてもらう前に美容師さんに確認した方がいいかもしれません。


 

白髪を減らして見せたい人

 

白髪染めで白髪を完全になくしてしまうと逆に不自然。白髪染めシャンプーでギラギラ感を減らして、白髪ぼかし感覚で使ってます。


 

白髪を減らして見せたいけど、真っ黒にすると逆に不自然かも…。年齢的に私もそんな感じなのですが、白髪染めシャンプーはこのようなケースでも活躍します。

 

毎日使う=髪の根元と毛先の差をなくすことができるので、自然な仕上りになります。また、2,3回の使用で白髪のギラギラ感も目立たなくなるので、今より白髪が少なくなったように見せることができます。

 

より完璧を目指したい人

 

髪が伸びるのが早いので、すぐに髪の根元の白髪が見えちゃうんです。そこを毎日白髪染めシャンプーでケアすると、毎日白髪ゼロ状態をキープできます。


 

美容院でどんなに完璧に染めても、時間が経てば白髪は見えてきます。色落ちも原因の1つですが、髪が伸びた分の根元の白髪はどうしようもありません。

 

そんな時に白髪染めシャンプーでフォローすれば、毎日白髪のない髪の毛を満喫することができます。他の白髪染めで染めてから2,3週間したら白髪染めシャンプーを使い始める…そんな使い方もできるわけです。

 

 

No1:利尻カラーシャンプー

おすすめ度:星5つ

白髪染めシャンプー

▲ 無添加で抵抗なく使える利尻カラーシャンプー。使い勝手は抜群です!!

 

色々な白髪染めシャンプーを試してみましたが、その中でもオススメなのが、利尻のカラーシャンプー。特に、白髪染めシャンプーが初めてという場合には「もうこれしかない」というくらい…ダントツです。

 

シリーズ累計販売数1900万本を突破している認知度が高く人気の白髪染めシャンプーです(人気なので、その分否定的な口コミを目にすることも多いですが…)

 

個人的には、とにかく失敗しにくい商品という印象。フォローアイテムも充実しています。髪に潤いを与えることで評判の「利尻昆布(北海道利尻産)」を使ってパサ付き防止(利尻昆布にはうるおいを与えるミネラル、保水のフコイダン、保湿のアルギン酸が含まれています)

 

利尻カラーシャンプーに含まれる注目成分

 

その他にも、髪を潤わせるための天然由来成分が27種類も。髪に色を付けるだけではなく、髪質を維持するための成分も配合されているのはうれしいポイントです♪

 

■利尻カラーシャンプーの成分
水(特殊水)、ラウラミドDEA・コカミドプロピルベタイン・ラウレス-4カルボン酸Na・イソペンチルジオール・ヒドロキシアルキル(C12-14)ヒドロキシエチルサルコシン・ポリクオタニウム-10・ココイルアラニンTEA・ココイルグルタミン酸TEA・ラウロイルメチルアラニンNa・ジラウロイルグルタミン酸リシンNa・BG・PEG-32・PPG-3 カプリリルエーテル・リジシコンブエキス・アルギニン・アルギン酸Na・アルテア根エキス・アルニカ花エキス・エタノール・オオウメガサソウ葉エキス・オクラ果実エキス・オタネニンジン根エキス・オドリコソウ花エキス・オランダガラシ葉エキス・カミツレ花エキス・カワラヨモギ花エキス・クエン酸・グリチルリチン酸2K・ゲンチアナ根エキス・ゴボウ根エキス・加水分解シルク・セイヨウアカマツ球果エキス・セイヨウキズタ葉/茎エキス・センブリエキス・ニンニクエキス・ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム・フェノキシエタノール、フユボダイジュ花エキス・プラセンタエキス・ボタンエキス・ポリクオタニウム-53・ポリクオタニウム-6・ポリクオタニウム-7・マロン酸ビスエチルヘキシルヒドロキシジメトキシベンジル・ユズ果実エキス・ローズマリー葉エキス・ローマカミツレ花エキス・ローヤルゼリーエキス・塩化ヒドロキシプロピルトリモニウムデンプン・加水分解ケラチン(羊毛)・加水分解コンキオリン・カキタンニン・乳酸Na・カプリル酸グリセリル・ウンデシレン酸グリセリル・ムラサキ根エキス・ウコン根茎エキス・クチナシ青・水溶性アナトー・HC黄4・4-ヒドロキシプロピルアミノ-3-ニトロフェノール・HC青2・塩基性青99・塩基性茶16・塩基性赤76・塩基性黄57

