このエントリーをはてなブックマークに追加 

最終更新日:2019年3月23日

染まらないは嘘?ホント?

 

 

ここでは、「白髪染めシャンプーは染まらない!!」という噂の真相を解明するんです!!


 

毎日のシャンプーで白髪を色づけてくれる白髪染めシャンプー。
とても便利なアイテムではありますが、同時に「染まらない!!」と思われがちな白髪染めでもあります。

 

1回で完璧に染める白髪染めではないので、どのくらいの染まりを想定しているかによって、使った感想も変わることに。ゆえに、世間の口コミも色々です。

 

では実際にどのくらい染まるのか…

 

白髪染めシャンプーを使った体験を元に、白髪染めシャンプーの活用幅をまとめてみます。

 

 

巷には、「白髪染めシャンプーの染まりを良くするコツ」という情報が溢れていますが、実際に使ってみると役立つものと、「あんまり実用的じゃないよね?」と感じるものがあります。その辺りのことも踏まえてのまとめです。


 

私の場合は使って意味ある?
あ、このくらい染まるんだったらいいじゃん
う〜ん…私の場合は他の白髪染めの方がいいかな…etc

 

白髪染めシャンプーを使うべきかどうかを判断する材料になれば幸いです_<(_ _)>ペコッ

 

 

 

白髪染めシャンプーはこんな感じで染まります!

白髪染めシャンプーの染料

 

冒頭にも書いたように、白髪染めシャンプーは「染まらない!!」と思われがちなアイテムです。
その理由は、染める力が極端に弱いから。
「うん…じゃー染まらねーんじゃねーか!!」ってツッコミが入りそうですが…・( ̄ロ ̄|||)

 

「染まらない」のと「染まりが弱い」のは違います。しっかりした染まりを求める人には合わないと思いますが、染まりが弱ければ弱いなりの使い方・メリットがあるということです。

 

なので、まずは白髪染めシャンプーの染まりを把握しておいた方がいいかなと思います。カラートリートメントと比較しても弱いし、2剤式のヘアカラー(永久染毛剤)と比較すると雲泥の差です。何も知らずに使ってしまうと「いや、こんなの染まったうちに入らないでしょ!!」と思う可能性は高い!!

 

ただ、他の白髪染めにはないメリットもあるので、そこが気に入るかどうか…というのが判断基準になるのではないかと思います。まずは、白髪染めシャンプーの染まり具合について見ていきます。

 

 

使ったのは利尻カラーシャンプーなんです!!


 

利尻カラーシャンプーの染まり具合

▲ 利尻カラーシャンプーを3回使用/ダークブラウン

 

3回の使用だと染まりはまだまだですね。白髪のギラギラ感は抑えることができるけど…という感じスか


 

矢印

 

利尻カラーシャンプーの染まり具合

▲ 利尻カラーシャンプー3回〜14回の変化/ダークブラウンを使用

 

 

これくらいまで色が付いてくれば、後はラクなんです!!


 

徐々に色がついて、黒髪部分との差がなくなっているのが分かります。
こうやって見ると、色の変化が分かりやすいですが、3回目の染まり具合だとまだまだと言った感じです。

 

ダークブラウンを使っているので黒髪との差が出ていますが、実際の白髪は写真のように一箇所に集中するわけではないので、そんなに気になりません。地毛の色にもよりますし…。

 

ただ白髪染めシャンプーの場合、ブラックが圧倒的に無難なのは確かです。

白髪染めシャンプーブラックの染まり具合

 

ブラックの場合は、数回使っただけでもマットなシルバーみたいな感じになって、白髪のギラギラ感を減らしてくれます。白髪は見えていいけど、目立たなくしたいという人に人気があるのも納得♪

 

 

利尻カラーシャンプーを使ったのは、一番染まりが良いと感じたからです。価格の安いモノの中には染まりがイマイチというものもあります。商品選びについては以下のページを参考にして下さい。


 

 

白髪染めシャンプーが染まらないと感じてしまう人

白髪を染めるアイテムにも色々あって、それぞれの染まり方やメリット・デメリットが違います。私は白髪染めシャンプーに対して、とても便利な白髪染めだと思っていますが、同時に「染まらない」と感じやすい人がいるとも思っています。

 

その理由は、白髪染めシャンプーの特徴だけではなく、「どんな感じで染めたいのか」「どんな使い方をするのか」という使い手の事情も仕上がりに影響してくるからです。

 

その特徴をいくつか挙げてみます。

 

白髪が多くてしっかり染めたい人

髪を染める前はこんなに白髪が…

 

私の白髪を染めていない状態の髪の毛はこんな感じ。
白髪がとても多いです。

 

この状態から白髪染めシャンプー「だけ」で、白髪を完全に隠すのは正直難しいです。
不可能というわけではなく、かなりの時間がかかります。
北海道から九州まで普通列車で行くようなイメージ…( ̄ロ ̄|||)

 

グレーヘアー風に白髪がギラつきを減らしたり、灰色っぽく見せたい場合は別ですが、白髪なしに見せるとなると他の白髪染めの助けが欲しい所です。

 

私の場合は、ある程度のところまで、カラートリートメントを使っていました(というより、この段階では白髪染めシャンプーの存在を知らなかっただけですが…)。ある程度色が付いた状態で白髪染めシャンプーを知って使い始めたわけです。

 

そうすると、写真のように適当な白髪染めシャンプーの使用で、染まった状態を維持できる状態になります。こうなると、精神的にも楽_\(^o^)/

 

白髪染めシャンプー1回の変化

 

「あんまり変わってなくね?」と感じる人の方が多いと思うのですが、実はその通り。
写真くらいの色をずっとキープできるのが白髪染めシャンプーの醍醐味です。

 

「白髪染めシャンプーで少しでも強く染めるために〜!!」と使い方を試行錯誤することなく、普通に使って写真の状態をキープできるって所がミソです。

 

14回くらいまでの色までくれば、後は上の写真くらいの状態をキープすることができます。

 

カラートリートメントは、白髪染めシャンプーと同じ着色成分が使われていることが多いので、そういう意味でも相性は良いです。ただ最初の1回だけなら、普通のヘアカラーでも良いとは思います。

 

ん?それだったらカラートリートメントだけでいいんじゃないっスか?


 

まぁ、それも違うのよね〜。
染まった白髪を「維持する」ってことにかけては、白髪染めシャンプーの方がラクだから。全体をササッとできるし…。


 

 

きっちり染めたいけど、毎日使っていない

白髪染めシャンプーには「よく染めるコツ」みたいなモノがあるのですが、役に立つものもあれば「え?それ逆に手間じゃない?」というものもあります。そんな中でも、優先事項に挙げられるのが、この「毎日使うこと」です。

 

白髪染めシャンプーを使う頻度に決まりはないのですが、白髪を隠した状態をキープしたいなら毎日使うことは必須。

 

白髪染めシャンプーのメリットの所にも書きましたが、白髪染めシャンプーの良い所は「普通のシャンプーの色落ちをナシにできること」です。

 

白髪染めシャンプーを使った翌日に、普通のシャンプーを使ってしまうと、色落ちしてしまいます。即席の黒スプレーのように、全て色落ちしてしまうわけではありませんが、それでも染めては色落ちし…の繰り返しなので、なかなか前進できません。

 

実際にそれで「染まってな〜い!!」という人の口コミもありました。

 

だんだん染まると書いてあったので一日おきにシャンプーしましなが効果なしでした。私にはダメでした。

(引用元:amazon)

 

こういうのって、結構もったいないなぁ〜という気はします。個人的には、白髪を隠したいなら毎日使う(普通のシャンプーの代わりとして使う)のはマストです!!

 

あれ…でもこれって、白髪染めシャンプーのページに「毎日使うように!!」なんて書かれてないっスよね?


 

そうそう。白髪染めシャンプーって、白髪を完全に隠したい人だけじゃなくて、白髪は見えてもいいけどギラつきを抑えたいという人も使うからね〜。あくまで使う間隔は自由。ただ、白髪を隠したいなら色落ちさせないために、毎日使うのは必須だと思う!!