 

 

利尻カラーシャンプーは色数豊富|4つの色から選べます

利尻カラーシャンプーの染まり方の目安

▲利尻カラーシャンプー公式サイトより

 

実際に調べてみると分かるのですが、色数が豊富な白髪染めシャンプーは少ないです(と言うか、見たことがありません)

 

ブラック、ダークブラウンの2色があればいいところ。明るい色を扱っているブランドは、なかなかありません。利尻の場合、ライトブラウン、ナチュラル・ブラウンを含む4つの色から選べる。カラーシャンプーというのは、白髪の量によって仕上りも変わってくるので、選択肢が多いというのは結構助かります。

 

似たような色が4つあるのではなく、幅が広いというのもポイント。自分の目的に合った色で、髪に色を付けることができるわけですな_φ(・ω・ )メモメモ

 

利尻カラーシャンプー。実際の染まり具合は?

利尻白髪染めシャンプーの前後写真

▲ 利尻カラーシャンプーを1回使用した前後写真/ダークブラウン

 

実際に使ってみると上の写真のようになります。元から白髪が多くてヘアーカラートリートメントで染めた上からシャンプーを使ったもの。白髪染めシャンプーのコンセプトとしては、毎日少しずつ染めるというものなので「1回でそんなに変わるわけないよね」と思っていたのですが結構変わってます。

 

何というか…剥がれかけているペンキを塗り直すみたいな感じですね(汗)。白髪染めって一気に色落ちするわけじゃなくて少しずつ退色していきます。鉄パイプが錆びつくように所々に銀色のギラギラした白髪が見え始めるので、それを白髪染めシャンプーで補正するようなイメージです。

 

色の変化を比較してみると

利尻カラーシャンプーの染まり具合

▲ 利尻カラーシャンプーを3回使用/ダークブラウン

 

3回の使用だと染まりはまだまだですね。白髪のギラギラ感は抑えることができるけど…という感じスか


 

矢印

 

利尻カラーシャンプーの染まり具合

▲ 利尻カラーシャンプー3回〜14回の変化/ダークブラウンを使用

 

ふむふむ…ここまでくるとかなり染まってますなぁ。黒髪とあんまり変わらない部分も出てきてますし…


 

使えば使うほど色がついてくるということが分かると思います。強く染まるものではないとわかっていても、白髪染めシャンプーを1回だけ使うと「何も変わってない…Σ( ̄ロ ̄lll)」と思ってしまうんです。ただ、全く染まってないということはないのでご安心を…。

 

利尻カラーシャンプー|ライトブラウン(2週間ほど使用)

利尻カラーシャンプーの染まり具合_ライトブラウン

▲ライトブラウンは結構赤味が強いです。退色すると汚く見えてしまう色ではありますが、カラーシャンプーの場合は毎日使うことが前提なので、色がついてしまえばそれほど心配する必要はありません。

 

利尻カラーシャンプー|ナチュラルブラウン(2週間ほど使用)

利尻カラーシャンプーの染まり具合_ナチュラル・ブラウン

▲ナチュラル・ブラウンは、赤味を抑えた明るい色。暗いイメージにしたくないけど、赤味が強いのは嫌…という場合に最適です。

 

 

上記のサンプルは、2週間ほど使用したものです。1回使ったらこうなる…というわけではありません。はっきり言うと、1回の使用だと自分でも変わっていることに気づかないくらいですから。染める…という意識を持たずにホントに普通にシャンプーする。そして、いつの間にか色が付いているという感じでしょうか。自然さという意味では一番優れた白髪染めだと感じました。

 

 

実際に使うと分かる|利尻カラーシャンプーの隠れたメリット

適度なトロみで泡だても簡単。使いやすさgood

 

多くの人は気にしないのかもしれませんが、シャンプーの染料のトロみというのは大切です。特に白髪染めシャンプーの場合には、爪が汚れるかどうかを左右するポイントになるので…。

 

白髪染めシャンプーは、洗えばすぐに落ちるようになっています。ただ、それでも泡立てる前の染料の段階で爪についてしまうと落ちにくいんですね。なるべく手のひらだけで泡立てることが簡単に使うコツ。適度なトロみがあると、手のひらから染料が垂れることなく簡単に泡立てることができるんです。

 

毎日使うものだからこそ、ちょっとの気遣いがストレスになるので…。そういう意味でもこのトロみは見逃せません。

 

利尻カラーシャンプーのお得な購入方法

自分に合っているかどうか…その使用感を確かめるには、実際に使ってみるしかありません。利尻カラーシャンプーの場合、初回1,000円割引で購入することができるので、その辺りの敷居も低いです。

 

利尻カラーシャンプーの割引

 

この他にも2本セット、3本セットの割引もあり。
1本だけ試してみる、ある程度ストックして使ってみる…色々な使い方ができます。

 

白髪染めシャンプーを使うということは、「毎日白髪を染める」ことになるわけですが、なるべく安全なものを選べばそれほど心配する必要はなし…強烈に染まるわけでもないので、いきなり変な色に染まったりはしません。そういう意味でも失敗する可能性が極端に低いので、試してみる価値はあると思います。

 

■ 早く色を付けたい場合でも安心な理由

利尻カラートリートメント

白髪染めシャンプーは、最初の色がつくまで中途半端になりがち。利尻の場合、同シリーズの利尻カラートリートメントを併用する事もできます。色数がピッタリ同じなので、ムラなく白髪を染めることも…♪(白髪染めシャンプーを使いつつ、定期的にカラートリートメントを使う選択肢もありです)

 

白髪染めシャンプーというと、どうしても『染める』ことに重点を置きすぎて、シャンプーとしての質が落ちている商品もありますが、利尻カラーシャンプーの場合、髪に潤いを与える成分にもこだわっています。

 

白髪を染めるにしても染めないにしても、シャンプーというのはどうせ買うことになるわけで…。そういう意味でも、白髪染めシャンプーを一度試してみても損はないと思います。

 

公式サイトで詳細を確認する

 

 

 

No2:グローリンワンクロス

おすすめ度:星3つ

購入したグローリンワンクロス

▲ さすがに週1ケアは難しいかもしれませんが…

 

おすすめカラーシャンプーランキング2位は、グローリンワンクロス。毎日使うのが当たり前の白髪染めシャンプーの中で、週に1回の使用で髪色をキープするという異端児的な商品です。

 

これも結構良い使い心地です。髪の毛が少しきしむ感じはありますが、トリートメントを使えば全然平気。染まり具合もいい感じです。ただ、「週1回の使用」を前提にしているので量が少ない。

 

実際に、週1で白髪を隠すのはちょっと無理がある感じでして…。それに加えて、毎日使わないとなると、前述した白髪染めシャンプーだけのメリットがなくなってしまいます。

 

この商品も無添加仕様なので、安心して使えます。別に毎日使っても平気です。ただ、毎日使うとコスパが悪くなってしまうんです。そんなわけでランキング2位とあいなりました。

 

グローリンワンクロス|実際の染まり具合は?

で、実際に使ってみると、染まり具合は悪くないです。色は2色しかありませんが、2つとも実用的な色ですし…。ただ、週1回の使用できちんと白髪をケアできるかと言われると難しいところです(実際に「染まりが悪い場合は連続で使って下さい…なんて書いてますし…)

 

グローリンワンクロス|ブラック3回使用

グローリンワンクロス ブラックの染まり具合

 

グローリンワンクロス|ブラウン3回使用

グローリンワンクロス ブラックの染まり具合

 

他の白髪染めシャンプーと比較すると悪く見えないと思います。ただ、前述したようにグローリンワンクロスには「週1で使う白髪染めシャンプー」であるが故のデメリットがあります。

 

最大のデメリット|ボトルが小さい(1本100ml)

購入したグローリンワンクロスはブラックとブラウン

 

3種類と少なめですが、こちらも髪のハリ、コシを維持するための成分を配合。ただ、見た目が「男性用の育毛剤?」というくらいの小ささ。使用目安は1週間に1回で4回分で1本使い切る計算です。なので、連日使っていたらコスパがとても悪いのです_(T_T)

 