 

白髪染めシャンプーの染まりを悪くしてしまう原因

 

ここでは、白髪染めシャンプーの染まりをイマイチにしてしまう、ちょっとした要因をまとめてみました。仕上がりに大きな影響を与えるというよりは、ちょっとしたコツ…って感じです。


 

整髪料やトリートメントで髪がコーティングされている

シャンプー前の髪の毛が整髪料をつけている状態だったり、トリートメントに配合されている成分でコーティングされている場合、白髪染めシャンプーの染まりが悪くなりがちです。全く染まらないというより悪くなるという感じです。

 

染める仕組みをチェック!!

 

これには、白髪染めシャンプーの髪を染める成分が関係しています。

 

■4つのイオン色素

傷んだ髪の持つマイナスイオンに、プラスのイオン色素が強く結合。美しい発色を実現します。
■ナノ分子カラー
健やかな髪の整ったキューティクルの隙間に浸透し、キレイな髪色に仕上がります。

(参照元:利尻カラーシャンプー)

 

白髪染めシャンプーに配合されている着色成分が、髪の毛を着色しようとしたときにコーティングされているとくっつくことができなくなるわけです。
※カラートリートメントも同じ成分が使われていることが多いですが、白髪染めシャンプーよりも染まりが強いので、そこまで気にしなくてもそこそこ染まります。

 

これの対処法はあるんっスか?


 

私の感覚だと、予洗いで何とかなるって印象なんだけど…。
気になるようだったら、2度洗いすることかな〜。最初はほんのちょっとだけ白髪染めシャンプーを出して、コーティングを取り除いてからシャンプー。
もちろん、最初のシャンプーは「超適当に軽く」でいいと思う。その他にも、シリコン除去シャンプーとかあるみたいだけど…


 

 

髪に汚れが付着している

髪に汚れが付着している場合も、染まりが悪くなる場合があります。
細かなホコリやゴミが髪に付着していて、それが染料の付着を妨げているケースですね。

 

この場合は、予洗いを入念にすることで対処することが可能。ミクロの世界のことなので見落としがちですが、水をサーっとつけてすぐにシャンプーで洗っていないかだけチェックしておきたいところです。

 

使う量が少なすぎる

1回のシャンプーで使うテクスチャーの量って意外と個人差があるものです。
泡立てばそれでOKという部分がありますし、髪の長さによっても変わってくるので…。

 

ただ、白髪染めシャンプーの場合、髪を染めるための着色成分が配合されているので、少なすぎると染まりが悪くなります。
とは言え、1回で何ml使って下さいという目安もないので…。
染まりが悪いと感じたら、次はちょっと多めに使ってみるくらいで良いと思います。

 

なんだかんだで、色々気をつけることがあるような…


 

まぁ、この辺はちょっとしたコツだからね〜。
全部を実行しなきゃダメってわけじゃないし…。
他にも「放置時間を長くすれば染まりが良くなる」なんて話もあるけど、やってみるかどうかは個人の判断よね。それやっちゃったら、「手軽さ」っていう白髪染めシャンプーの長所がなくなっちゃうような気がするし…。すぐに洗い流すのはもったいないけど、体洗ったり湯船に浸かる間だけ放置くらいでいいんじゃないかしら。


 

それよりも、いかにして簡単に使うかを考える方がいいかも…。

参 考 白髪染めシャンプー 手の汚れない使い方


 

 

白髪染めシャンプーは商品によって結構差がある

白髪染めシャンプーの商品別の泡

【左】ヘンナカラーシャンプー(ダークブラウン)/【右】利尻カラーシャンプー(ダークブラウン)

 

メーカー・ブランドによって使用感が違うのは当然のことですが、白髪染めシャンプーの場合、その傾向が他の白髪染めよりも顕著だと思います。上記画像は2つのブランドの白髪染めシャンプーの泡を比較したものですが、同じダークブラウンなのに結構違いますよね。

 

なので、どんな商品を選ぶかによっても「お気に入り度」は変わってくるというのが私の感覚!
もちろん、絶対的なモノサシはなく、自分がどんな風に白髪を色づけたいかによります。

 

ボトルが大きければコスパはよくなりますが、「な〜んか染まり悪いなぁ」という場合もありますし…。
何色を選ぶかにもよりますし…。

 

 

白髪染めシャンプーの染まり方やおすすめ商品については以下のページに記載してるんです!!