■グローリンワンクロスの成分
水、ラウラミドDEA、コカミドプロピルベタイン、ラウレスー4カルボン酸Na、イソペンチルジオール、ラウロイルメチルアラニンNa、ココイルアラニンTEA、褐藻エキス、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、ホップエキス、ラウラミノプロピオン酸Na、ヒドロキシプロピルトリモニウム加水分解ケラチン(羊毛)、ヘマチン、アルギニン、シャクヤク根エキス、ボタンエキス、マドンナリリー根エキス、オウゴン根エキス、ローズマリー葉エキス、ヒアルロン酸Na、加水分解コラーゲン、キトサンサクシナミド、加水分解シルク、BG、塩化Na、クエン酸、クエン酸Na、安息香酸Na、ソルビン酸K、デキストリン、ピリクオタニウムー10、フェノキシエタノール、エタノール、加水分解クチナシエキス、(+/ー)HC黄4、4ーヒドロキシプロピルアミノー3ーニトロフェノール、HC青2、塩基性青99、塩基性茶16、塩基性赤76、塩基性黄57

 

使い方の注意点ってあるッスか?


 

そうねぇ…量が少ないからついつい節約しようしちゃうことかしら。量が足りないと、当然染まりも悪くなるし…


 

適量で染めてみて、その仕上りによって自分に合った使用頻度を検討する必要がありそうッスね〜


 

 

刺激のある成分が使われているわけではないので、毎日使うことも可能です。ただ、それだとコスパが悪くなる…というだけの話。ある意味自分で使い方を工夫することが鍵になりそうです。

 

グローリンワンクロスの割引価格

 

定期コースで割引になるので、それで試してみるのが良いかも。

 

公式サイトで詳細を確認

 

 

No3:黒曜 白髪染めシャンプー

おすすめ度:星1つ

購入した黒曜カラーシャンプーの写真

 

奄美大島の大島袖で使用される自然の染料『シャリンバイ』を活用した白髪染めシャンプーです。色が選べないのが残念ですが『自然の染料をそのままがイイ!!』という場合にはおすすめ。シャンプーとヘアパックをセットで使うアイテムです。

 

この黒曜も化学系染毛剤は使用されておらず、髪のダメージにも配慮されています。ただ、いくつかのマイナスポイントも…。

 

黒曜のシャンプーは泡立ち◎

黒曜白髪染めシャンプーの泡立ち画像

 

シャンプーの泡立ちはかなりよくて、キメ細かい泡ができる印象です。白髪染めシャンプーというと、黒系の色をしているものが多いのですが黒曜は少し違う…。泡も真っ白ですし、実際に使ってみてもそこまで色づきを目的にしているようには感じませんでした。

 

黒曜はヘアパックとセットで使うので『パックで色を付けるための下準備?』という感じでしょうか。何だか無理に使わなくても良さそうなのですが…。

 

黒曜のヘアパック

黒曜のヘアパックの写真

 

一方、黒曜のヘアパックは結構黒いです。カラートリートメントに似た見た目ですが触ってみるとやわらかく髪に塗りやすい。色も独特…シャリンバイの自然な色合いなのでしょうか。

 

ただ、ニオイに結構クセがあって、髪の毛に使った後、少しニオイが残る感じです。うーん…これならカラートリートメントと変わらないのでは?という気もしました。

 

黒耀白髪染めシャンプーの価格

 

価格もそこそこするので、ちょっと敷居は高いかな〜という感じは否めません。

 

公式サイトで詳細を確認する

 

 

白髪染めシャンプーはどこで買える?市販と通販の傾向を比較

ドラッグストアの画像

 

白髪染めシャンプーは、商品数が多いわけではありません。なので『どれを使ってみるか』よりも、『どこで購入できるか』という悩みに直面する方が多くなると思います。

 

通販なら多少は商品が多くなりますが、市販商品だとなおさら。ドラッグストアやイオンなどの大型スーパーでは、多くの白髪染め商品を取り扱っていますが、それでも白髪染めシャンプーには滅多にお目にかかれません。

 

市販の白髪染めシャンプー購入時の注意点

ドラッグストアの画像

 

店舗で購入するのは待つ必要もなくラクではありますが、『商品の詳細が分からない』というデメリットもあります。特に最近は、白髪染めの種類が増えすぎていて、2剤式のヘアカラーもカラートリートメントも混在して陳列されていたりするので…。

 

それに加えて、商品説明はパッケージを見るくらいしかできないので、購入するかどうかの判断に迷うことも多くなるはず。市販の白髪染めシャンプーを購入する場合は、入念な下調べを行ってから行った方が良いと思います。

 

それでも、白髪染めシャンプーが売っているとは限りません。頻繁に見かけるのは利尻のカラーシャンプー。ただ、私が知る限り、色数が4色揃っている店舗を見たことはありません。市販で購入するのはなかなか難しいのが白髪染めシャンプーの現状です。

 

 

通販で白髪染めシャンプーを購入する時の注意点

楽天やAmazonなどの通販で白髪染めシャンプーを購入するのも1つの選択肢。
いつも使っているなら、ポイントや送料無料など安く購入できるケースもあります。

 

ただ、『白髪染めシャンプー』と入力して検索してみても白髪染めシャンプーが出てくるとは限りません(カラートリートメントがどさくさに紛れて検索結果に入ってくる場合が結構あります)

 

また、白髪染めシャンプーが出てきたとしても、商品の説明が詳しく記載されていないモノもあります。
安全性の問題もあるので、まずはその商品の詳細を確認できる公式サイトで購入する→リピートで通販を利用…という流れがベストです。

 

参 考 白髪染めシャンプーって安全なの?使う前に抑えておきたいポイント

 

購入するときは、自分に合っているかどうか判断するのが難しかったりするのでご注意下さい_<(_ _)>ペコッい

 

>>Amazonで白髪染めシャンプーを探してみる

>>楽天で白髪染めシャンプーを探してみる

 

【まとめ】すぐ試す?また今度?|白髪染めシャンプーに向いてる人

白髪染めが自分に合っているかどうかは、実際に使ってみないと分かりません。ただ、使う前でも特徴を把握して判断することは可能です。

 

今すぐ使うべきか…また今度にするか…。

 

白髪染めシャンプーに向いているタイプについてまとめます。

 

■ 白髪染めシャンプーが向いている人

  • 生え際の白髪が気になる
  • ムラや白髪の染め残しをなくしたい
  • 髪のダメージを最小限にしたい
  • 髪が短い(男性は特に!!)
  • 白髪の量が多い

 

まぁ、簡単に言うと『染まるのは遅いけど手軽に染めることができるよー』という白髪染めですね。全体に染めるのは簡単ですし、生え際に使うのも気を遣わなくていい。

 

染まるのは遅いですが、白髪のギラギラ感は減ってくるので『白髪があってもキレイな髪』に見えます。

 

染める力が弱く、とんでもない色に染まってしまうということもないので、気になっているのであれば一度試してみるのも良いと思います♪

 

迷ったらコレがオススメです!! 利尻カラーシャンプー

利尻白髪染めシャンプー

  • 初回1,000円割引:3,500円 ⇒ 2,500円
  • 2本以上購入:頭皮もみブラシプレゼント
  • カラーケアコンディショナーとのセットプランもあり♪

 

 

 

公式サイトでお得に購入する

 

 

やっぱり最初に試す時には安く購入できることは大切なんスね〜


 

白髪染めシャンプーは染まりすぎるわけじゃないからね。失敗する可能性が限りなく低い…。
となると、お得に購入できれば試してみる価値ありってわけね♪


 

 

 

※関連ページ

 

実際に飲んだ白髪サプリ

白髪サプリでこうなった!!おすすめランキングとサプリメントの予防・口コミ分析

白髪歴20年以上の40代(♀)が白髪染めを中断し飲み始めた白髪サプリメントのおすすめ商品をランキング形式でご紹介。白髪サプリってどうなの?予防や効果は?口コミを分析しつつ、実際に飲んでみて分かった商品の良し悪しをお伝えします。


続きを見る

 

購入したマイナチュレカラートリートメント

マイナチュレのカラートリートメントってどうなの?実際の染まり具合と使用感を徹底レポ

マイナチュレから販売された新作カラートリートメントの使い心地を徹底レポ。他商品との違いや、ブラウンとダークブラウンのそれぞれの染まり具合、お得な購入方法などをまとめています。


続きを見る