 

 

【まとめ】白髪染めシャンプーに向いている人・向いていない人

 

早く染めたい、確実に染まった感が欲しいという人については、白髪染めシャンプーは「染まらない」アイテムだと言えます。
逆に、自然に色をつけていきたいという人にとっては、楽に白髪ケアができる重宝するアイテム。

 

まぁ、白髪染めシャンプーだけを使う必要はありません。
他の白髪染めで染めて、それを維持するために使うという方法もあります。記事中に書いたように、一番相性が良いのはカラートリートメントです。

 

今の白髪ケアに満足していないなら、試してみる価値ありです。

※関連ページ

 

部分染めした髪の毛

使う前に知っておこう!白髪染めシャンプーの特徴が分かるチェックポイント、実際に使った7ブランドを紹介

シャンプーするだけで簡単に白髪ケアができる白髪染めシャンプー。でもどれを使えばいいのか、染まりはどんな感じなのか謎な部分もあります。実際に使うときの注意点やおすすめ商品はどれ?ってことで、実際に使った白髪染めシャンプー7つと共に解説します。


続きを見る

 

【メンズ向け】白髪染めシャンプーの選び方と使うならコレ!!をご紹介

男性が白髪染めシャンプーを選ぶ場合には男性独特のポイントがあります。メンズの白髪染めシャンプーが少ない中で、どれを使えばいい?実際に使った体験からおすすめの逸品を紹介♪

続きを見る

 

白髪染めシャンプーの爪を汚さない使い方

【写真付き】白髪染めシャンプーで爪を汚さず簡単に使うコツ

シャンプーするだけで白髪ケアができる白髪染めシャンプーは、簡単そうだけど爪が汚れてしまいやすい商品でもあります。そこでどうすれば爪が汚れず簡単な白髪ケアができるようになるのか…。本当に時短するための白髪染めシャンプーの使い方についてまとめています。

続きを見る

 

白髪染めシャンプーとカラートリートメント

白髪染めシャンプーとカラートリートメントの違いと共通点、おすすめの活用法

髪へのダメージが少なく手軽に白髪ケアができると評判の白髪染めシャンプーとカラートリートメント。どちらも特徴が似ていますが、実は違うところもあります。どっちがいいの?と比較しがちですが、最善策はお互いの長所を活かして相乗効果を発揮することです。


続きを見る

 

カラートリートメントのテクスチャを塗っている場面

白髪染めシャンプーって安全なの?使う前に抑えておきたいポイント

シャンプーをするだけで白髪を染めることができる白髪染めシャンプー。実際に使おうとすると真っ黒の染料だったりして躊躇してしまいがち。安全なシャンプーかどうかを見極めるにはどうすればいいのか。成分や実際に使った体験をもとに紹介しちゃいます♪


続きを見る

 

白髪染めシャンプーを販売しているドラッグストア

【白髪染めシャンプー】ドラッグストア・薬局の販売店調査♪今すぐ欲しいときに便利なのか検証

近所にあってすぐに行けるドラッグストアや薬局の白髪染めシャンプーの販売状況をまとめています。品揃えが豊富なわけではないので、どこでも買える状況ではありません。今すぐ欲しい場合や、通販の到着までの時間が煩わしい場合の参考にして頂ければ幸いです。

続きを見る

 

利尻カラーシャンプー

利尻カラーシャンプーってどう?色落ち知らずの白髪ケア体験レビュー

髪が伸びれば目立つ白髪に困っているなら利尻カラーシャンプーがおすすめ!!「染め」と「ケア」の両方を考えた人気アイテムの全貌をご紹介♪徐々に白髪を染めるので色落ちを気にする必要がなくなります!


続きを見る